« R-388-2/6 | トップページ | R-388-2/8 »

2006/02/07

R-388-2/7

10/30/2002
ハート形カムを見てバンド切り替えすると、レバーがカムに追随してない、浮いているのである。
IMG_1314 中のコアが沈まないので、ドライバーで無理に押し込むすると、コイルボビンが切れてぶらぶらになる
ちょうど3.5Mcあたりでおかしい、此のふきんは感度が悪く受信できなかったが、これが原因か?
そのうちばらしてなおそう。

11/10/2002
なんか特定バンドで感度が悪くなったようだ。そのうち調整しよう。

11/18/2002
PTOのカバーが外してあったのでしめるため前面パネルを外しバラス、組み立てて電源を入れると聞こえない。
良く調べると1.5-2.5,2.5-3.5MCは聞こえる。
他のバンドは聞こえない、ブロックダイアグラムをみるとシングルコンバージョンで水晶発振を使わない時okなことがわかる。回路をチェックしていくと第一ミクサーの第三グリッド?が規定だと-2Vのわけが150Vもある
C 100pfがショートして水晶発振管のプレート電圧がもろにかかっていた。またしてマイカコンの不良,取り替えたが、症状は変わらない。はたと考えてしまう。ためしにバンド切り替えのゼネバを1ピッチ変えてみる、やっぱり、ずれていた元気に鳴り出した。ばらす時何の気なしにさわってずれちゃったのだろう。
音が良い、前と比較してがぜん良い音だ。C交換前はミクサーの動作がおかしく、歪んでいたのだろう気分爽快、どうも此の系統のコンデンサーは要チェックだ。深夜の3.5Mhzを聞く、ほんとに良い音だ。
いままで今一好きになれない受信機だったが、いっぺんでこの音が好きになる。さすがcollins!!!メカフィルを通過した音とは一味違う。PTOの直線性が良くなれば文句ないがうまく調整できない。
これが私が鼻たれ小僧の6歳ころ製造されたと思うと、あらためて当時の日米の技術格差を思い知らされる。
当時日本のラジオはST管並四とかで木の箱だったと思う。戦後で物資が不足して"0"から日本がはいあがった時代だ。

|

« R-388-2/6 | トップページ | R-388-2/8 »

コメント

私もわからないながらr388-51j4を手に入れていじくって遊んでいます。周波数表示が10khzぐらいずれる
たいいきがあります。水晶の劣化だといわれ今水晶を発注しているところです。今後いろいろとお教えください。

投稿: 中西 | 2011/10/03 16:11

古いラジオのお仲間ですか、
教える程の能力はたぶんありませんが、多少の経験をしただけです。よろしくお願いします。

投稿: yukio | 2011/10/03 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R-388-2/7:

« R-388-2/6 | トップページ | R-388-2/8 »