« ショッピングモール | トップページ | クズ屋回り »

2008/08/24

Marconi RX1A

Rx1a・ハムフェアで気になった受信機です。Marconi RX1A という、ドラムに周波数を書くようだ。8万円とかいう値段で売り出すようだが、観衆は、そんな値段で儲かるの、と心配していた。当の開発者はどうしてもやりたかったそうだ。この時代にこんな企画をして作っちゃうのはすごいです。是非成功するよう応援したいです。受信機は性能が全てですからこちらがどうなるかです。CWの送信機も同様のデザインでありました。SDR全盛のような時代にオーソドックスな昔の構成の受信機のようです。

|

« ショッピングモール | トップページ | クズ屋回り »

コメント

ハムフェアに行かなくてよかったw。

通信型受信機は作ってみたいもののひとつだったりします。

海外のOMの人とかも昔のような受信機をどこも作らなくなったと嘆いてましたね。

TRIO/KENWOOD R-1000とかAM放送がFM放送と聞き間違えるぐらいに音が良いし。

YAESUのFRGシリーズは内部ノイズが低くてDX向きだし。

チューニングノブが無い受信機はいくら性能が良くても使いたいとは思いません。

真空管式もダイナミックレンジが大きいので魅力的。でもメンテナンスする自身が無い。

30年もたったので関連特許とかも切れたでしょうね。

投稿: Gan | 2008/08/24 19:21

そうですね、昔の素直なラジオが音は自然です。最近10数年前のKenwoodのラジオTS-870(DSP)というのを手に入れて聞いてみましたが、どうもなじめません。私のところは半分以上真空管のラジオです。現在はどこでもノイズが多いので、その対策をしないと厳しいでしょうね。私のように眺めて楽しんでいる人は別ですが、、

投稿: Yukio | 2008/08/24 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/42250641

この記事へのトラックバック一覧です: Marconi RX1A:

« ショッピングモール | トップページ | クズ屋回り »