« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/31

Img_5202・TS-700Sのサービスマニアルが送られてきた、これって結構高価なものですよね。以前回路図をさしあげた方からのお返しとの事だ。最近商売(会社)、及び近隣の人付き合いであまりいいこと無い(いやな思いをすることが多い)、このようなとき親切にこのようなものをいただくと、なんか救われたような気持ちになります。世の中いろんな人がいます、特に人間の性と言おうか、「隣の家に蔵が立つと腹が立つ」というように、他人の幸せを口ではよく言っているが、どこか面白くなくつっかかる人が多いものです。私自身も同じ人間ですからそういう点も持っていると思う、でも趣味の世界(仲間)はほんとにいいですね。私は哲学者ではないので「幸せとは」、「正しいとは」なんていわれても良くわかりませんが、60年生きての教訓、公平、嘘をつかない、自然体、これが私には一番良いと思っている。嘘をつくと、その嘘のうそをつかなければならなくなる、これは疲れる、また悪いことをすればいつか必ず自分に戻ってくると思うし、自分が疲れてしまう、やはり自然体が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/30

ツートーンジェネレーター

Img_5234・久しぶりにIC基板を組み立てる、チップ部品は使ってない、年寄りに親切なオーデオ用ツートーンジェネレーターである。PICが2個使われており、16進スイッチで500Hzから2200Hzまで100Hzおきに周波数を設定できる優れもの、普通にCRを使った切り替えだったらこんなコンパクトにはできない。周波数の精度はそれほど必要ないが調べて見た、1000Hzが1002HzとCR発振に比べて良い、SSBトランシーバーの調整には必須のものだろう、綺麗な両面基板は見て美しいですね、これから箱を加工して組み込む予定、親切に穴あけ用のテンプレートが付いてますのでドリルとヤスリがあれば簡単にできると思う。発売元

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/29

ソルガムを蒔く

Img_5262・減反の田にソルガムを蒔く、なんだかちょっと暑すぎ、30度もしている、まだ5月なのに、確認が6月末なので、そのまま1ヶ月放っておくと草だらけになる、蒔いた証拠を少し残して耕すしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/28

ゴミ掃除の日

Img_5254各戸1名以上出て約1時間で終った,小学校の先生も2名応援にきてくれた。小さい部落なのでゴミも少ない、それと以前とくらべてゴミも減ってきた、ただよその町から来て土手にゴミを捨てていくバカモノがいる、今回もゴミの半分はこれである、困ったものだ、自分の家、自分の周りは綺麗にし、他のところはゴミ捨て場という考えだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/27

取水制限

Img_5250・今年は他人に植えてもらったので1株の本数がだいぶ多い気がする。田植え後大風が吹いたので心配したが大丈夫そうだ、渇水で取水制限をしているようだ、24H用水ポンプが回っていない。水位の調整が気に入ったようにするのに何日かを要する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/26

ツバメの御宿

Img_5211・ツバメの御宿になりました、車庫の屋根裏に2箇所巣があります。なんか良く見かけると思ってたら、いつのまにか出来てました。新しい家が好きなのですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/25

薄型テレビ

Dvc00005・仕事で東京国際フォーラム(有楽町)に出かける、この建物も変わった空間がある。会議、会社説明会、展示会、等など企業や団体が利用者だ、専用に造られたスペースなので都心とはいえ静かである、時間調整でビックカメラを覗いて見た。入ると大型薄型テレビが迫ってくると言う感じだ、2011年のデジタル化に向けてずいぶん売れていると思える。それとどれを見ても綺麗であまり差が無いと思う、その中で松下の103”プラズマはさすがにでっかい、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/24

US版骨董市

Dcp00294・市、骨董市、などというのが日本にはあるが、USAにもこれに似たようなものがある(Free Market) 、この写真はCalifornia州SandeigoCountyのEncinitasという小さな海よりの町での風景である。この日は通行止めで、道いっぱいに店がでる、このときはラジオなんて全く興味が無かったので、見てないが案外おいてあったのかも知れない。やはり装飾品や置物などが多かったと思う。(1997年1月撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

ダイアル糸目的は束線縛り

Img_5197・ラジオのダイアル糸と耐熱電線である、ダイアル糸(φ0.7)の目的は束線縛り用でダイアルに使うわけではない。どうもあのナイロンの穴を通して引っ張るやつタイラップは昔の機械には似合わない、とは言っても昔の蝋の塗ったような糸は見つからない、ダイアル糸が結構縛りやすいのでこれを使うことにした、なんでも目的を達すればよいが、品位や雰囲気も気にすると結構大変だ、しかしこのへんなこだわりが趣味なのだと思う。へら鮒つりがグラスロットでなく手造りの竹ざおで釣るのに似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

土手も緑に

 Img_5154_1 Img_5153・お散歩、一人で上れました、駆け足で登ったのでちょっと疲れました、土手も緑になりました、レンゲも咲いてきれいです。何の気なしに菜々ちゃんの手を見たら私と殆ど同じ手相でびっくり、隔世遺伝かな、、右手が百握り、左手も良く見ると切れているが近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/21

マジックアイを取り付

Img_5123・同調状況がわかるように中国製横型マジックアイを取り付けた¥1、300-で6E5より格安である。なんだか知らんがやけに局発の安定度が悪い、2KHzくらいずれるようだ、何が悪いのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

4号線の鉄橋

Img_5110・栗橋の4号線の鉄橋が新しく作られている、栗橋も堤防強化でかなりの住民が移転することになる、道の駅やスーパー堤防構想も浮かんだが普通に強化堤防になるようだ、これに先立っての鉄橋工事だろう。だいぶ高く作られていることがわかる。県央道ができるとずいぶん橋が多くなる、経済発展のバロメーターかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

余裕のビル

Dvc00017・新丸ビルから見た東京駅、新しいビルができ、ショッピングモールだということでちょっと覗いて見た、ウイークデーのPM2:00頃だった、珍しいのか、おばちゃんの団体が多い感じがした、中はさすが丸の内の最新ビル、すごい一流という感じがした。広さ、余裕、デザインどれをとってもさすがと思う、この界隈は三菱グループで占められているようだ、隣の丸ビルも見てきたが結構な余裕で私のような田舎者には贅沢に見えた。2つのビルとも、イス、ソファーがあちこちにあり、ただ売るスペースだけでは無い、日本も一流になったかなと思いながら帰った、10年程前アメリカで本Dvc00010 屋に入るとイスがところどころにあり座って見られるのですごいなと思ったが、それ以上の余裕だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/18

世界に類の無い特攻隊

・石原慎太郎脚本指揮の「僕は、きみのためにこそ死にに行く」(http://www.chiran1945.jp/ ) をみてきた。世界に類の無い特攻隊で死んだ若者達を描いたものだ。今の同世代の人が見てどう思うだろうか、興味のあるところだ。制空権も制海権も失い、待ち構えるグラマンの群れとVT信管付き(VT信管の威力)の機銃掃射の中に突っ込んでいった若者達、最後はアメリカ海軍から「七面鳥狩り」といわれていたようだ。無駄な抵抗と解っていても行かなければならなかった様子が良く描かれていた。戦争は恐ろしい、人間の常識を狂わしてしまう、平和な時代に生きていると、これがあたりまえで過去は、特に自分が生まれる前に起こったことは忘れてしまう(喉元過ぎれば熱さを忘れる)、しかし歴史は繰り返すという、だが戦争は繰り返してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/17

別のところに巣を

Img_5117・ツバメが別のところに巣を作りました、前の場所にいるツバメは卵を抱いています。2年前も写真の場所に巣を作ったが、卵を落としてしまい小鳥は生まれなかった。もしかすると今年は2箇所で子ツバメが見られるかも、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/16

赤い花が咲きました

Img_5074・名前はわかりませんが庭に赤い花が咲きました。死んだ親父がそこらじゅう植えまくったので、なんだか解らんものがいっぱいあります。それと小鳥の糞の中にあるタネで草木が増えることもあるようです。


Img_5084 だれが買ってきたのか、こんなものが玄関に、、ここしばらく休みも無く、夜も無く、仕事なので、家の様子も良くわからん、、ちょっと疲れ気味です。
*カルミヤと言うらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/15

365日毎日書きました

・皆様当ブログを見ていただきありがとうございます、1年間365日毎日書きました。なんでも続けることは簡単ではありません、どうして続いたかですが、ひとつは私自身が60歳という節目の年だったこと、周りを含め結構変化が多かったことだ。何を書こうか迷ったことは余り無い、ほんの1~2回だけだっAccess た、それと「公開日の指定」機能を良く使ったことだ、実は、1週間分を30分ぐらいで作ってしまうこともあった、多分この機能が無かったら毎日は続かなかったと思う。ブログの題名とかけ離れた記事が多いと思うがアクセス解析を見ると図のようになる、やはりラジオに関するアクセスが多い、ルートはgoogleから入る人が多いようだ、検索ワードはJRCがNO,1でしたNo,2が です。最近普通のラジオいじりが多くなり、JRCのプロ機は触ってない、JSB-400のUSB改造もCYTEC JE1AHW 内田さんにご教授いただき回路図が出来て部品も集まったが、なかなか手がつかない、ブログの題名に恥じないようガンバロウ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/14

あたり前なこと

・虎ノ門に出張した、帰りは上野発7:00くらいの宇都宮線下りに乗った、そこそこに混んでいた、さいたま新都心で座れた、大宮で80歳近い老夫婦が乗ってきた、私の3つくらい横に若い女性が座っていた、その前に腰の曲がった杖を持ったおばあさんが立った、なんか座りたそうに見えたので私が席を立って「おばさんどうぞ」と譲った。おばあさんはうれしそうな顔をして「ありがとうございます」といって座った、おじいさんも「どうもすいません」と私に言った、私は恩着せがましく譲ったわけではないが、2人に感謝をされた。私が久喜で下車するとき、2人ともまた「どうもありがとうございました」と言った。別にどうってことない電車の中のことだが、あたり前なことが珍しくなったのかなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

トカゲさんも木登り

Img_4801・暖かくなりトカゲさんも木登りです。銀杏木も毎年からぼうずに刈り込んでしまう、でも元気に葉っぱを出す、すごい生命力だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/12

セットより高い部品

何の世界にもマニアはいるものです、[未使用  トリオ IFT T-30  455kc] \15,600 円,なんですかこれ???、最近のヤフオク、いくら真空管ラジオブームとはいえIFTは3000~4000円のジャンクラジオに付いてます、他にバリコン、コイル、真空管、等々部品として使えます、ホコリと錆びを掃除するのがいやでなければの話ですが。トリオの青箱にデータシートといっしょに入っているのが良いのでしょうね!値段は需要と供給の関係でつくので何も言いませんが、、、、ブリキのおもちゃを何十万で買う人もいるわけですから不思議じゃないのかも!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

四角でない畑

Img_4812・堤防改修工事による買収でできた四角でない畑、左側が買収された部分、右側は残った部分である、一応田圃だったのでこのような畦を作ってくれた。四角でない畑があちこちできて農作業はやりにくくなる。お国の事業なので皆協力している、家は42年前にも河川改修で田畑をだいぶ取られた、このとき取られなかったら、今ごろ私の仕事は「お百姓さんごくろうさん」である。人生なんて解らない、中学の頃は杉戸の農学校に行けと言われていたのだ、良かったのか、悪かったのか私は解らない。でも親が私を育てるために一生懸命守った土地なので私が生きてるうちは作物は作らなくても荒地にはしないつもりだ。どこかの石碑に農魂不滅って書いてあった、わたしは百姓に入れ込んでいるわけでは無いので、なんか作れるものがあれば作るし自然体で行きたいと思う。写真の畑は42年前河川改修で家を取られた人がこの地を去るとき売りに出し我が家で買った畑である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/10

石楠花

Img_4917・石楠花は今年はダメかなと思っていたら、意外と立派な花が咲いた、何種類かあるが、咲く時期が違う、いろいろ植えておくと永い期間楽しめる。これは10年ほど前、鹿沼の石楠花園?で買ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/09

たけのこの皮に梅干

Img_4785・我が家の竹林は3年程前全て切ってしまった、これは親戚からばあさんがもらってきたものだ、これもあまりうまいものではないが、季節感のある食材だ、昔、食糧難のころたけのこの皮に梅干を入れてしゃぶったことを思い出す。当時を思うと、犬猫の餌が、スーパーにズラリと並んでいるなんて考えられない。私は物心ついたころ石鹸を作っているのをみたり、イオウを溶かして「点け木」といってマッチの補助的役割をしたものを作るのをみたことがある。当時はもちろんミソ、醤油は自家製で油はタネ菜を栽培して絞ってもらった、味噌を作る麹も家で作った。貧乏だけど、金があれば何でもできるなんて目の色変えている人はいなかった、いい時代でした、何がタケノコと関係あるか?って、んん、、、、どうでもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/08

松の緑つみ

Img_4767・松の「緑つみ」をする、連休にかけてうまいタイミングでつまないと大変だ、時期を逸すると手でつめなくなる、余り若いと2度つまなければならない。手が松脂で真っ黒になるが手袋をするとうまくつめない。庭に松ノ木が7~8本あり結構大変だ、これを怠ると樹形が保てなくなる。目がいくつか出ているとき真中はもとからつみ、周りは半分つむとか言いますが、元気がいい木は余り気にせず取っちゃいます、元気のない木は少し長めに残すようにしているだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/07

スモークパネル

Img_5034・連休なのでいたずらで、スモークパネルにバーニアダイアルをつけてみた。ST管が良く見えていかにも真空管ラジオという感じになる。整流管はダイオード(1007 1000V-1A)をバナナチップにハンダ付けし、普段は代替してある。必要に応じて、いつでも差し替えられる、ダイオードだとB電圧が上がるようだが気にしない、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/06

田植え

Img_5015・苗育てと田植えはやってもらった、手前が高くなりこの後土を田んぼの外に持ち出す。100m x 40mで自動冠水となっているため、この田圃だけ作っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

子供の日-全員集合

Img_4901・全員集合、孫3人が初顔合わせ、今の子供は細い子はなかなか見かけなくなった、私が育つ頃は細い青白い子供が結構いた。貧乏人は麦飯を食えの時代だったのである。外孫は6ヶ月前に生まれたが初めて抱いた。子供は来てもらいたいようだったが、遠いと出かけるのも億劫である、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

局発用トロイダルコア

Img_4877・ラジオ少年より購入した、五球スーパーの局発用トロイダルコアである、動かないようにボンドで固定したが、まだ乾いていないので白い。指定の巻き数で巻いてLメータで約220μH位であった、指定のバリコンで受信するとBCバンドはほぼ受信できた。トラッキングは指定バリコンの調整トリマーでは容量が小さくなって不安定。電源トランスもラジオ少年のものだImg_4850 が電力増幅管が42だとかなり熱くなる。6Z-P1だと殆ど熱くならない。ラジオおじさんは連休なので、また1台作ってしまった(びょーき?)、なぜかST管五球スーパーが増えてきた、ただいまのところ3台完動である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/03

圏央道が通る予定地

Img_4845・圏央道が通る予定地の標識がある、これが通ってインターチェンジができると町にもだいぶ変化が起こるだろう。用地の買収は済んでいるようだが、何時できるのか、、、利根川の橋もだいぶお金がかかるだろう、生きてるうちにできるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/02

ツバメ-巣の修繕

Img_4885・ツバメが去年の巣が欠けたところ(自分で壊した)を補修した。夜になると2羽泊まっている。今年も間違いなく産卵すると思う。下にトラクターが置いてあるので糞害を逃れるためビニールシートをかけた。先日の大風で戸のガラスを割ってしまった、ツバメさんには好都合だが雨の日に吹き込みがあるのではと思う、直すかどうか思案中、開けっ放しだと、野良猫が入って子供を産んでしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

ミニスーパー堤防

Img_4831・中之島公園の「こぶしの木」も綺麗な緑の葉っぱをつけていた。この写真のように関宿城を入れるのが定番のようだ。五霞町側の堤防も整備され公園に入れる、土手はミニスーパー堤防のようになっていた。


Img_4842

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »