« 権現堂調節池 | トップページ | 憧夢公園 »

2007/09/19

安倍首相退陣とメルマガ

小泉首相が始めたメルマガを安部さんも、やってました。こういう公式の発言では本当の突然の退陣理由はわかりません。やはり誰が見ても、疲れた顔をしていたことは事実です。次々と下さなければならない重要な判断に対して精神的に持たなくなったのだと思います。それと本当の意味での相談相手(側近)も不足していたのではないでしょうか?上に上るとある面では意外と孤独なのかもしれません。小沢さんが会談に応じないからと言うことが、が引き金になったように伝えられているが、そういうこと言う総理もおかしいし小沢さんも一国の総理からの話を簡単に断る。これもいかがなものかと思う。
 首相が職を辞するタイミングとしては誰が見ても適当な時期とは思えません、それをわかっていて決めたことでしょうから、かなり追い詰められた状態だったのでしょう。いずれにしても後継を直ぐに決めないと政治・経済・国際関係がストップしてしまいます。福田さん、麻生さんのどちらかの様ですが、演説を聴いている(TVで見ている)とお二人とも元気ですね。やはり政治家は我々凡人と覇気が違いますね、2人とも緊急事態だなんとかせにゃと思っているようですからだいじょうぶでしょう.。

9月13日に配信された最後のメールマガジンです。
--------------------------------------------------------------------
【安倍内閣メールマガジン 第46号】改革、テロとの闘いを前に進めるために(2007/09/13)
● 改革、テロとの闘いを前に進めるために

 こんにちは、安倍晋三です。

 内閣総理大臣の職を辞することを決意いたしました。

 7月29日の参議院選挙の結果は、大変厳しいものでしたが、改革を止め
てはいけない、戦後レジームからの脱却の方向性を変えてはならない、との
思いから続投の決意をし、これまで全力で取り組んできました。

 また、先般のAPEC首脳会議が開催されたシドニーにおいて、テロとの
闘い、国際社会から期待されている、高い評価をされている活動を中断する
ことがあってはならない、なんとしても継続していかなければならない、と
申し上げました。

 国際社会への貢献、これは私の「主張する外交」の中核であります。この
政策は、なんとしてもやり遂げていく責任が私にはある。こうした思いで、
活動を中断しないために全力を尽くしていく、職を賭していくと申しました。

 テロとの闘いを継続するためには、あらゆる努力をする。環境づくりにつ
いても努力しなければならない。一身をなげうつ覚悟で、全力で努力すべき
と考えてまいりました。

 そのために、私は何をすべきか。

 局面を転換しなければならない。これが私に課せられた責任であると考え
ました。

 改革を進めていく、その決意で続投し、内閣改造を行ったわけですが、今
の状況で、国民の支持、信頼の上で、力強く政策を前に進めていくのは困難
である。ここは、けじめをつけることによって、局面を打開しなければなら
ない。そう判断するにいたりました。

 新たな総理のもとでテロとの闘いを継続していく。それを目指すべきでは
ないだろうか。今月末の国連総会へも、新しい総理が行くことがむしろ局面
を変えていくためにはよいのではないか、と考えました。

 決断が先に延びることで困難が大きくなる、決断はなるべく早く行わなけ
ればならない、と判断いたしました。

 無責任と言われるかもしれません。しかし、国家のため、国民のみなさん
のためには、私は、今、身を引くことが最善だと判断しました。

 約1年間、メルマガの読者のみなさん、国民のみなさん、ありがとうござ
いました。

 この間にいただいた、みなさんの忌憚のないご意見、心温まる激励を、私
は決して忘れません。

 私は官邸を去りますが、改革、そしてテロとの闘いは続きます。これから
も、みなさんのご支援をお願いします。(晋)
--------------------------------------------------------------------

|

« 権現堂調節池 | トップページ | 憧夢公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/16484551

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相退陣とメルマガ:

« 権現堂調節池 | トップページ | 憧夢公園 »