« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

600Ω

Img_1228_2・JRCの受信機のスピーカー出力は全部600Ωと思ってたら、全面受話器が600Ω、裏面スピーカーコネクターが4Ωのようだ。8Ωのスピーカーをつないだら、普通に音が出た。スピーカー端子用プラグ(HS12P-2)と容量30Aくらいの電源ケーブルを買ってこないと。次はUSB、LSBの切替えかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

MB3712

Img_1577・壊れたMB3712パワーアンプIC、取り外しはうまくいったが、新しいICを挿して半田付けしたが、うんもすんも音がしない。よく見ると部品の表面に半田が浮いてこない、よくつけようと半田ごてをあてると、半田面のラウンドが浮いて取れてしまう。なんじゃこれはスルーホールがいんちきくさい、部品面から半田を当てて何とかOKとなる。私の半田の温度が悪いのか?よくわからんが、ちょっとガッカリする。受信してみる、電源はトランス式でノイズは出ない、わりと静かだ、しかし信号があるとちゃんと聞こえる。よく聞いているとAGCがうまく働いていないようだ。Sメーターも殆ど振れない。一難去ってまたかよ!!なんかいじり壊しているみたいでやな気分だが、もうすこしだ、ガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

古道具

Rekishi・昔の道具が雨ざらしで置いてある。せんばこきはさすがに使っているのを見た覚えが無い、利根川が近いのでこれにかかわった道具は結構ある。川舟は10年ほど前までは私が生まれてからづっと浮かべてあった、親父に川舟を新造してやって3年くらいで病気になり他人に売ってしまった。残念だが私も船のおもりをする時間も取れないので売ることに承諾した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

水族館

Img_1550・孫と水族館に行った。見るより鯉にえさやるほうが面白いらしく、中の展示はあまり見なかった。





Img_1570・今日のお気に入りはこれ、水族館はどうでも良かったみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

水洗い

Img_1535・この機械はあまり汚れていなかったので水洗いしてなかった。やはり気になるのでアンモニア水をスプレーその後シャワー、今まで何回も水洗いはしたが写真をとったのは初めてである。今回は何も取り外さなかった、いつもはメーターぐらいは外している。タバコのヤニや普通のゴミ汚れは綺麗に落ちる。これで1週間乾燥させればOKである。乾く前に電源を入れると間違いなく壊れる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/26

Skype

・海外出張者との連絡にSkypeをsetupした。ただより安いものは無いから、ずいぶんと品質もよくなりインターネットの音声伝達も本格実用できるようになったようだ。利用者を見てみると630万人と表示されている。

「skype.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

ThinkPad T23

Img_1531・パソコンの画面の右がおかしくなってきた。IBM T23というもので4年くらい使っているものだ。画面1400x1050の初期のもので少々くたびれてきたようだ、Windows2000がはいっているが一度もインストールし直した事は無い。そういう面では安定していたのかなと思う。HPをのぞいたらLENOVOに変わっていた。タワーレコードが潰れたり、世の中IT革命が確実に進行しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/24

車輪

Img_1385・2年前納屋を壊して車庫にした、私が小さい頃使った馬車(実際は牛だったが)がばらしておいてあった全部捨てるのも忍びないので車輪だけ取っておいた。これは小さいほうだが、大きいのも2つある。50年くらい前まで使われていたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

24V-OK

・昨日の12V直列24V電源は一応使えるようだ。ただ2つの電源のスイッチはONにしたまま、1個でON・OFFできるスイッチをつけないと使いにくい。それと両方の電圧を12Vに正確にセットして簡単に動かないようにしないといけない。ノイズは無くきれいに受信できたが、、600Ωトランスのついたスピーカー差込を間違えて電鍵の所に差してしまった。あわてて受話器のところに差し替えたが音が小さくなってしまった、はたして何が壊れたのか?、せっかくうまくいったと思ったのに残念。直していて壊してしまうことが結構ある、注意。あとダイオードが大きくどこに置くか?である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/22

24V電源

Img_1523・トランス式の直流電源2ヶを直列接続して24V30Aを得ようと考えている。スイッチング電源はあまり好きになれない。残念ながら私に技術が無いから使いこなせないのだ。24Vのものはあまり無いし、あっても高い。大きさを気にしなければ2個直列が安上がりと考えたがうまくいくか、お楽しみ。


Img_1519・電源ONのタイミングがずれても遅れた側の電源保護にダイオードを入れる。100Aクラスのもの、これは規格不明だがM8のネジを見る限り大電流用だろう、いいかげん!!
・PD2008は日本インター株式会社の製品で800V、200Aのことが判明
http://www.niec.co.jp/products/power_module/diode.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

幸せの世界-夢の中へ-

Img_1490・昨日の続き孫の話、船の科学館内では動くもの、要は自分で触れるものに異常に興味を示し、夢中になり、あちこちかけ歩き最後は迷子。案内の係につれられてインフォメ-ションデスクへ、この辺に来るだろうと待っていたので直ぐに合流。「面白くって、、どんどん行っちゃった」とは本人の弁、ベンチに座ると直ぐにおもちゃをご開帳、もう夢の世界で他はおかまいなしである、行動が本能のおもむくまま、素直て言えば聞こえは良いが、いいかげん。でもこんな時代が誰にもあるだろうから、とあきらめる。

Img_1511・お盆を過ぎたのに熱いのでプールも混雑していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

IC7800

Img_1475・ピンボケ写真だが、南極観測船 宗谷の無線室のようす、右側はHam用の機器だ。孫が夏どこにも出かけてないというので、午前中ハムフェアのジャンク屋、午後 船の科学館に連れて行った。



Img_1465・孫(小1)が7800をさわっていたら、ICOMの人が来て、「将来はHamすか?」なんて声かけてた。残念ながら本人はおもちゃを触っているつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

HP200LX

Dcp00569・PDAの話がでたので、HP200LXのことにふれたい。このPDAがあることは知っていたが買って触ったのは1997年USA赴任中である。ただありきせのを動かしても面白くないので閑に任せて、いろいろなDOSアプリを動かしてみた。DOSなのでインターネット環境とグラフィックに弱いのが欠点、だがDOSの軽さと、電池のもちは天下一品である。今は3代目を持っているが使用頻度は減ってしまった。故障ではなく落としてケースを割ってしまう事が多い。USA赴任中はこれとLinuxで閑なときは遊ばしてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

SL-C860

Img_1413・SharpのPDAでOSはLinux、使いみちはテキスト文書の作成、internetのブラウジング、メールが主だ、Fullキーボードがあると言うことで買った。無線LANカードをさして寝転んでインターネトできる。640x480の画面で一昔前のパソコン並だ。新幹線で大阪まで文字書きしても大丈夫。あとLANカードで会社のLAN接続ができUnixマシンにLogonできる。時計の精度が非常に悪い、ソフトでタイムサーバーと時々同期させている。コンパクトフラッシュとSDカードがさせる。あとword、Excelのファイルがそこそこ読める。SL-C760はすこし不安定だったが、このSL-C860は割かし安定していてフリーズすることは殆ど無い。カレンダーの予定表が電源オンでHP200LXのように直ぐ使えない。それと明るい昼間は外では画面が見えない(みにくい)。しかしこの手のマシンはソニーが撤退したのでHPとこれしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

基板抜き

Img_1406・基板を抜くための工具、電源とAF基板の間に刺さっている。なくなっている人のために寸法は63x10x1.5tで出っ張り1.5x3である。出っ張りを基板の穴に挿してこじるが、きついと板が曲がる、ちょっとプロ機の工具としてはチャチである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

みょうが 茗荷

Img_1383・真夏になると茗荷がでる、家の周りにも誰が植えたか茗荷がある。刻んで漬物に混ぜてもよし、大きく切って卵とじもよし、こういうにおい物は好き嫌いがあり、一般的では無いが私はこの手の者は好きだ。この他、春は「せり」なども湯がいて醤油をかけて食べるとうまい。田舎で麦飯と漬物の貧乏暮らしを強いられたのでどうもうまいものは口に合わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

Img_1400・今年は穂が出るのが10日くらい送れた、やっと実が入って穂が頭を下げてきた。小百姓にとってはそろそろ決断のときがきたようだ、もう政府は保護・支援をしないといっている、集団営農組織ができて請け負ってくれればよいが、採算に合わなければやりてはない。私の時代はなんとかなるが、次の代は小農業なんて買ったほうが安いんだからやらないだろう、荒廃した農地をもとにもどすのは大変だ、でももうすぐ草だらけの農地が増えるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

ガバボウ??

Img_1379・正式名称は私は知らないが、子供の頃から「ガバボウ」と呼んでいる。庭に池がある、今は枯れ山水で水は張ってない。以前水を張ってあるときスイレンをいけておいた窪みに、いつのまにかこの植物が生えている。沼や荒れた水田などに多く自生していると思うが、庭にあるのは珍しいと思う。以前よくサギが飛んできていたことがあるので、種を運んできたのだろう。親父が生きているときは、庭も綺麗にしていたが、最近荒れて手入れをしていないと言うことの表れかな、言葉は便利なもので、これを自然と言えば聞こえが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

盆棚

Img_1374・お盆なのでいつものように盆棚をつくる。竹を取ってきて「ほうずき」をつける、ミソハギを10本くらい束ねて、芋のはっぱにナスを切ってその上に置く。私が子供の頃から続く風習である。都合で午前中に墓場にお盆さまを迎えに行く。八畳間に1間巾でお盆を飾れるような場所が造ってある。墓に行って気づいたことだが当家は石塔が1個しかない、他の墓を見るといっぱいある、3代目の分家なので親戚も少ない。本家は10数代続いているのでつきあいが大変らしい。何が良いのか解らんがこればかりは自然の理に従うしかない。

Img_1376

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

雑感

・仕事で一番大変なのは、多数の人で構成され組織で動く活動体、とくに「ものづくり」の現場でプロセスを替えることだ。理想論は誰でも書けるが、現実は感情のある人の集まりである、理論どうりに動かない。ここにリーダーシップの難しさがある、いくら良い考えを持っていても人が動かなければどうにもならない。普通の会社は18歳から60数歳までの多種多様な人間の集合体である。それぞれ価値観も違う、人生観も趣味も人それぞれである、このような中で共通の目的に全員を向ける力が管理力であろう。わたしもリーダーの端くれとして人の前で話をしたとき、いつも思うのは、話し終わってなるべく多くの人が、よしがんばるぞと職場に着いてくれるには何をどう話すべきか、考える。これは難しい、バカ何いってんだいと思われたらおしまいだ。そうだからといって心地よい話ばかりしているわけにはいかない。気つけているのは悪い話を1つしたら、必ず良い話も1つしようということだ、それと最近は正直にうそをつかない、公平にと考えている。神様じゃないので失敗もするでも正直にあやまれば良いのだ。長年世間を歩いているといろいろな経験をする、商売でも必ず腹黒い人間もいるものだ、でも正直に清々堂々と生きているのが一番だ。うそをつくと、うそのうそをつかなければならなくなる、これは大変なことだ。また悪いことをすれば必ずいつか自分に返ってくるものだ、世の中うまく出来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

Tek 465B

Img_1346・日曜日暑いので思わず、オシロの水浴をする、使ってない465Bを、最初アンモニア水をかけて思い切り水シャワーの後油汚れ部にシンプルグリーン、そしてまたシャワー、ずいぶん綺麗になった。1週間陰干しして動かしてみよう。でもテクトロの部品はいいもの使っている、さすが測定器と思わず見入ってしまう。



Img_1354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

PLC

・いやなニュースだ、パナソニックがPLCモデムを今秋売り出すという。HFがそこらじゅうノイズだらけにならなければよいが、、、いまさら妨害電波を撒き散らすことは無いと思う、光ケーブルが主流になるだろうからこっちに力を入れたらいかがなものでしょうか?メーカーさん、お役人様<-ラジオおじサンより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

EV664

Img_1316Buchanan Hammerの異名を持つマイク、「664spec.pdf」をダウンロード Buchananは地名、たしかに重い。ebayで買ったがそのときついてた仕様書。値段はピンキリだが、ヤフオクほど高くはない、くすぶっているやつでも、だいたい厚いクロムメッキなので磨き粉で磨けばピカピカになる。
「Stands.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

516F-2

Img_1312・重い電源、コンデンサーを全部取り替えた。整流管もダイオードとしたため中高圧が高目になっている。この電源を見ると、とたんに古い機械と感じる。変なスピカ-が2個入っているがオリジナルは電源だけだと思う。KWM-2、32S3で使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

SB-301

Img_1276・「オーロラの彼方に」FREQUENCY (私は見てないが)に出てくる無線機ヒースキットSB-301。AFが歪んでいるが混変調に強い、真空管リグ、LMOと呼ばれるVFOは割と安定している。collinsと比べるとダイアルメカ等はちょっとボロイと言う感じ。3.5MHzの同調がやけにクリチカルである。コンパクトロンで3ヶの真空管が1個のガラス管に入っているものが使われている。またベークのプリント板が使ってあり安っぽい。ただシャーシーとケースはアルミである。この時代のはTRIOの機械と周波数設計が同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

いたー

Img_1247・感情を出して遊ぶようになった、とにかく足はよく動かすがハイハイはまだ出来ない。気持ちだけは伝え歩きしたいようだがまだ無理。ただじっと寝ていたり、座っていたりでなく動き出した。今の出生率で2100年に日本の人口は半分になってしまうそうだ。老人ばかり増えて働く人がいなくなる。人口が減って栄えた国は無いそうだ、この子が大きくなった頃日本はどうなるのだろう・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

312B4

Img_1270・スピーカーと進行波、反射波の検出器が入っていて切り替えて読み取れる。2、000Wまで見える。また電話線をつないでフォーンパッチもできるようになっている。メーターの目盛り板が腐食されてちょっときたない。collinsについて私ごときがああだこうだコネテモ始らないので持っているものの写真を乗せてみた。安く、早くの物作りが流行っている昨今、質感、技術者のこだわりを持った機器はなかなか見当たらない。私もメカ屋のハシクレなのでそういう目でcollinsを見るとおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

SN74185A

Img_1287・SN74185を注文して、取り替えた、結果は1~24まで正常にチャネル表示するようになる。別に何も関係ないが、ちゃんと表示したほうが気分が良いだけ。このICはあちこち探したがココしか無かった。SN74XXの標準は初期のもので物によっては入手が難しくなっているようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/03

NCSA Mosic

・VPNのソフトを入れて会社のネットワークに入れるようになった。最近のブロードバンドと言われるインターネット環境は仕事の環境までも一変させてしまう。VPNが確立すればLANのハブにコンピューターを接続したのと何ら変わらない。しごとがら、FTPサーバーや安い、早いサイボウズ(リモートサービス)などを使っていたのでなんか「いまさら、、と言う感じ」だが、便利だ。ただ裏腹に危険も伴う、こういう時代になると最後は人のモラルにいきつくのではないだろうか。Windows3.1の時代に一生懸命、インターネット環境を作ろうとして苦労したこと、UNIXでMorningStar PPP を高いお金出してインストール、NCSA Mosicの(X Window) 画面が出たときの感激、IIJの接続料金が高く感じたこと、10年前の話だが遠い昔のように感じる。あまりにも進歩が早いからだろう。ところでかの有名だったNetscape CommunicationsのMarc Andreesenはどうなったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

KWM-2

Img_1266・日本で品物を受け取ったが、売り手はコネチカットに住むアメリカ人。このラジオを保管していた人(日本人で女の人)に$100渡してくれとのことづけどうり、1万xx円を渡して手渡しで受け取る。後で計算したら高速道路代が高く、道を間違えたりしてかなりの料金を払いUSAからUPS等で送ってもらったほうが安かったかもしれない。薄汚れていたが磨くと結構見られるようになる。聞いた印象、結構感度がいいな、そして歯切れが良い音がする。受信はよいが送信はまだ未調整。312B-4、516F-2もついていたセットである。2000年の夏頃入手した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

32S3

Img_1262・パネル面が綺麗、完全に調整してない。PTOは分解注油してある、もう何個も分解したので組み立てもなれた。部品を無くさないように箱の中に入れて、ウエスを敷いてやるのがコツ。シンプルグリーンをスプレーして風呂場でシャワーを思い切りかける、シャーシーがピカピカ輝く、これが病みつきになり、次のを買うことになる。プラスチックの箱の機械とは全く違う質感、性能がどうかは私にとってあまり関係無い。見て楽しむのだ??でも807のハイシング変調のA3自作機をやっと造った(技量も無し、お金もなし)貧乏な時代、指を咥えて眺めるのがせいっぱい、こんな時代をすごした私にやはりCollinsは近くで見てみたい、触れてみたい機械だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »