« 放送局型第十一号受信機-5 | トップページ | 新しい送電線鉄塔 »

2007/04/12

放送局型第十一号受信機-6

Img_4446Img_4422・「昭和16年8月製作」の感電ラジオが再生できました。スピーカーに耳を当てるとブーンとハムが聞こえますが、良く鳴ります、驚いたことにダイアル目盛りぴったり50でラジオの「真ん中TBS」が聞こえます。真空管57のプレート電圧を計って見ると16V位です、バイアスは6V位です、これでちゃんと聞こえてます、こんなもんですか?。箱はオリジナルですが中身はCR、コイル、配線は新品です。最初ダンマリなので調べたら57のヒーターが点いていません。真空管の足の半田不良ですね、付け直してOKになりました。箱の横に電源スイッチがあります、ロータリー式のスイッチでなかなか使いやすいです、難を言えば箱の前板がベニヤ板で安ぽい感じなことです、箱の4辺は貼ってありますがムク板です。裏蓋は薄い4mmのベニヤ板ですね。それと電源コードが黒の布打ちが無くコタツ用の白い点が入ったものになっちゃいました。少々ひずんだ音で、「大本営発表 12月8日未明 連合艦隊は、、」なんて聞こえてきそうです。JRCとcollinsで始まったブログがいつのまにか木の箱のラジオになっちゃいました。ST管で止めてナス形には行かないようにしょう。

|

« 放送局型第十一号受信機-5 | トップページ | 新しい送電線鉄塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放送局型第十一号受信機-6:

« 放送局型第十一号受信機-5 | トップページ | 新しい送電線鉄塔 »