2018/07/17

TBS

2018717_tbs・暑い、、36℃もしている!
電波は各周波数で伝搬は見られない。

AMの954KHz TBSを聞く、、すごい切れの良い波形です。びっくりしてしばらく聞いていました。20KHzでビシーと切るのはどんなことしてるんでしょうか?、まったく、おったまげー!!であります。
・アンテナ高さ:約150m、出力は 100kW、埼玉県 戸田市 氷川町三丁目 ボートレース場のところからですね強い、強い!!

| | コメント (0)

2018/07/16

TL-922の目盛り

Tl922jwcadTl922jwcadok ・ついでに今いじっているTL-922のメモリ板も作りました。こちらはCADで作成した方が早そうなのでCADで carhengeです。普通の紙に印刷してますのでこれも費用”0”です。
暑くて、暑くて、クーラーつけて遊んでました。透明テープで張ったがあまりきれいでないので、こっちはラベルシール買っTl922jwcad2_3 てきて作り直したほうが良さそうですネ!!

 スプリアスの測定をしてると、こんな単純な目盛りと表が欲しくなります。
・分割ーー>等距離分割ーー>分割数20で外側の円弧を分割してます。
後は単純に中心から線を引いただけです。

| | コメント (0)

2018/07/11

赤色が退色して見にくくなる持病の修正

Img185okTs820 ・TS-820はメーターのプレート電圧目盛りの赤色が退色して見にくくなる持病があるようです。
これを修正する方法ですが取り外したオリジナルの目盛りをスキャナーで読み取ります。私の場合 600dpiで読みました。その後に修正するわけでが?IrfanViewというフリーソフトをインストールします。このソフトに色を変更するメニューがあります。目盛りの赤がボケてきた色に近い色を探します、そしてReplace souce colorに変更する色をChooseします。with new colorに、オPhoto_3 リジナルは分からないのですが赤にセットして、Tolerance valueに0~128までの数値を入れます。私は55でやってみたらちょうど良かったです。これでApply to current imageを押します。気に入らなければUndoで戻してやり直します。良ければOKで左のように修正されたイメージが表示されますのでこれを印刷してアルミ目盛り版の裏側にネジで止めます。私は普通の紙に印刷しましたので費用は”0”でした。ラベルシール用フィルムであればもっと良いでしょう。この絵をコピーして印刷すれば苦労せずにできますね!!
・使ったプリンターはEPSONのインクジェットですが特価品(確か7000円)です。

| | コメント (2)

2018/07/09

リニアアンプ-新スプリアス規格対応-2

・アンテナチューナーによるスプリアス低減効果を測定してみました。よく使う3.5と7MHzにおいてかなりの改善効果があリ新スプリアス規格をクリアーできそうです。チューナーはアンプの出力につなぎますので、今回の場合 2KWpep用の物を使ってます。旧規格の機器には、新規格のHFの場合尖頭値から -50dBはきついようです。このようなアンテナチューナーを使うと意外と汎用性がありますので1台あると便利だと思います。ただチューナーなら何でも良いというもんでもないので要注意です。技量のある方で物があればトロイダルコアにコイルを巻いてLPFを入れたほうが簡単かも!

・いろいろ論議はあるとは思いますが法令が施行されているわけですからそれをクリアして運用することは必要と思います。ただアマチュアが検定済みのスペアナを持つのは大変なことです。1万X円を支払い総通さんに検査していただくということになるのでしょうか?、そうすると検査に該当する変更申請書を出すことになりますね。趣味とはいえ面倒ですネ!!

・測定も大変です、汚い場所が益々汚くなっていきます。
Dsc01555
MN-2000アンテナチューナーによるスプリアス低減状況「tl922_357.pdf」をダウンロード
・いつもの失敗談です。スペアナの入力ATTは普通は自動切換え(TR-4171こんな骨とう品でもです)がなぜか15dBになってしまい、要は受信機で言う混変調でしょうかめちゃくちゃなスプリアスが現れ唖然としました。マスターリセットで初期値に戻しました。自動ATTは25dBを選択してくれました。スペアナ使うのは10年早いと言われそうです!!
・それから近傍スプリアスは「奥の手」を使ってますので問題ないと思う。

| | コメント (0)

2018/07/05

リニアアンプ-新スプリアス規格対応-1

Mn2000dsc06755 Mn2000dsc06756 Mn2000dsc06750 Mn2000dsc06751




Mn2000dsc06753・リニアアンプ新スプリアス規格対応準備のため、このアンテナチューナーを購入する。OMさんからの勧めもありました。eBayからです、日本にはこの手のものはありません。Texasの方から格安で購入できました。6/15日に買い7/3日に到着しました。アンテナチューナーは「トランスミッタからの第2ハーモニック出力を25dB~35dB減衰させます」とはっきり仕様書に書いてあります。約50年前のDRAKEの製品ですが評価は高いようです。ローパスフィルターをバンドごとに作成し切り替えるという手もありですが、汎用のアンテナチューナーもあってもいいかなと思ってます。挿入損失は0.5 dBです。小売価格は当時 $250.00だったようです。

 残念なのは古い製品ですので1.9,10、18,24MHzはバンドスイッチにありません。試しに21MHzで18MHzが同調するか試しましたらOKのようです。アンテナチューナーなるものは初めて使います。なんかよく分かりませんが、とりあえず動かしてみてデータを取ってみようと思ってます。

7mhzdsc06774・TL-922 1KW 7MHzのsingle tone波形をこのチューナーを通してみますと高調波が綺麗に減衰されていることを確認しました。Spanは0~50MHzで見てます。

・電波を出すのもなかなか大変な時代になりました。新スプリアス規格に適合することが確認されているリニアアンプ 以外は要検査というのは私にとってかなりのインパクトです。いよいよHobby of kingですか!

| | コメント (0)

2018/07/04

ツバメ2018-0704-巣立ち後帰る

20180704・この時間になるとなぜか親子でここに帰ってきて夜過ごしてます。ずいぶんこの場所が気に入ったのか、それとも安全な場所なのか?子ツバメの何羽かは帰ってないと思う。天候も荒れ気味なのでかもしれない。

| | コメント (0)

2018/07/01

「のうぜんかつら」の季節

2018dsc06644 2018dsc06648・「のうぜんかつら」の季節です。今日も湿度70%暑い、暑い!!、この花をみると夏を感じます。

| | コメント (0)

2018/06/30

ツバメ2018-0629-飛ぶ練習

201806283 201806284・28日、部屋の中で飛ぶ練習をしてます。全部で6羽います。今日中に出入り口から外に飛び出すと思う。
親鳥は心配そうに時々見に来ています。夕方薄暗いときに親と2羽飛んでいるのを見かけました。
201806285201806286 、29日は風が強烈でした。子ツバメが2羽、電気柵の電源のケースの上に止まってます。他の4羽は巣立ってどこかへ飛んでいってしまいました。親は出遅れた2羽を知っているのか?分かりません。

201806289・29日夕方になると子ツバメも集結して止まってました。たぶんこれが最後でほとんど戻らなくなるでしょう。6羽全部元気なようで良かったです。

| | コメント (0)

2018/06/29

Red Pitaya-PowerSDR_mRX-HPSDR を直接起動

・RedPitayaのユーザーが使っているHPSDR の直接起動を多数のOMさん方のご支援によりやってみました。Google Chromからrp-xxxxxx.local/を入れることなくPCから直接起動できます。以前からRed Pitaya Notes にこのことが書いてあるのは知っていたが、ある程度分かってきてHPSDR本体が完成してからのほうがいいかなと手がつかなかった。

ソフトの説明はその道のプロには簡単なことでも私のようなジサマには分かりにくいものです。1か所間違っても動きませんから!!試行錯誤とOMさん方のご支援で何とか動きました。環境についてですがRedPitaya側のEthernetはHabに、PC側EthernetもHabに接続した普通のDHCP環境です。

・ Google Chrome を使わずPC からHPSDR を直接起動する方法google_chrome_pchpsdr.pdf」をダウンロード

・2018-7-1
またまた失敗、シャックから離れた母屋にPCが置いてある。ここからRedPitaya に接続してラジオを聞いていたのだが、忘れてシャックから二重に接続してしまった。立ち上がって受信できるがベースラインが上下に大きく動くのだ。
立ち上げ直す、μSDを別のものに挿しかえる、とか何をやってもなおらない。母屋に戻ってPCの画面を見ると止まっていたがHPSDRの画面だ。
これで何回目か、こんなミスは、、、要注意ですね!!(ALPINE LINUX版OS使用環境です)
・システムで警報を出すとかしてもらえれば良いが、フリーウエアですので強くは望めないですね!

| | コメント (0)

2018/06/25

ツバメ2018-0624

20180623dsc06582・別の部屋 トラクターが置いてある上にもうひと家族が巣を作りました。こんなところに良く作ります。もっと安定している場所がいくつもあるのに、ツバメが気に入らないと、こればかりはどうしようもありません。ここに作るのは5年ぶりくらいです。これでは崩れて落ちてしまうかもしれません。
ヘビはシャッターがついていて入りにくいですが外側からの30cm角の出入り口がありますのでここから入る可能性があります。はてどうするかです。

| | コメント (0)

«Red Pitaya-PowerSDR_mRX-756pro3-sreg