2018/05/23

ツバメ2018-0523

2018no20523ツバメが抱卵に入りました、夜はメスが巣で、雄は蛍光灯の傘の端が定位置のようです。我が家にくるツバメはオスは抱卵しません。ただメスが餌を食べに出た時は巣の端に乗って見守っています。本当に関心します。ヘビはまだ室外でも見かけません。ほぼ完ぺきに防備しましたので安心してますが、ヘビの知恵が勝っていればまた襲われてしまいます。暇があればIPカメラによる監視をしてます。

| | コメント (0)

2018/05/22

山の緑は量が違います

Kjdsc01419 Kjdsc01421Kjdsc01425 Kjdsc01417_2 ・20~22日と川治温泉に行ってきました。山の緑は量が違います。また山に入ると森林浴ができます。
・何回も行ってますので、珍しいところはないのですが、自然はまだいっぱいあると感じました。

| | コメント (0)

2018/05/16

ツバメ2018-0516

2018no20516・IPカメラの位置を変えました。安心したのか、2羽仲良く労作の巣の上に止まって休んでます。今日は昼から3時ころまでどこかに遊びに行ってました。防護柵は蛍光灯の傘の上に巣があることを想定してましたのでこのままですとヘビの侵入を許す可能性がありますので、巣の所に絶対侵入できないような柵を考えようと思います。まだ多少の時間的余裕があります。卵を産まないのに襲う可能性はほぼ”0”ですから。真っ暗闇ですが暗視カメラでかなり良く識別できますね!
2018no20518
・立壁全周に柵設置する、この壁をよじ登って襲撃することはできないようにした。電気はヘビが2本の線間に接触したとき以外は流れません。2018-5-18

| | コメント (2)

2018/05/15

ツバメ2018-0515

2018no20_2 ・ツバメが最初に巣としたのは去年作ったものでしたが、崩れてしまいました。板を下にあてたのですが気に入らないらしく梁の反対側に新しいのを作りました。ここは安定度は良さそうでたぶん崩れることは無いと思われる。梁の両側には電気柵を張りまわしてある。ヘビが巣に近づこうとすると電気柵を通過しなければならない。敵は長いので10cm間隔で張ってあるアルミ線に触れることになり、電気衝撃を受けることになる。人間が触っても問題ないよう絶縁トランスを使ってある。またIPカメラの位置を動かさないとカメラから見えない。人間様にはおかまいなし、、ツバメの勝手でしょうですね!!巣は作ったばっかりで乾燥してないので真っ黒です。これで落ち着いて子育てができそうです。天井の隙間はシリコンシーリングで埋めてあるので電気柵を通過しないとヘビは巣には到達できません。ビビーときて落下ですかね。寝ずにカメラで監視してるわけにはいきませんのでヤムナシです。
2018no20515
・あまりにも天井ぎりぎりの位置に巣を作ったのでIPカメラを下げたのですが巣の中を見ることはできません、残念!!写真を撮った位置にカメラを移動したほうが良さそうです。
暗くなってしまったので暗視カメラです!

| | コメント (0)

2018/05/09

JRL-2000Fの右側のランプ切れ

Jrl2000flamp0 Jrl2000flamp1 Jrl2000flamp2・JRL-2000Fの右側のランプが切れて真っ暗になりました。直径5mm長さ20mmの特殊なランプです。12Vで点けています。手持ちでTS-520に使っているランプがあったので無理やり取り付けてみました。少し暗いですが無いより良い。LEDランプを2個程度付ければ明るく長持ちすると思う。30Kgもあるのをごろごろ転がして修理するのは大変です。

| | コメント (0)

2018/05/06

ツバメ2018-0503

201805061 20180506 20180506_2・ツバメがいつの間にか巣作りというか補修を完了していました。、去年ヘビに襲われたのは外側の壁の天井の隙間(約5~10mm)の部分と思い、ここにシリコンシーリングをガンで注入しました。
夜になると、ちゃっかりと巣に止まってました。カメラも巣のある側に移動しました。それとべニア板を藁の上に敷いてその上に新聞紙をおいてテープで止めときました。これは糞が点いたら適時取り替える予定です。ツバメの受け入れも結構手間がかかります。ラジオを鳴らすのは効果が無いことが解りましたので今年は糞の臭いを消すことに重点を置いてみようと思ってます。ヘビと人間の知恵比べです!!
・カメラも動きが検出されるとメールを送るという機能もあるんですが、ツバメとヘビの動きを判別することはできませんのでこれは難しそうです。

| | コメント (2)

Red Pitaya-PowerSDR_mRX-TS-680S VS 756pro3

・100Wで運用するときのためにTS-680S IC756Pro3を比較してみました。
Ic756pro3psa100w756Pro3はAmpviewをみるとかなりの歪があるようです、PS-Aで信号をみると綺麗に補正されるのですがAmpviewではひどく曲がって直線性は悪い。しかしIC-756Pro3のハダカでのTwoToneIMD3特性は比較的良好で-40dB近くを示します。負荷はダミーロードでテストしてます。
Ts680spsa100w・こちらはTS-680SですがAmpviewは位相も振幅もかなり綺麗です。ただしTS-680SのハダカでのTwoToneIMD3特性は-20~30dB程度です。
・PS-A ONでは両者ともほとんど同じように最終出力はきれいに補正されます。
・でもファイナルアンプの直線性が良い方を使いたくなります。2つのトランシーバーの開発年代は20年くらい離れていると思うがRed Pitaya-PowerSDR_mRXのAmpviewでみるかぎり大きな差がある。Puresignalなんてまだ考えられていない時代のものですので比較は何の意味もないですが気になります。
Ts680spsa100wttTs680spsa100wtt_2 ・TS-680S:50Wx2-TTで-70dB近くまでいきます。
・肝心の何故!!が私には全くわかりません!!、ただPS-Aの状態で信号を100W TwoToneで比較すると-60dB近くの値を示し、両者の差はありません。
・Dr, Warren C. Pratt, NR0Vさんに感謝ですね!!
・I would like to say thank you to Dr, Warren C. Pratt,  and the group.

| | コメント (0)

2018/05/03

Top 10 Vertical Takeoffs






| | コメント (0)

2018/05/02

ツバメ2018-0502

20181 20182・ツバメさんカップルが成立したようで巣作りの場所を去年と同じ部屋に決めたようです。ツバメをあまり見かけなくなりましたので心配してました、しかしこれからが大変だ、ヘビの襲撃をどう食い止めるかです。ネッワークカメラはテストしました。24Hづつと見ているわけにはいかないので侵入をどう防ぐか考えないといけません。どうも糞の臭いを嗅ぎつけて襲うらしいので糞受けを付けて毎日外に捨てるとか考えよう!

| | コメント (0)

2018/04/30

新スプリアス規格に適合するリニアアンプ

・4月1日付けで関東総通の新スプリアス規格に適合することが確認されているリニアアンプ というのが「ハイパワーの申請について」というページに載ってました。

・どうもここに掲載されている、一部の日本メーカー製リニアアンプ以外は新スプリアス規格外ということで検査を受けないと平成34年11月末以降使かえなくなるらしい。
・実は私の使っているJRL-2000FとTL-922のエキサイター(第x送信機)を切替使用する変更を申請したら、「新スプリアス規格外のリニアアンプ」ということで要検査となります。という注意書きがあり変更申請が返却されてきました。何を、どのように検査するのか分かりませんが、、
・それで慌てて関東総通のWebをみたらリニアアンプの新スプリアス規格というのがあった次第です。
・今まではハイパワー局の検査は1度だけです。などどいわれていたのであまり気にしてなかったら、いやいや、、まいりました!!、まあ検査を受ければよいわけだからどうって事無いよと割り切ればよいわけですが、なんとなく面倒だ。

・規則に従って運用する必要があることは分かりますが、、もっと良い方法はなかったのでしょうか、まあ年寄りで余命を気にする年齢になりましたので、必要な期限に必要なことをすればよいかなと思うことにしました。

・ここに書いたことは関東エリアの話ですので、他のエリアの総通がどう考えているのかは分かりません!!、

2018-5-2
・総通に聞いてみました、まだ正式なハイパワー対応は決まってないとのことでした。ただハイパワーの場合(第X 送信機)TSSの保障認定等は通用しないようです。
・お金持ちは新スプリアス認定リニアを買って
新スプリアス規格の送信機を繋げば検査は無いようです。メーカーさんは喜びますね!!

| | コメント (0)

«宣伝用に特別バージョン