« 桃まつり | トップページ | モーターサイクルショー »

2009/03/28

ケースキットに

・Marconi TRX1A、しばらくぶりにHPを見てみましたら、トランシーバーのケースキットになったようです。まあ回路をいじっている人は多いがケースを企画する人は確かに少ないでしょう、期待してましたが私的には残念です。この業界も収縮してますから、商売(金儲け)は厳しいかも。collinsやハーレーダビットソンンのビジネスモデルのような考え方が良いような気がします。collinsは軍用で発展したからちょっと違うか。それとも日本版K3?外野は何とでも言える!!この方は好きでやっているのだと思いますので、こういう考えは通用しないと思いますが、、、

・タイトルに関係ない話、、チョッと話が逸れますが同業(≒)の して1ヶ月が経過しました。同社のHPで見られる民事再生申し立てのお知らせを見ますと、原因はお決まりのアメリカのサブプイムローンの崩壊に端を発した世界恐慌云々、、、要は外的要因と説明してます。私はいつも思ってますが、自分を棚に上げて他の要因をだすのは経営者としては??と思ってます。今期業績の悪化した企業は表向き全て同じ理由をつけているようです。こういう理由が付けられてほっとしているところもあるんじゃないでしょうか?
歴史はよく分かりませんが南米のペルーに昔インカ帝国がが栄え金銀財宝が山のようにあったそうですが、少数のスペイン人?に簡単に滅ぼされてしまいます。相手が強い、戦術が云々いろいろあったと思うが、決定的要因は内部崩壊であると言われている。中がしっかりしてないと、外敵に侵略されるとあっさり負けてしまう。
資本主義は繁栄と恐慌を繰り返しているわけで、いまに始まったことではない。常にこういう事もみながら総合的に、人物金+情報を操つり目的達成に向かうのが経営者の仕事だ。会社はバランスが重要で技術にいくら優れていても、これだけでは繁栄はしない。いくら金儲けが上手でも人の褌で長くは相撲はとれない。いくらかっこいいお化粧をしてもバケの皮はいつかは剥がれる。いい会社はうまく経営資源をコントロールしている。特に最近は情報収集分析を十分しているところが多いのではないでしょうか。規模は違いますが、あの巨人IBMが生き残っているのは変化への対応力のすごさだと言われている。随分力を入れたハードデスク部門をあっさり日立に売ってしまう、パソコンThinkPadはレノボに売る。時代の流れを読み思い切った決断をしている。IBMニュースによると2009年03月17日IBM、任天堂「Wii」向けCPU累積出荷5千万個を突破 IBMはこのたび、任天堂株式会社の家庭用テレビゲーム機「Wii」向けのマイクロプロセッサーの累積出荷が5千万個に達したと発表。なんかIBMじゃなくIGMですね、恐竜は地球環境の変化に対応できずに滅びた。これからは急激な変化への対応力(判断力)をもたないと企業は生き残れないだろう。

・トヨタの渡邉社長は米ミシシッピ州の新工建設を当然のごとく進めたが、いまだに稼動してない、この責任は大きい。大政奉還の理由はここにもある。車が売れて売れて、世界一なんて騒いでいる時に浮かれちゃいかんと誰も言わなかったんですかね、あの大トヨタで。結果を見てからなら誰でも言える、ということですかね。企業はわりと確率の高いバクチ?をしているようなものだ。ん 、、、

あまり書きまくると似非評論家と言われますので、、時間もよろしいようで、、、この辺で退散。

|

« 桃まつり | トップページ | モーターサイクルショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/44470991

この記事へのトラックバック一覧です: ケースキットに:

» 世界恐慌起こる [オヤジの趣味は、ゴロ合わせ♪]
歴史年代・地理・政治経済・雑学など、主に社会科に関するゴロ合わせを多数紹介しています。 歴史年代のゴロに関しては現在、年表を作っておりますのでどうかご活用ください。 もし、ご自身のブログに無関係だと思われましたらお手数ですがこのTBは削除してください。 [続きを読む]

受信: 2009/04/01 09:41

« 桃まつり | トップページ | モーターサイクルショー »