2017/12/14

大木の切り倒し

・これは杉の木です。風が吹いていてどうなるか心配しましたが、予定した地点に無事着地しました。根元は芯の部分が腐っていました。1mくらい上を切ると綺麗な年輪が出てきました。高所恐怖症の私には切り倒す前にはしごで登って木に倒す方向を決めるロープをかけているのですが、びくびくしながら作業してます。杉の木は枝が広がっていないので楽に倒せることが解りました。Sugidsc00475

| | コメント (0)

2017/12/13

HPSDR TS-680S-スタンバイ(Remote)不調

Ts680sdsc00472・TS-680SにRedPitaya をつなぐため増設申請をJARD経由でしていたのですが、どうなっているのかわからないので関東総合通信局に問い合わせると11月22日に認可されてますよとのこと。もちろん新スプリアス規格にも適合しているものです。免許状返送用の封筒を入れて申請すると指定事項以外の変更は何も変わらない免許状が送られてきます。免許状返送用の封筒を入れないと何の連絡もないので問い合わせて聞くということになるようです。

・スタンバイ(Remote)が不調になったので、サービスマニアルで調べようとしたが信号があちこち行っているので図面をプリントアウトしました。ちっこい字は見えないのでポスター印刷機能を使ってA4 9枚分に印刷してマーカーに合わせて切断張り合わせをしました。面倒ですが大きく見やすいです。主要回路図3枚を作り、これから修理です。ほぼ主要な機能はOKとなったのでマトメています。30年前のトランシーバーを引っ張り出して、新しい機能を持ったSDRトランシーバーを仕立てる、というエキサイテングな作業ももう少しで終わります。こんな楽しい遊びがわずかの費用でできて幸せを感じてます。
,
・不具合の原因はRemote 7Pプラグとジャックの接触不良と判明しました。もう少しで12Vのパナソニックのリレーを注文するところでした。魔法の液体DeoxITで復旧しました。

| | コメント (0)

2017/12/09

毎食一皿食べてます

Dsc00464・中村さんちの「ゆづ」を今年もいただきました。最近は写真のように水菜に皮をそいで青じそドレッシングをかけて食べてます。「ゆづ」が入ると香りも味も抜群です。毎食一皿食べてます。菜っ葉は庭の家庭菜園に山のようにあります。

| | コメント (0)

2017/12/07

盆栽・山野草

Chandsc00442 Chandsc00446 Chandsc00451・亡くなった親父が植えた木が大きくなり手におえないので切り倒しているが、なかなか難しい。予定方向に倒れなくなり、ワイヤーで引っ張って何とか目的近くに倒すことができた。太い木は重いので要注意である。これは欅で特に重い!!、前日から2日がかりでようやく横に倒して小枝を切り飛ばした。後5~6本あります。年ですね!疲れたので今日は休憩日です。
2017-12-10: 40~50cmの長さで輪切りにして持ち出せるようにしました。元直径は45cmでした。

| | コメント (0)

2017/12/06

HPSDR PureSignal -6-Adaptive Predistortion

Puresignalja1vkv・JA4の局とAdaptive Predistortionの状態でQSOしている電波を近くのJA1VKV局(7Km)が捉えて送ってくれたものです。500Wpepの出力です。送信帯域は150~2850KHzに設定してあります。3KHz下は他局の信号でしょう。なんだか、こんな変な実験は誰もやってないのでレポートはありがたいです。私にとってはこれができそうなので始めた事なのですが、少しずつ前進かなと感じてます。お友達が少ないのでFacebook に出してみました。

| | コメント (0)

2017/12/04

HPSDR PureSignal -5

Pures1kwtl922non_2 Pures1kwtl9220_2・最初のショットがAdaptive Predistortionの設定で500W x 2=1KW TwoTone(ダミー)出力、右のショットがPredistortionなしの時の出力波形です。この波形はPowerSDR Flex-1500でモニターしたものです。1KWリニアアンプはTL922(3-500Z x 2)を使ってます。
Pures1kwtl9220stat2Pures1kwtl9220stat1_2 ・この動作をしているときのPureSignalの画面です。Predistortionなしで約-30dB、ありで約-70dBですから約40dBの改善になります。これはかなり劇的な改善になると思う。前回までの実験はPredistortionの元になるデータを収集したものをファイルして呼び出して使うという方法でした。今回のはデータの収集も動的(cor.cntが約1秒に1回+されていく)になるのでうまくいくと、より良い結果が得られる可能性があります。アンテナにつないだ状態での状況は明日の昼間にテストしてみる予定です。
Rf_samplerdsc00440Pures1kwtl9220ant

・アンテナをつないで出した1KW TwoToneです。

・RF Samplerをきれいな小型ケースに収めました。
2017-12-6:高次の帯域外信号の波形がなんか変に感じます?、

| | コメント (0)

2017/12/01

遅い秋

Akidsc00418 Akidsc00421 Sandsc00398・平地の紅葉はずいぶん遅れます。霜が降りるころになればちゃんと葉っぱも色づきます。

| | コメント (0)

2017/11/27

HPSDR PureSignal -4

Preddsc00415 Preddsc00414 Pures0 Pures1





Pures11 ・RFサンプラー(DC6NY版)をJA1PHJ中村OMに作っていただきました。1KW用ですが、100Wでテストするため内臓ATTをパスしてRedPitayaのinput2に10dB ATTで入れました。

結果は画像のようになりました。PureSignal offでは-30dB以下ですが、onでは-60dB近くまで改善されます。これくらいだと100W送信では、よほどコンデションが良くない限りTwoToneテストで3次以降の高次波形は見えないと思う。

| | コメント (0)

2017/11/23

オリジナルにこだわると高価

 

S2001_3・S2001Aがヤフオクで6,000円/本 以上で落札されてます。新品箱入りというのが値段を上げたのでしょうか?まだ真空管リグに愛着のある人も多いということなのでしょうか?、、あるいは新スプリアス規格が明確になって来て古い機械を使ってみたいという方が多くでてきたのでしょうか?
 いづれにしても製造してないものですから必要な人が多ければ値段は上がることは間違いということでしょう。代用品は6146とかあるでしょうが、オリジナルにこだわると高価な買い物になります。

| | コメント (0)

2017/11/22

無給電ダイポール:セパレーター間隔2mから1mに

357dsc00371 357dsc00370 357dsc0037435のアンテナの下に吊り下げた1/2 7MHz無給電ダイポールアンテナですが、風の影響による下側エレメントの反転が問題でしたが片側3本づつ糸で吊り下げてみました。具合が良さそうですがこれで様子を見ようと思ってます。電気的にはかなり良好に働いているようです。機械的な安定化が課題でした。セパレーターの間隔も2mから1mにしてみました。エレメント間隔は5cmです。セパレーターの材質はハニカム構造のポリカーボネートです。エレメントの下には樹木もあり思ったほど簡単にはいきません。隣の田圃がカラになりましたのでその上にエレメントを下ろして割とスムース357dsc00378 に工事を終えることができました。とは言っても1日半くらいかかりました。初めて「かみさん」に上げる時、少しだけ手伝ってもらいました。いくらいい機械を用意してもアンテナが貧弱では電波はうまく出ませんし受かりません。

| | コメント (0)

«HPSDR バンド切り替え