2017/03/17

ミツバ、レタス類が元気に新芽

Dsc08405・もうすぐ春真っ只中ですです。越年のミツバ、レタス類が元気に新芽をだしてきました。ミツバはダメですがレタス類はうまく管理すれば1年中たべられますね。
どうも作りすぎぎみで作付け量の管理をしないといけません。生野菜を食べるのは私だけですから!

| | コメント (0)

2017/03/16

スタンバイ時の雑音

3月中なのに寒い、、ジャガイモ植えたけど芽が引っ込んじゃうのでは!

・IC-756ProⅢ+Omni-rig(HDSDR)+FTC(JRL-2000FH+Hamlogのシステムも約1か月のテストが終わり最終調整です。送信に切り替わった瞬間に無用な音が送信されないように抑えることにする。外付けマイクアンプのマイク信号抑止ゲートにIC-756ProⅢのACC1-3pin SEND(送信時アース)を入れて一定時間音声をカットすることにしたが、あまり長いとうまくないし、短すぎると雑音がはいる、ということで適度な時間をカットアンドトライで決めた。R=100KΩ、C=0.47μFで約50msとなり余計な音が送信されなくなった。ここまで来るのに、私の技量では大変でした。あとはJRL-2000FHのファンの音が気になるので外に出すか?ということだけが残った。アンプも通常は2~300Wで運用ですね!Japan---と怒鳴るわけでもないし、あまり目立ちたくないのであります、、また呼ばれるのは良いが、呼ばないなんて言う人にもなりたくありません。

・Omni-rigは
1、HDSDR
2、SDRconsol-V2
3、SDRconsol-V3
4、SDRuno
 とテストしてみたが、HDSDRがVer2.76になりSメーターのキャリブレーションやOmni-rigの改善がされて安定している。SDRconsol-V3は大変素晴らしいところはあるがまだ安定度に欠ける。(Webにもそう説明されているが)
 受信音声をどちらから出すかであるがHDSDRは今回のVer-UPで音声を出して問題ないレベルとなったが、他のSDRはミュート、スタンバイ時の音の問題がありIC-756ProⅢから音を出した。それと同期の問題ですがやはりCI-Vの問題?かソフトか分りませんが追随が遅い場合があります、とてもコンテストでバリバリやるのは無理です!!国内ラグチュー用?想像ですがCI-Vデーターのコリジョン(collision)だと思う?。ギガビットが走るネット社会でなんか情けないです。この評価はあくまで私の環境では、、、ということですので!!
・普通はQSOをするため頑張っていろいろやるんだと思うが、私の場合、いじくりまわすのが遊びなので終わってしまうと興味がなくなるという場合が多い。長いQRTから復帰して5年ですがやっと自分なりに何とか使える仕組みが出来ました。横のIC-7300はしばらく電源が入らづ寂しそうです。

| | コメント (0)

2017/03/15

634mの高さの威力

Skyant・築25年たち、ベランダの張替が必要とのことでやることにした。TVアンテナのポールを立てる足馬がこの床面にあり邪魔なので、スカイツリーの634に期待してぐっと下げてベランダの手すりに取り付けてみた。地上約6mくらいですが十分で良く映ることが分かりました。ベランダでアンテナに頭が当たらないよう取り付け冶具で1mくらい持ち上げてます。

・スカイツリー建設前は50km離れた当地では8~9m高にしてやらないとよく映りませんでした。634mの高さの威力はやはりスゴイです。

| | コメント (0)

2017/03/07

切れないよう考えよ-と

Vnwadsc08382・VNWAがどうも不安定なので調べてみた。もしやと思ってTX OUT側のケーブルを見てみたら、、、切れてる!!

これじゃ安定には測定できません。自家製のケーブルですが組み方が悪いのか??ガッカリであります。測定器屋さんで売ってるケーブルがやけに高いが、、こんなこと防ぐための工夫が施されているのだろう。高価なものを買う余裕は無いので切れないよう考えよ と!!

Suhnurdsc08384 ・だいぶ前に求めたSUHNERのSNAケーブルが見つかったのでこれを使うことにしました。がっちりしてるのですが、固く柔軟性に欠けます。

| | コメント (0)

2017/03/06

これからは1人で散歩

Maximg_9640・我が家のマックス君が交通事故(3月3日)で亡くなりました。13歳でした。我が家に来た4歳くらいからの付き合いでした。オスのシェルティーでしたが、神経質な犬でした。でも良く私の運動の相手をしてくれました。最初散歩のとき、リードを引っ張り前を歩くのを治すのに1年以上かかりましたが、その後ずっとご主人様より先に出て歩くことはしませんでした。
・ちょうど亡くなる前に私が風邪ぎみで散歩に連れ出さなかったとき、なぜか繋いでおいたワイヤーが切れて一人でお散歩に行ってしまったのです、事故はいつもの散歩道でした。寄る年には勝てずボケてきたのでしょうか?、運動神経も鈍ってきていたので、逃げ遅れたのでしょう。犬とはいえ長年付き合うと家族の一員ですから寂しいです。これからは1人で散歩です。

| | コメント (2)

2017/03/05

SdrConsol V3-ExtarnalRadio

Sdrconsolv3extarnalradio_2・今日何気なくWebを覗いていたら、SdrConsol V3-ExtarnalRadioがサポートされたことが分かった。早速マニアルに従い動かしてみました。おーー素晴らしい!!動きました。まあソフトは前バージョンで出来てるわけだから時間の問題と思っていたが、良かった!!。V3は単純な画面とCPU Soundのデフォルトの音が聞きやすく、気に入っていたのでしばらく使ってみよう。
・おーーS2~5の信号がAGC=Slowで浮かび上がって聞こえる、これってすごい!!
ExtarnalRadioの表示位置と大きさもグッド、音量調整バーも使いやすい。受信AFの帯域も常時表示されてるし言うことなし!!

・Version 3   >   Known Bugs
◾External Radio does not work correctly when connected to the IF Output of the radio.
◾External Radio tracking may be slow.

| | コメント (0)

2017/03/01

枝おろしをする

Niwakidsc08353_2Niwakidsc08373 ・春も近づきました。庭木がぼさぼさになりましたので枝おろしをする。3年くらいやっていなかったので樹形が崩れてきました。周りの木も減ってきたので、鳥の巣跡が数か所ありました。ちょっとした陰にうまく作っています。

Niwakidsc08361・水菜です、太い根ですが、小さいのが何本もくっついてこうなってます。長い期間食べられますので助かります。

| | コメント (0)

2017/02/21

強風でアンテナ支柱折損

7mhz・今日は我が地は強風である、こんな風の日にはSWRはどう変化しているのか見てみようと思った。ところがびっくり、7.3MHz付近に共振点が移動している、
本当かいな?と思ってもう一度測定するが同じだ、外に出てアンテナを見ると片側の竹が折れてエレメントがぶら下がっている。今日は強風なので修理は止めることにした。竹は胴が割れると強度が下がり風でバキっと折れる。10本近く切り出して保存してあったので、明日にでも取り換えよう!!

221_223mh・22日修理完了したので、テストして23日データもとっておきました。国内はそこそこ飛んでいるようです。どうもクリエートのようなV型が良さそうですが簡単に張れるのでこれで遊んでます。

| | コメント (0)

2017/02/17

パンク タイヤが裂けてる!

Dsc08344_2・16日、飛び切りのブルースカイで無風なので喜び勇んで自転車を乗り出す、までは良かったがちょうど関宿城に差し掛かると、「プスー、、」という音とともに前輪がペチャンコになる。ベンチに自転車を持っていき修理である。まあ簡単なパンクだろうと手持ちのチューブを交換する。さてひとっ走りと走り出すと10mもいかないでまたパンク!!、よく見るとタイヤが裂けてチューブがはみ出しているのだ、そこにタイヤ補強の金網のようなものが切れて見える、これじゃ何回取り替えてもだめだ。
 今日、17日 自転車屋に行く、タイヤの側面をぶつけたのだろう、とのことだ。確かにいままでタイヤの山がなくなり交換することはあったが、破れたのは初めてだ。車と同じく側面は弱そうだ。タイヤ、チューブ、パンク修理キット、オイル、ハンドル用テープ、と買い込んだ。健康維持には金がかかる。

| | コメント (2)

2017/02/14

ロープを緩めてメンテナンス

D7mhzantsc08333・7MHzのDPアンテナの共振点が7.18MHzとなってしまったので10cm程エレメントを伸ばした。7.11MHzになった。7.1から上に出るのでもう少し高いほうが良いのだが、面倒なので再調整はやめた。
・点検した理由はもう一つ、写真のネジ部が鉄管に当たって風が吹くとガリガリとのノイズを出していたからだ。向きを鉄管と反対にして風が吹いたとき鉄管から離れるようにした。これで、送信、受信共少し静かになると思う。
・よく見ると送信時放電してたようで、白くなってました。毎日風が吹いてましたが、今日はほとんど風が無かったのでハシゴを電柱にかけて絡んだロープを緩めてメンテナンスを行う。

このケースはバランでしたが中のコイルは取り外して同軸ケーブル直結になっています。

| | コメント (0)

«近隣散策