« R-388-2/7 | トップページ | PRC-74 »

2006/02/08

R-388-2/8

1/2/2003
懸案のPTOを調整する。取り外してカウンターをつなぎ10回転で1Mhzにセットする。エンドポイント調整用コアで調整。プラマイ500hzに調整できた。ロックナットを緩めるために特殊工具を作った
PTO- PTOを外すとダイアル目盛がないので感でやるしかない。リニアリテーの調整は薄板の重なったものを調整すれば出来そうなことは解るが止めた。カウンターで周波数安定度を調べると一晩で200hzずれる。ちょっときにくわんがとりあえず良しとする。
またRF部のLCを調整、結構わかりやすく調整LCの脇にある数字が周波数Mhzでその周波数に合わせてメーターのピークにすればよい。さすが軍用という感じ。
15mhzのCが空回りしている、これは交換しよう。とにかくいままでモヤモヤしていたものがとれて気分の良い1日だった。これであとはIFの調整をすればよい、しかし、このラジオはだんだんと親しみのでてくるラジオである。味がある、するめのようだ、

3/9/2003
選択度がわるい、ハムバンドのSSB受信はちょっとかったるい感じがする。
AM放送は帯域が広い分良い音で聞こえる。この受信機のファンに怒られるが放送受信と見て楽しむ機械である。
感度はアンテナによってずいぶんちがうので比較できない、ただ他の機械にくらべノイズが低いので感度が悪いか、感度を下げてあるか、感度が高くても内部ノイズが低いのか、解らない。

|

« R-388-2/7 | トップページ | PRC-74 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R-388-2/8:

« R-388-2/7 | トップページ | PRC-74 »