« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

NANA

Img_6884・なんでも口に入れる、そんなに紙がうまいかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/30

ケーブル接続

Jsb400w_2 ・各機器を接続しているケーブルの信号が解り難い、名前を各設計者が勝手に付けているのか?+BKは実態からすると+24Vみたい。パズル解きをしているようだ。電源につなぐのは怖いので+24V(+BK)に別電源をつなぐことにする、回路図を眺めるとこうしないと送信状態にならない。-BKをアースすると送信状態になるはずである。Exciter出力に50Ωの抵抗をつなぎカウンターで周波数を見ると表示周波数(メモリーとバンドスイッチの周波数)がでている。LOW、MED、FULLで順に出力が大きくなる。MIC信号も入ってないわけだか、汚い波形(正弦波でない波形)がでている。とりあえず各コネクターの信号表を作る、間違いもあるかもしれないが図面だけ見ていてもわかりにくいので作った。さて次は波形探検である。何が正しいか理解してないので、勉強しながら追いかけることにしよう。
ミス--PAの15,16Pinは13.5V 8122のヒーターである

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

特殊工具

Img_6916・TS-120用特殊工具(MODEスイッチ用)を作ってもらった。フライスのべテランに頼んだらすぐに作ってくれた。たしかにこれが無いと不便である。
 それとなくしたのでワイアーストリッパーを買う、これは結構高いが形を見るとしかたないと思う。先のボックスレンチ加工の特殊工具は100円ショップで買った9mmのボックスを削りだしたものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

ロードバイク

Img_6934・健康のため休みには自転車に乗るようにしている。15年まえに運動不足解消のため買ったものだ。自転車の良い点は、1人でもできる、運動量が調節できる、ジョギングよりカッコ良い、車の行けないところでもいける、ばらせば電車やバスにのせられる。飛行機で青森まで自転車を下げていって飛行場で組み立てて、三陸海岸を南下したこともある。今は無理だが当時は1日100Km位は走った。自転車の旅の面白さは、地元の人とのコミニュケーションである、自分の力で汗をかいて走るこれは自動車や列車の旅しかしない人にはわからないが、本当に爽快である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

EXCITER Mem

Img_6925・受信機の周波数(100K,10K、1K、100Hz)をExciterにsetする。WriteボタンををMEM基板から線を引き出しつける。BCDの信号線をつなぐ。これで受信機の周波数がsetできる。最初10M、1Mもつないでしまい、ケンカしていることが解り取り外す。エキサイターのバンドを介さなくて受信機だけでコントロールできそうだが、よく回路図を眺めるとPA部にもバンドスイッチがいっていてダメソー。ということはバンド表示をダイオードの接続で変える必要があるが、とりあえず原型で動かすことを優先する。RAMも正常のようだし一安心。
Table_2 もともとNRD-72側のPRESET INは外部からの信号(固定周波数)を受信機に入力するためにこんな名前がついているのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/26

CPM-CPU

Img_6912・当時夢中で造ったCPU基板である。デジタル回路は簡単だが、データ線やアドレス線などやたらと多いのでけっこう根性がいる。私はラッピングによる配線をしていた。お金がないのでこのような安い基板を使った。ガラスエポキシの基板は手が出なかった。このようにユニット単位で基板化してバス線をコネクター側に走らせて作った。
CPMが出るまではアドレスとデータのスイッチがありココから書き込んだ。
そのスイッチと対に発光ダイオードをつけて、動くとチカチカしていかにもなんかやっているように見えた。
Img_6907_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

PRESET IN

Img_6593・NRD-72のPRSET IN(J6)のBCD信号がエキサイタのメモリー基板の入力に使えそうなので、使ってみることにする。メモリー基板を経由しなくても出来そうだがとりあえずコネクターが手に入ったので。それとあまり手をかけず出来るだけ原型に近い形で動かさないと何がなんだかわからなくなってくる。BCDスイッチをつけるよりこっちの方が簡単そうだ。ただリレーを動かす書き込みスイッチをつける必要がある。ワイヤーストリッパーが見つからない、線が多いのでニッパーではおっくうになる。休みにでも買ってきてじっくりやろうと思う。とにかく周波数の設定をしてやらないと先に進まない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

JSB-200

Jsb200・ブログの表題と関係ない話題が多くなったので、JRC Radioに話題をもどしたい。JSB-200というのを手に入れた。船用だと思うが、概観ピカピカであまりサビとかが無い。どうも予備機見たいな使われ方で、殆ど海しぶきを浴びてないようだ。とりあえず基板を抜き取り希釈アンモニア水をジャブジャブかけて、その後水シャワーを十分にかける。シンセサイザー基板だけは差し替えてあるようで、潮風のお見舞いを受けてシールドカバー等が錆びている。他の基板と筐体はほぼ新品である。1週間室内乾燥させパネル等に自動車用ワックスをつけて磨いた。Webに改造方法があったのでとりあえずその方法でやってみようと思う。どうもシンセ基板に1ヶ、PA部に1ヶの電池でバックアップされたメモリーがありこの辺をきちっとしないと動かないことがわかる。PA部にはドアノブコンデンサーが使われていていかにも送信機という感じがする。終段部分の同調はCとLをリレーで切り替える方式でたくさんのリレーがくっついている。JSB-400もほとんど進んでないが、どっちが早く動くか楽しみ。とにかく趣味だから納期はない、気分転換にやっているので、あまり早く動いちゃうと楽しみも無くなる。(強がり、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

芝生

Img_6841・ここのところの雨と暑さで、急激に庭の芝生は緑を増した。あまり丹念に手入れをしているわけではないが、毎年綺麗な緑を出してくれる、ただ日をさえぎる建物等は無く太陽の光を十分に受けているだけである。最近は冬に種子を殺す除草薬をかけている。電動芝刈り機で刈るが真夏は1週間に1回刈らないと後が大変である。結構綺麗に見るためには何でもそれなりの手がかかる。ただ水やりはしたことが無い、適度な水分を保有する土(土地)なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

ツバメ-5/21

Img_6837・ツバメが4~5日前から卵を温め始めた、でも結構出かけていることがある、要はずっと抱いてないように見える。ここにもスズメがきて邪魔をしている。夜はメス、オスとも巣に来ている。多分順調に行けば今月末には孵化するだろう、何十年ぶりかでツバメの子がみられるか?。それと去年の巣は2ツあったが壊してしまった、どうしてかわからないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/20

母の日

Haha・次男が結婚、就職して遠方に住んでいる。でも家族を忘れずにこんなものを送ってきた、ありがたいことだ。人の心を相手に伝えるのはなかなか難しいものだが、殺伐とした世の中で素直に感謝を伝えられると清清しく救われた気持ちになる。自分がよければ良い、地域も隣人も関係ないというようなことでは世の中、荒んでしまう。会社もそうだ”ホリエモン”のように”もうかりゃ良い”金が全てだ、人の心も金で自由になる。一面事実であろうが、企業は社会に貢献することが使命だ。品のない行為、言動は自分を滅ぼす。歴史が示すように独裁者の末路はみじめなことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

CP/M2.2

Img_6820_1・マイクロソフト アソシェイツとのCP/Mの使用契約書 digital researchの代理店
記録から1982年8月のことだ。マイコンのおかげで個人レベルでコンピューターが所有できるようにようになった。結構夢中でハードを作り、OSをインストールした記憶がある。BIOSをカスタマイズしてシステムデスクを作るのがポイントだったと思う。最初はこのOSを動かすだけでかなり満足していた気がする。

Img_6824_2・実はこのCP/M上でFORTRANを動かすのが目的だった。これはビルゲイツが関係したコンパイラーだと思う。FORTRAN自体は大型計算機上で動いていたが、彼はマイコン上でこれを動かしたのだ。私が購入したFORTRAN-80は当時のお金で約10万円くらいだったと思う。自前でこれだけ出すと覚えなくてはと真剣になる。なぜこんなことしたかと言うと、当時仕事でIBMの汎用機を動かすことになり、ひそかにFORTRANでアプリケーションを書いてみようと考えていたからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

16Bitミニコン

「O-4300-.pdf」をダウンロード
・ROMをさがしていたら、出てきたもので、私が20歳台に最初にふれたコンピューター(正確にはストアードプログラム式<コアメモリー付>のノイマン型コンピューター)のインストラクション一覧表である。レジスターが少なくすっきりしたアーキテクチャーでモトローラのMC6809??に似ていた。最初はDOSもまともになく、スイッチレジスターをパチパチやって、IPLを入れて紙テープリーダーからプログラムを読み込むものだった。コンソールのキーボードからCPUのメモリーにプログラムやデータを打ち込むには、I/O命令を出してなんてマシン語で書かなければならなかった。そのうちDOSが使えるようになり、アセンブラが動くようになったときは、こんな素晴らしいもの誰がかんがえたのかと感心していた。最初のプログラムは16進数のDUMPであった、これができると一通りコンピューターとは何ぞや、ということが理解できた。なんでも世の中、仕事には関門があるような気がする。1つのコンピュータのアーキテクチャーとインストラクション、I/Oをよく理解すると、あとはなんとかなったと記憶している。このコンピュータをマスターしたことはその後の私の人生に大きな自信となったことは事実である。私はインテル8080が産業機器に利用されだした頃、この関係の仕事をやめた。いやでやめたわけでは無いので、その後Z80でCP/Mの動くコンピュータを作って遊んだ。今のマウスプチプチからすると想像できない話である。業者がきてインターネトの話になりMosaicを知っている人が殆どいない、自分が年をとった証拠であると最近思っている。http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/computer/0760.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/17

EPROM

Img_6801・約20年前の残骸である。PROMが使われている無線機のレストアをするため見つけだした。2716(2Kx8)、2732(4Kx8)である。モット古いので2708と言うのもでてきた。MS-DOSの前のCP/Mを動かすために自分で作ったZ80のBIOS ROMである。たしか8”のフロッピーデスクを動かしてCP/Mのコマンドをたたくとそれを解読して実行してくれるOSに感激した。今では考えられない時代の遺物、BIOSやブートROMは缶詰の中に入った缶切のような感覚になることがあり結構面白かった思い出がある。8”のFDが動いてA>のプロンプトがでたときの感激は未だに忘れない。ROMライターも(自作)あったがCP/Mで動くものなので今は使えない。確かこのときのコンピューターはFDの基板に猫がション便(きたない)かけて動かなくなった。いまでも探せばどこかにあるはずだ。これ以前はコンピューターはスイッチで16進数をメモリーにストアして動かしていた。どういうわけか私の生まれは世界最初のコンピュータ エニアックの生まれた年である。http://www.wizforest.com/OldGood/eniac/ 最近のコンピューターアーキテクチャーは疎いがノイマン方式は生きているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

離乳食

Img_6737・これはうまい!(もうすぐ7ヶ月)





Img_6733・こんなおいしいもの取っちゃうなんて、ウエーン!!!





Img_6753・あーうまかった、ご満悦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/15

アパートその2

Dcp00717・USAでアパートに住んだ人は経験していると思うが、台所にレンジフードがついているがこの排気口が外部につながってないのだ。日本では考えられないのだがホンとの話である。それと煙感知器が必ずついている。だから魚でも焼こうものなら大変なことになる。レンジも日本のようにガスではなく電気ヒーターである(最近日本も増えたが)、また流しいはデスポーサーがついていて屑は切りきざんで水で流す。湯は各自が給湯器(電気)をもっている。なんだかんだいってもアメリカはエネルギー大消費国であるというのが私の印象だ。風呂も洋式でお湯を張って中に入ったのは数回しか無かったが、慣れればどうってことは無く私は毎朝シャワーを浴びるのを習慣としていた。シャワーの出口が固定されて日本のようにホースが無いのも特徴だ。フリーウエーを高速で走って通勤するには眠気眼は禁物である。日本にいるとき自分で飯を電気釜で炊いたことは無かった、電気釜だけはヤオハンで買った、おばちゃんに炊き方を教わったが、心配することなく良く炊けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

NNE-401F Exciter-5/10

Hrs_1・気が向いたので久しぶりにNNE-401F Exciterをさわる事にした。電源に所定のケーブルをつなぐのは止めて別のHRSのコネクターを用意して1,2ピンにAC100Vかけることにした。いろんな信号があるがとりあえず無視。パワーオンLEDが適当に光る、メモリーが消えているのででたらめな表示をする。まず落ち着いて電圧を合せる、+5V、-5V、12Vである、メーターを見ると太い青い線があってココを指していればOKみたいな感じである。DMMで正確に合せる。次に抜かれたXtalOSCにTYOCOMのかなり古い同寸法のものを半田付けする。ひっくり返してマザーボード側で出力を調べる。CGO-204基板の2P、3Pと当たっていく、100Hz、125KHz、7MHz、35MHz一応全部でている、オシロとカウンターで簡単に確認する。その他CCF-206基板のOUTPUT TO WBAもでている。いちおう一安心、メモリーにどう書き込むかである、BCD出力の小さなロータリースイッチを用意してあるのでとりあえづこれでやるか、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

田植え

Img_6642_1・今年から農薬の空中散布が禁止されたので、苗箱に粒状の農薬を振りかけてから植えた、我が家は食用だけで供出はしていないがカントリーエレベーターで乾燥をしてもらうので、JA米相当のことをしないとダメなことになっている。トレーサビリテーと言うことで営農日誌をつけることも義務付けられている。米つくりも面倒になった。2条の手押し田植機で植えたが、乗用式が主流で今年で止めようと思っている。


Img_6630_1・減反のところにソルゴーを蒔く、H19年度からは農業政策がかわり大規模農家と集団営農だけに補助金等が支給されるようになる。要は小規模な農家はやめろということだろう今年でこの作業も最後になると思う。またこの畑は河川改修工事で近いうちに買収され土手の下になる。40年前にやはり堤防が移動して、かなりの民家と土地が買収された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

水晶発振器の特性

Img_6667Img_6592・スペアナの電池を取り替えて気分が良いので、CQ誌に載っていた水晶の試験回路を製作、測定した結果は写真のようになる。秋月の水色のケーブルを使うと並列共振の谷が深くなる。ピークサーチで周波数も直読できる、正しいかどうかは検証してないので???、測定条件をSAVEして電源コードを抜いて、しばらくしてコードを挿して電源オン、RECALLで測定条件を呼び出す、んん、ちゃんと記憶している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

TR4171電池

Img_6673Img_6664・スペアナTR4171の電池を秋葉の稲電で買ってきて取り替える。この店は素人にも親切に対応して気持ちがいい。取り替える前は電源を入れて2~4分待たないと信号が表示されなかったが、取替え後すぐに表示できるようになった、何がどう関係しているのかわからないが、すこし気分がよくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

秋葉の変貌

Img_6615Img_6617_2Img_6622_1・秋葉もだいぶ変わった旧野菜市場跡地に大きなビルが次々とできた、AKIBA SQUAREなる広場では大音響で若いおねいちゃん達が歌っている。反対側ではヨドバシカメラが秋葉の全店が入ったかと思うような広さで人を飲み込んでいく。今後electric townはどうなるのだろうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

ツバメ

Img_6626_1 ・10日ほど前からツバメがきた、最初は去年の巣のところにいたが、別の納屋の天井の蛍光灯の場所が気に入ったらしく、巣を作り始めた、よほど気に入ったらしく2羽で夜もココにいる。ここは土間だが戸がある、しょうがないから夜昼開けっ放しにする事にした。ツバメが巣を作るのは縁起が良いという人もいる、下にトラクターが置いてあるので汚れないようにビニールでもかけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

Heathkit DX-40

Dx40 Img_3910Img_3905_1・昔CQ誌に紹介が載っていてなんとなくパネルデザインが当時としてはおしゃれに感じて覚えていた、見るために買った??ものだHeathkit製なのでなんとなく安っぽい。A3時代のもので変調方式がちょっと変わっていた、日本でもよく真似ていたひとがいた。ebayで買ったのだがなぜかW7FGが出品していたものだった。自分が使っていたものか、こんな商売しているのかはわからないが。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

アパートのプール

Dcp00722・私の住んでいたアパートの部屋から見た庭である、町の中のアパートにいた、普通日本人及び金持ちは町中には住まない、小高い丘のゲート付の家に住む。私は単身赴任なので人気の感じられる町の中を選んだ、管理人のおばちゃんが日系2世でなんとなくというのも理由だ、ただこのおばちゃん一度も日本語を話さなかった。ただ日本人の血が流れているのか、結構親切にしてくれた。こういうところにいると面白い話も聞ける、あるときおばちゃんが娘が結婚して子供ができるので病院に行くと言う、あとで赤ん坊の写真を見せてくれた、一番の感心事は髪の毛が何色の子が生まれるかであったようだ、写真の子は黒い髪だった。
 写真のプールは温水でこの手前にジャグジーもある。あるとき家の息子が遊びにきた(高校生)このプールがDcp00716 珍しく、夜泳いでいたらしい、次の日に管理人がきた、お宅の子供は夕べプールで「フルチン」でおよいでいた近所の人から風紀を乱すとクレームがきたので止めて欲しいとのこと。単身であったが大きな洗濯機と乾燥機が備えてありあまり不自由は感じなかった。それと近くに牛丼の吉野家もあった、ここも日本人らしき顔した人はいるが日本語を話す人はいなかった、ご飯はいつも炊いていたが、面倒くさくなると結構吉野家を利用した、昼はハンバーグなどが多かったので夜は飯を食べるようにしていた。このアパートも私が入ってからゲートがついて赤外線の開閉用リモコンを渡された。いろいろ当時の面白い話はたくさんあるがRadioとは関係ないのでネタ不足になったら書くことにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

Fry`s

Dcp00543・話題が飛ぶが、海外のこと、アメリカといっても広いので西海岸Californiaの話である、私が良く覗いたのはこのFry‘sと言うところである。写真はSan Diegoにある店で主としてコンピューター関係や家電関係が多いが、部品や工具もおいてある、ただRF関係は少ない。なにしろ海の向こうの広い国のことなので店の中も広い。1997年私が赴任中にこの店は開店した。今は移転したようだが前のパドレススタジアムの近くだった (今はPETCO PARK)。デジカメも1メガが出たばかりで解像度がイマイチである。馬鹿チョン写真機が壊れたので日本に帰ったとき手に入れたコダックのデジカメで撮った。激動の時代なので10年前の話はうそになっていることもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »