« ラックに挿入 | トップページ | paddy field »

2006/06/15

エキサイター出力波形

     Img_0363       
・ツートーン波形をハンドセットのマイクを外して入れる。こんな波形がでる、これで良いんだったか???な、後でSSBハンドブックでも見てみよう。1500Hz差の500Hzと2000Hzのツートーンだが振幅の低い波形が見えるのが何か??音声はラジオ放送のスピーカーの音である。このピーク付近(4VPP位)で制限がかかるようである。延長基板が出来たので波形探検を出来ると思ってたら基板間の細い同軸ケーブルが短いので、この延長ケーブルも準備しないとダメである。このコネクターはどういう規格か、ちょっと調べた限りでは不明である。SMAとかSMBとかではなさそうだ。なんだかんだ簡単には進まない、いろいろ考えながらあれこれ Img_0376 「いじる」のが楽しみである。私は電子回路の専門家でもないので、1から回路を設計することはできない,出来たものを触るのが精一杯である。最近のデジタル化とソフト処理されている機械ではなにもいじれない。そういう意味でこのJSB-400はかっこうの素材である。でも動いちゃうと一安心だが逆に勉強、もとえ、遊びにならない。

|

« ラックに挿入 | トップページ | paddy field »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/10486438

この記事へのトラックバック一覧です: エキサイター出力波形:

« ラックに挿入 | トップページ | paddy field »