« まるで雪 | トップページ | 庭の草花-1 »

2008/05/12

ブルーな日

R3361r ・恥ずかしながら、ちょっとブルーな日になりました。スペアナR3361がどうも不安定なのでベース部をばらして目視点検してました。特に異常がみつからないので組み立てました。!!!う、電源が入りません。!!よく見るとユニット間の接続ケーブルを基板でかんでしまったようです、写真の緑のシールド線です。ICの足が食い込んだ感じ。バラスとシールド線がむけてました。ICの足が針のようにいっぱい出ている基板の下を通してしまったのです。気をとりもどし線の通り道を変え電源を入れました。ランプが全部点灯してCRTが真っ暗!!!!ありゃー、、ガクときました。基本にもどり電源電圧をチェック、全部チェックしてませんが、、基準Clockがでているか?、、出てますね10MHz。これ以上は信号をおいかけられません。後で冷静になって見ることにしました。何とか直ることを祈って。回路図がありませんので苦しいです、あっても解りませんが。感ですが、高周波部を触っていたのでロジック部(CPU関係)は壊れてないと思ってます。やはりこういうことするのは10年早いようです。ガックリ、、、、一番金かかってるのにーーー。

|

« まるで雪 | トップページ | 庭の草花-1 »

コメント

やっちゃいましたね。ご愁傷様です。他人に貸して壊されるよりはいいですよね。測定器いじりで何が怖いかというと自分で壊しちゃう危険性が高いことですね。

スペアナみたいな大きな装置だと、ユニット切り離し診断法で故障ユニットを切り分けるとかできそうですし。希望を持っていきましょう。

投稿: Gan | 2008/05/12 01:23

あー南無阿弥陀仏!

49日がきて閻魔様が極楽行きならず、元に戻れと言ってくれるのを待ちましょう。
普段悪いことしてると地獄行きですが、、そんな悪いことした覚えありませんから、なんとかなるでしょう。

投稿: Yukio | 2008/05/12 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーな日:

« まるで雪 | トップページ | 庭の草花-1 »