2019/03/16

お花畑

Dsc09007・ボケ―としていると畑もお花畑と化します。
彼岸も近づきましたので、14日ジャガイモを植え付け、15日にお花畑を耕す。やはり土が見えないほど生えていると耕してもすべて土に埋まりません。
2月に耕したほうが良いのですが、風が吹いて寒いと、ついつい億劫になりお花畑の誕生となります。あったかくなるとまた、草との戦いです。一銭にもなりません保全管理ですね!!

| | コメント (2)

2019/03/15

TS-50をお持ちの方でスペクトラム表示をしたい方へ

 前記事でTS-50をPCからCAT制御する方法を紹介しましたが、接続コネクターが入手できず諦めている方もおられるのではないかと思います。

Ts50cat・接続コネクター(ケーブル付き、≒15cm)をさし上げます。私が購入して余ったものです。必要な方はプロフィール欄にあるメールアドレスに「TS-50のCATコネクター希望」と書いたメールを入れてください。私の住所をお知らせしますので、切手 82円を貼った住所・名前を記入済み封筒をお送りください。写真の品物を無料でお送りします。5個あります、1人1個で5人までです。

 ブログ記事を見ていただければ、SDR受信機とPCを持っている方は動かせると思います。

Ts50cat_2・必要なものはCH340USBシリアルとUSBケーブルだけです。4800、8、N、2の設定でOmni-rigで動作確認してます。古いトランシーバーがスペクトラムが綺麗に見えて周波数を同期させて運用できる最新Rigに変身します。HPSDR他、ほとんどのSDRソフトがTS-50と同期して簡単に動くと思います。基本的に導入のサポートはできませんが動いたら連絡いただくと嬉しいです。

| | コメント (0)

2019/03/10

Red Pitaya-openHPSDR-TCXO- 0.1ppm 基板領布について

Tcxo01ppm0 Tcxo01ppm1 ・Redpitaya の標準TCXOは変動があり3.5、7MHzのSSBにおいても電源オンからですと50Hz程度の変動があり、音の変化を感じます。RedpitayaのE2端子に外部クロックの入力端子があります、ここから0.1ppmのクロックを入れることにより高安定化を図る基板を作成しました。外部クロック端子を有効にするためにはRedpitayaのマニアルに書いてある改造が必要です。チップ抵抗2個を外して付け替える作業です。基板は Audio Codec Board - PROTOと同サイズです。
今のところ基板のみの領布を考えております。
試作結果

・価格、回路図、領布方法等を近日中に案内予定です。

領布方法が決まりましたこちらを参照願います。

| | コメント (3)

2019/03/04

数字で見る五霞町

Img035・数字で見る五霞町、

圏央道と国道4号線の交差する場所に道の駅があり、五霞町五霞インターチェンジ周辺地区土地区画整理事業が進み地価上昇率(工業用地)が日本一となっています。

| | コメント (1)

2019/02/27

Red Pitaya-openHPSDR-TS-50

Ts50syncdsc08895 Ts50syncdsc08902 Ts50syncrigsync・SDR-3の土産です、USBシリアルはSTCマイクロのCH340 Amazon 185円です。
・以前に秋月の1,950円のUSBシリアルでテストしたのですが動かなかったので、もしかするとと思いやってみました。TS-690の設定で動きました。
・TS-50はCATなんて、出来ないと思ってしまうが裏側に黒いプラスチックの丸いものを剥がすと6Pの端子が顔を出します。これに挿すメス端子にケーブルが付いたものがeBayで二束三文で売っていたのを買っておいたのです。ラジコンに使われているようです。
・これでRed Pitaya-openHPSDRでバンド、周波数、Modeの同期ができ、また遊べそうです!!
CH340のTXDとRXDが常にピカピカランプがついてます。常時信号が出ているようです(ポーリング?)。そのためかバンド切り替えのレスポンスが抜群に良いです。

・TXD,RXD,GNDの3本接続です。RTSはCTSとショートしておきます。CH340の電圧はショートバーを切り替えて5Vにします、本体の5Vは使わない。本体へのコネクターの差し込みはテスターでGNDを確認して挿すと良い。
Ts50catimg034TS-50 CATケーブル無料配布

| | コメント (0)

2019/02/26

STEMlab 122.88-16の価格

STEMlab 122.88-16 SDR kit basic 499,00€ + shipping costs
新しいRedpitayaの価格が決まり、予約が始まったようです。こういうものが出るということはハム ユーザーが多くいるということなのでしょうか!!、これでHPSDRとハードウェアコンパチブルになりました。
・499,00€は約63,000円ですね!!limited time discounted priceとあるから、正式販売時は高くなるのか??

・(incl. 22% VAT)ということは日本から買うと389€ ¥49.200- ということでしょうか??、いや消費税を含めると¥49.200 x 1.08 ≒53.100かな、、

| | コメント (2)

2019/02/25

Redpitaya-Alpine with pre-built applications- Ver,up

Redpitayan3alpaineosver・AlpineがVerUpしてました。2019-2-15 日付けのファイルです。変更内容は見てませんが、ダウンロードして入れ替えました。Windowsでファイル操作ができますので簡単でいいです。

| | コメント (0)

2019/02/24

急に春めいてきました

Dsc08866 Dsc08868・急に春めいてきました。
梅は分家したときに植えたらしい古木があったのですが枯れてしまいました。3年前に買ってきた苗木ですが花が咲きました。少し離れた場所に別品種の梅を植えたのですが、こちらはまだ花は咲きません。
・昔の我が地方は、どこの家でも「柿の木」「梅の木」「かしわの木」が植えてありました。それに防風のための屋敷林として「かしの木」が植えてありましたが、最近は手入れが面倒なので切ってしまった家が多い。それと「お茶の木」もありそれぞれ自分の家でお茶の新芽を摘んでお茶を作っていた。要は自給自足の環境が整っていたのです。世代が変わり、木もほとんど切られて砂利やコンクリートで草も生えない家がほとんどである。我が家は私が生きているうちはと思い緑もそこそこあるが、いつまで続くやら!!

| | コメント (0)

2019/02/20

coffee break-Tektronix 2465A

Tek2465adsc08858・ジャン測マニアが一度やってみたかったTektronix、、、
30年前の製品です。台はさらにさかのぼり45年前?これは使う人がいないので二束三文で送り賃のほうが高い、プローブは?P6139A 500MHz、、プローブが自動で10:1の表示をするのにビックリ、、という浦島爺さんの遊び道具です!!

| | コメント (0)

2019/02/19

Red Pitaya-openHPSDR-Overview of SDR transceiver system

Overview_of_sdr_transceiver_syste_2 ・細部をつなぎ合わせて作ったので、全体概要図を書いてみました。まだ問題もありますがだいぶ完成に近づいたかなと思う。これからちょっと大きめのケースに入れる予定だ。あまり期待はしてないが手つかづだった受信部も考えてみたい。

2019-2-21:スペルミスが多いとのご指摘を受けましたのでExcelのスペルチェック(英語)をかけました、文章用にできているのでしょうか、表に書いた単語の羅列はよく見てないと間違いますね!

| | コメント (0)

«Red Pitaya-openHPSDR-JST135-接続例-7N1ICA-2