« リニア屋さん | トップページ | 中国ラジオ(辛口批評)-2 »

2009/03/01

中国ラジオ(辛口批評)

De1103_2・DE1103という中国のラジオ、マニアには有名らしい。ボタンが小さくて操作性はいまいち、最初電源が入らない。ACアダプターも電池もダメである、困ったなと思いつつRESETボタンをツマヨウジでつつくと入りました。だいぶ品質が良いとの評価なのでケースを見回す、表もよく見ると一見良いが繊細さにかける、張りの無いデレっとした仕上がりである。側面、バリがでている、PLがつぶれてスキっとしてない、ということでよく見ると外観は二流品です。日本ではラジオは作ってないでしょうが、中国製でも日本メーカーのものは日本人の感性で誰かが評価しているのでしょう。スッキリ感はあります。虫眼鏡でみて評価するのと30cm離れて目視判定の差ですかね。この辺は国民性の問題ですからどうしようもないです。
ラジオとしては普通に聞こえます。短波AMラジオ放送はなにがあるかも良くわかりませんが9~12MHzあたりで聞こえます。FMはそこそこの音で聞こえます。ハムバンドのSSBはちょっとかったるい感じです。値段が1万円以下ということで、こんなもんかと納得する。

|

« リニア屋さん | トップページ | 中国ラジオ(辛口批評)-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国ラジオ(辛口批評):

« リニア屋さん | トップページ | 中国ラジオ(辛口批評)-2 »