« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/29

100μA

Img_6356_1・昭和39年頃だと思うが、高1中2を作ったときのSメーターである。結構な値段で、バイトをして買った記憶がある。このころのものはネジが今の規格と違い、無くすと大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

HEMMI 255D

Img_6483Img_6500_1 ・HEMMIの計算尺だ、なぜこんな物を手に入れたか?記憶が少し薄れたがたしか高校2年の時に計算尺の検定試験と言うのを受けて2級を取った。1級を受けようとしたが私の持っていた片面の計算尺ではダメで高価な両面型を買わないとならなかった。家は子供が多く貧乏で親に買ってくれといいにくかった。当時数人の人が両面型を持っていた、うらやましかった、ヤフオクをみて即刻購入した。この計算尺の製造年月日を調べると、ちょうどその頃に生産されたものだった。今はマニアが使うくらいで20世紀の遺物である。おふくろが良く、同級生がHEMMI計算尺の会社に行っている、良い会社っだと言っていたのを思い出す。
No255d2・写真では無くスキャナーでpdfファイルとしたものです。「hemmi250.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/27

菜々-ハイハイ

Img_6467・もうすぐ満6ヶ月、かなり元気というよりは威勢がよい赤ん坊だ。毎日寝ていて天井見ているだけじゃかわいそうなので、会社から帰ると抱っこしてやる、足をばたばたさせて喜ぶ。知らない人だと「ベソ」をかく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

ライラック

Img_6389・我が家は田舎なので庭がわりと広い、親父が所かまわず庭に木を植えたので手入れは大変だが夏は緑が多い、特に松ノ木が手入れがめんどうで、植木屋がお宅は多すぎるから少し切って減らしたらどうだ、と変な話をしてきたこともアル。
・今年もツバメがやってきた、去年は巣を造って卵を産んだが孵化しなかった、よくみているとスズメが去年の巣に入るのを邪魔している、今年はツバメの子を見たいと思うがはたしてどうか、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/25

Trio AG-203

Img_6453_1 ・低周波発振器である、中を見ると大きなバリコンとダイアルに直結したベベルギアが見える。基板が茶色のベークなのがHPなどと比べて安ぽく見える。波形は意外と綺麗でレベルも一定で出力アッテネーターもまあまあ正確である。歪率が知りたいがそんなものを測る機械は無い、スペアナでみるとわりかし綺麗である、だだスペアナは0Hzに波形がでるので低い周波数のスペクトルはみにくいことに気づく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/24

高圧プローブ 80K-6

Img_6309・Fluke High Voltage Probe Model 80K-6である、FLUKEのDMMにつけって使うが6000Vまで測ることが出来る。かなり高精度な抵抗が入っているようだ。危険なのであまり眠くないときに使うことにしている。秋葉で覗くと¥18,000-なんて値段がついている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/23

1SV101

Img_6268・1SV53Aの代替で1SV101を入れてみた、9Vの逆電圧がかかっていたので、なんとかなるかなと思った、、仕様ではVR=3Vで28PF,VR=9Vで12PFとなっている。
・なんか問題なく動いた。千石電商で¥70だった、出張の帰りに買ったので運賃は”0”
・これで全バンド動いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/21

りんごの花

Img_6379・りんごの花が今年も咲いた、3年前亡くなった親父が鉢にとりそだてていた、観賞用の小さなりんごがなる木だ。玄関に持っていこうとすると、鉢から根が出て動かない、花が散ったら根を切っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/20

TR4171-4/20

Img_4129 ・分解能30Hzのときの10MHz基準波






Img_4215・分解能3Hz、なんだかやけにノイズっぽくなってくる。何が悪いか解らんがちょっとこれじゃダメそう。
・基準周波数はえらくぴったりで驚く、GPS基準のカウンターで0.1Hzのずれである。でも波形のピークが目盛りに合ってない、どーして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/19

スペアナ TR4171

Img_4305・発売時は500万円くらいしていたようだ、某社で使っていたものを中古で購入
・輝度とフォーカスはきちっと出て、古いけどスゴイと思って使っている
・私にはやや「豚に真珠」ぎみである、最初なんにも解らなかったが触っていると何とかなるもので、少しわかってきた、かなり自動でRBW、VBW、SWEEP TIME等をsetしてくれる「おりこうさん」である。最初UNCALの表示がわからなかった、ほんとに「恥ずかしい」
・メーカーのご好意でマニアルもいただき、がんばらなくちゃ。
Img_4262・TGがついているのでフィルターの特性とかが見える、いちおうFETプローブもある。メモリーに測定したキーの情報が記憶でき、簡単に測定条件が呼び出せる、ただ電池が古く電源をきるとパーになる。
・とにかく重いのが難点である、今の機械は当たり前にパソコンに波形を取り込めるが、これは簡単にはできない、インターフェースがありPlot出力もできるので頑張ればなんとかなるかも、、ただデジカメで画面を簡単に撮影できるのでイメージデータとしては苦労しなくてもパソコンに入る、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/18

465M

Img_4423_1 ・Military version of 465 100mhz scope.
・空軍用ですかね、ケースがすっぽりプラスチックである、冷却ファンが無く、アルミの冷却フィンが裏側にある、夏は触ると結構熱い。
・輝度もフォーカスもまあまあである。民需の465は電圧切り替えツマミの後ろにランプがあって今何mV/divかすぐわかるが、これはランプが無い。デジタル全盛時代に何故かアナログを使っている。安い出物があるのが第一の理由であるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/17

Tektronix 465B

Img_6324・私が最初にシンクロ(昔は岩通のものをこう呼んだと思う)を使ったのは昭和41年である、岩通の真空管式だったと思う。すげ-、でっかい、と言う印象が残っている。
・ラジオおじさんに目覚めて、どうしても波形を目で見たくて、ebayで買ったのがこれ、当時ヤフーオークションも良くわからなかった。今考えると高い買い物をした。今は同じメーカーの465Mを使っているので、これは休養中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

12F

Img_6341・中学2年生の時、ST管5球スーパーを部品を集めて造った、そのとき残っている唯一の部品である、他の部品はなくなってしまった。いまさら整流管は無いだろうが、懐かしいのでとってある。このラジオは写真も残ってない、覚えているのは音が出たとき、橋幸夫の潮来笠が流れてきたことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/14

BIRD43

Img_6303・BIRD43とアメリカ軍用ダミーロード(1KW用)100Wでは熱くならない、油が入っている大きなものだ。
・最近の43のエレメントは安っぽいメッキである、ここについてるような真鍮製では無い。
・43とダミーの目盛りが一致しない、どうもダミーのほうが狂っているようだ。
・無線機のテストには必須アイテムだ。
・43はカナダの人から買ったが$100台で買えた、もちろん中古だが。りっぱな皮ケース付だった。

Img_6299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/13

HP410C

Img_6312・HP 410C 有名な真空管電圧計らしい。ebayでフロリダの人から買ったものだ。
・古いので精度がいまいちである。作りはすばらしい、見て楽しむ???機械。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/12

アナログテスター

Dmm・40年前のテスター、ベークライト製、アナログ、どちらかと言うとお宝の部類、もちろん動きます。
・5年前ラジオおじさんに目覚めたとき最初に秋葉で買ったDMM、こうして測定器類を並べて見ると、結構出てくる。ラジオ少年のころ買えなかったので恨みを晴らしているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/11

グリットデップメーター

Img_6278・DELICAのGDMだ、40年前に指をくわえてカタログを眺めていたもので最近オークションで手に入れた。周波数目盛りがほとんど狂ってないのに驚く。真空管は6AK5が入っている。
・MFJ-259Bは日本では高価なのでUSAで買う、機能は良いが造りがイマイチでおもちゃみたいだ。中はチップ部品が手半田である、はっきり言って汚い。
・Cメーターは古い真空管機器の修理には便利だ、コンデンサーの容量はわかるが絶縁が悪いのはこれではわからない。
Delica_gdm_a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/10

テスター

Img_6276・デジタル化された測定器、電圧、電流、抵抗、L、C、インピーダンス、SWR等ほとんどがデジタルで読めるようになった。FLUKEのDMMは結構使いやすいし精度もハンデイのわりには良い。MASTECの安い(千円台)のものは交流電圧値の表示がいまいちだが他はそこそこ使える、トランジスターのhfeを測りたくて手に入れた。AADEのL/CメーターはキットをUSAから取り寄せて組み立てたものだ、精度が良いことがHPと比較して書いてある。どれも素人の私には十分である。FLUKEはUSA赴任時につくった銀行口座にお金が残っていて銀行から取引が無いので口座を閉鎖するとの手紙がきた。面倒くさいので、これを買って残金を無くした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/09

PLL不具合

Img_6251・TS-120を買った、わりかし綺麗だが動くかどうかわからない品物、この手の物は一般に安い。14MHz,JJYの受信が出来ない、デスプレーの表示も出ない、他はざっとテストしたかぎりでは問題なさそう。ボリュームのガリ等もなさそう。わりかし受信もそこそこ聞こえる



Img_6238・14MHzの不具合を調べてみる。回路図を眺めて見る、どうもPLL基板らしい。他のバンドがOKなので不良範囲は限定される。VCOが怪しそうなのでQ1を取り替えるがダメ、T1を調整してもダメ、CR類も外したが特に異常なし、D5バリキャップをみる、ちょっと触ると割れている、これじゃダメだ。28MHzのD9を取り外してつける、結果=良好 T1のコアを廻すと14MHzの表示が出て正常に受信できた。1SV53Aという可変容量ダイオードだがはたして売ってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

ピカピカの1年生

Img_6205・孫の入学式、1クラスだけで28人だという。私のときは50人近くいた、子供も少なくなった。近所に同じ子供が誰もいない、5年生と6年生がいるようだが。
・私の時代は冬は「はんてん」、夏はランニングシャツだったと思う、それと履物は、夏は「はだし」で冬は下駄だった、私の親父は器用でゲタは自家製だった、すぐにへって「ペッチャゲタ」になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/04

50年前のメーター

Img_1864_1・1956年製造だから50年前のものだ、今のものより何故かつくりが良い
・もっとも今はアナログメーターは少なくなり、デジタル化されてきた。
 こんなものが懐かしく思うのは”おじん”の証拠
・今のデジタルメーターは多分50年後にはつかえないと思う、もっともそんなに長持ちしなくても良いということだろうが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

TR4171-キースイッチ

Img_6190・キースイッチを20個交換する。
・参考のため新品の直流抵抗を測定する25~50Ω程度である
・くたびれたものは150~1000Ω位までである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/02

白と黄色

Img_6186・暖かくなってくると堤防は緑の前にさまざまな花が咲き乱れる。
・何十年、何百年と変わることなく季節は繰り返しているが、春は一番よい。




Img_6188・近くの神社の古木に咲いた桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/01

TR4171-SW

Img_6137・TR4171、スペアナのキースイッチが100個、届いた。
・最初は全部替えるつもりだったが、物をみてちょっとおっくうになる。
 ダメなものだけとりあえず替えることにする。
・アドバンテストのこのスイッチは古くなるとダメになるようだ。
・スイッチがダメで寿命とは残念と思ったが良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »