« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

名前の話

・名前は親が付けるのでどうしょうも無いが、かわいそうな名前もある。
女で「間瀬照子」=”ませてるこ”なんてのもかわいそうです。「有馬せん」ってのもチョッととぼけた名前です。親もいい加減な名前をつけると子供は馬鹿にされます。
男では「今雄三」、この人が兵隊さんになって上官に名前はと聞かれ「いまゆうぞう」といった。早く言えといわれ、また「いまゆうぞう」と言った、ふざけんじゃねーとこっぴどく怒られた、という話は有名です。

もっとひどいのがあります。私の高校の同級生で「章=あきら」という名前の人が居ました。あるとき何でそんな名前をつけたのか親に聞いたそうです。そしたらいっぱい子供が出来て飽きちゃったから「あきら」にしたんだって言われたそうです。何人兄弟か聞いたら8人いていちばん最後って言ってましたから本当かもしれませんね。子供が多い生めや増やせの時代は親も面倒なので一郎、次郎、三郎、、、、なんてのも結構多いです。
名前にまつわる話は結構あります。もう時効だから書きますが、前に私のところに来ていた派遣の女性が「じゅんこ」て名前でした。メールアドレスを決めるのにjunko-xxx@xxxって決めたのだが、間違ってjをとると「UNKO-うんこ」だねって言ったら。えらい勢いで怒られました。

急にまじめな話 
明治安田生命で調査している最近の名前の傾向は下記だそうです。 

名前 2008年順位 2007年順位
大翔 1 (1)
悠斗 2 (5)
陽向 3 (40)
陽菜 1 (4)
結衣 2 (4)
3 (1)

この時代の変化にピットきますか、それにしてもどう読むのか(読ませるのか)わかります?
大正時代からのベスト10が載ってます、時代とともに変わる様子がよく分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/29

外部10MHz入力切替付加

Nrd92extclk ・NRD-92の外部クロック入力。基準発振器の安定度を見てみると気温により10Hzくらいは平気でずれます。外部からGPSの基準10MHzを入れられるようにしてみた。もともと基板(マザーボード)はNRD-93と同じなのでスイッチをつければ簡単に改造できます。本体にBNCのコネクターの穴を明けてやれば本格的で綺麗なのですが、写真のようにアングルを取り付けてやると本体は無傷で改造できます。気に入らなければいつでも元に戻せます。ただぴったりのレバースイッチが見つからなかったので裏蓋を外してスイッチで内部・外部を切り替えるようにしました。スイッチを取り付けるところのパターンには内部クロックを利用するためのストラップ線が張られてますので、これを取り外してスライドスイッチを取り付けます。古い機械は風化して半田の乗りが非常に悪いので要注意です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/28

静かなときは

Doronana1 Doronana・ななちゃんと田んぼの藁を燃やしました、おとなしく遊んでいたので、めずらしいな?、、と思って行ってみたら、、ごらんのとうり体も着てたものも埃まみれ。家に帰って風呂に入り洗い流しました。
元気はつらつ、楽しい菜々ちゃんに一曲歌ってもらいましょう。
「とんぼのめがね_2009_09_27.mp3」をダウンロード

とんぼの めがねは
水いろ めがね
青いおそらを
とんだから とんだから

とんぼの めがねは
ぴか ぴか めがね
おてんとさまを
みてたから みてたから

とんぼの めがねは
赤いろ めがね
夕焼雲

とんだから とんだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/27

デザインが斬新

Ikiwonomu ・ODYSSEYを子供が買って乗っているのですが、内装デザインが斬新で息を呑んじゃいます。TVカメラが四方八方についていて死角をなくす装備があるようです。おじんはこういうの見ると引けますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/09/26

夢の中へ

・経験から電子回路の修理は次の順で行うことにしている。

1、電源 各電圧が正常に出ているか?
2、Clock、基準発信器  正常な周波数・振幅で発振しているか?
3、信号の伝播順 IN、OUT 
  あとはそれぞれの状況で信号を追いかけることになる。
4、それからとりあえず各部を、目でよく見ること。これ以外と重要

ところが1,2をパスして始めることがある、うまくいけば良いがつまずくこともある。やはり基本は確認したほうが目的に早く到達する。結果を見るとたいがい「急がば回れ」なのである。
そして解らなくなったら、とりあえず原点に帰り基本を確認する。動作原理も解らず、回路もろくに読めない私が直すのは大変なことなのです。
道具はデジタルテスターとオシロ、カウンター等です。あまり熱くならずにゲーム感覚でやることにしてます。解らなくなると休憩です。短いと数時間、長いと1年と気の向くままです。ただなんとか直そうという心だけは持ってます。
趣味ですから納期が無いのが救いです、だから何でも怖がらずにチャレンジできるのです。納期の厳しい、今の直し屋さんはチェンジニアでしょう、基板、アセンブリーごと交換でポイ捨てだと思います。そのほうがはるかにコストがかからないでしょう。こんな楽しい遊びは趣味でしか成りたたない世の中なのです。
民生用機器やアマチュア用機器はプロ用に比べて一般的にチャチです。プロ用は見ていても楽しめます、特に古い機械のメカなんか感心しちゃいます。ということでプロ機にはまって います。性能や使い勝手はどれをとっても最新機器にはかなわないと思います。今の機械はデジタル化でさわろうにも手がでません、悲しいかな、これが古い機械をさわる本当の理由です。
連休に姪っ子が2人隠れ屋にきて「なにーこれ」と目を白黒、、あなたに解らなくてもいいんです、ゴミでもいいんです。私にとって楽しいお宝で、これを触ると夢の中へ、、、なのです。

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

さるすべり道り

Sarusuberi ・大利根町の豊野台工業団地には「さるすべり道り」という名がついた百日紅の植わった通りがあります。夏はきれいな花を見せてくれます。これって結構高級な植木だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/24

遊覧船-東京

Fune51 Fune31 Fune1 Fune2




・東京豊洲は「ゆりかもめ」の終点です。IHIの工場付近が大きく開発されています。孫が船に乗ったことが無いということで、遊覧船に乗りました。レインボーブリッジも下から見るのは初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

鼻から外れたマスク

Nanasekiguchi ・休みで東京に出かけました。ママにマスクをして行けといわれたということだが、鼻から外れたマスク????ななちゃんは大真面目だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

ピカチュウの塗り絵

Nanatoyopet ・ピカチュウの塗り絵、車の点検で車やさんに行きました。塗り絵があったので遊びました。途中からお姉さんがてつだってくれました。おかたずけもできて、おりこうさんでした。
連休で皆遊びに出かけたようで、車やさんは空いてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

ザリガニ VS 犬

Zarigani_2 ・ザリガニ VS 犬、ハサミを上げて威嚇してます。小川の横の散歩道にときどき上がってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/20

NRD-2K 72H連続テスト

Nrd2t72 ・安定度をみるためNRD-2の72H連続テストを実施した。いくらかダイアル表示がズレた感じですが、順調でした。ただ0,1バンドしかやってません。あと各バンドの水晶発振器の周波数あわせをやる予定です。バンド切り替えした時できれば”0”SETを動かしたくありません。455KHzのIFとバンドパスフィルターの調整は楽しみに取っておきます。やはり通信型受信機でSメーターが無いのはなんか不便です。それとIFフィルターが1KHz(メカフィル)と6KHz(LCフィルター)だけしかありません。ハムバンドのSSB受信には2.7~3KHzく_nrd2_2 らいのメカフィルが欲しいです。SSBを1KHzで聞いて見ましたが高音がカットされますが何とか了解できます、騒々しい時はこのほうが良さそうです。AM放送は6KHzで大変綺麗に受信できます。VFO、BFOの発振周波数安定度は計測してませんがSSBの受信で実用上まったく問題ありません。八重洲のFRDX-400やTRIO(Kenwood)TS-510トランシーバーと同時代のプロ機ですがやはり周波数安定度は真空管なのに素晴らしいです。VR-150MTなんて定電圧放電管がついていてなんとも懐かしい機械です。北海道のとある漁業無線基地局で使われていた機械で、わりと綺麗なラジオです。
追記:PTOの1MHz幅の調整、左回し->増加、右回し->減少

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/19

枝下ろし

Edaorosi ・樫の木の枝が伸びてボサボサとなったので思い切って下ろしました。枝はすぐに燃やしてしまいました。生でも意外と勢い良く燃えます。今まではリヤカーに乗せて遠い空き畑に運んで乾燥させて燃してました。生垣は良いですが結構手がかかります。この物置も屋根瓦が崩れて雨漏りが始まりました。農業用に使っていたのですが用途が無くなりそのうち壊す予定です。昔コンバインの無い時代はここに刈り取った麦や稲をいれて脱穀機にかけたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/18

火天の城

Katen ・西田敏行主演の映画「火天の城」みてきました。織田信長が登場して戦闘シーンがまったく無い映画です。安土城を築城した実在の宮大工、岡部又右衛門と仲間、家族の姿だけを描いた映画である。今風に言えば築城の入札プレゼンテーションがあり、信長の吹き抜けをつけるという仕様を変えて提案して採択される。妻、娘役の大竹しのぶ、福田沙紀の家族の絆がよく描かれています。今のお金で1000億円といわれるお城もわずか3年で火災で焼失たそうです。遡ること430年前の実話です。CGも使われているのでしょうが、大工事の様子がよく分かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/17

雑草の天国

Kusa ・先日栃木県小山に行ったときですが、線路に草が生えていて、そこに電車が止まってました。[JR]両毛線(高崎~小山)、[JR]水戸線(小山~友部)どちらかだと思うが、なんか寂れた田舎駅のイメージですね。
夏は草が所かまわず生えてきますが、東京駅八重洲南口のバス発着所の道よりの区切帯にもペンペン草がたくさん生えてました。
埼玉県和光市の理研に行く道もかなりのものでした。こういうのは地域の人が動かないとダメなんでしょうかね。カルフォルニアのように水をくれないと植物が育たないところならいいのでしょうが日本の夏は程よい湿りと暑さで、雑草の天国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/16

ボートピア建物工事

Boatpia1 Bortpia02 ・ボートピアの建物の骨格ができました。券売場と事務所になるのか結構な面積です。ROUND1が隣でお遊びスポットになります。全国の競艇券売場でしょうから結構オープン日は多くなると思う。一攫千金を求めるファンは待ちどうしいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/15

お兄ちゃんの運動会

Photo Photo_3 ・12日(土)はお兄ちゃんの運動会でした。あいにく雨で大変でした。ママが朝早く起きて弁当を造ってくれました。午後からは止んで順調に出来ました。見る場所は部落別に区切られています。私の部落は小学生が1人、家だけで寂しい限りです。「枯れ木も山の賑わい」ということで少しの時間顔をだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/14

そばの花の季節

Photo ・そばの花の季節になりました。今年は雨が多く作付け者は苦労したようです。ソバは水に弱いので大雨で畑に水が溜まると枯れてしまいます。減反の田圃に奨励している作物なので奨励金も高いということもあり作付けが増えてます。ただこれも売れなければ成り立ちませんので難しいところです。販売網として道の駅がありだいぶ様相は変わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

真空管ラジオレストア-4

Ptoajust ・1kHz目盛りがかなりずれている(”0”SETで針を動かしても合わない)ので、ざっとPTOを調整してあわせました。

1、100KHzのCALIBRATE信号をカウンターであわせます。
  (調整用バリコンの真ん中で100KHzとなりすごい設計だなと感心する)それにしても当時のケース入り水晶貫禄ありますね、どうだという感じで付いてます。マニアルにはJJYと”0”ビートと書いてあり、当時を偲ばせます。
2、BFOを中心が455KHzにL205であわせる。
3、CALIBRATEをON、BFO ON
4、ダイアルを回して1と9の位置ででゼロビートになるようPTOの1.5mmの六角穴ネジを回して合わせます。(1MHz幅の調整)
5、1の位置と9の位置で交互に調整する。
6、調整できたら、ダイアル”0”が中心になるようカップラーのイモネジを緩めてあわせる。

これが正しい調整法かどうか解りませんがほぼ1KHz直読に調整できました。本家collinsより簡単に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/12

黄金の波

Kogane Karitori ・今年は刈り取りも頼んでしまいました。コンバインが壊れてしまったからです。去年倒れたので我が家の田圃は肥料を25%減らしました。雨が多かったので隣の田圃は倒れちゃいました。肥やしは難しく、この時期にシャキっと立っているようでは収量が少ない、多すぎると倒れてペタンコになる。本当はもうすこし遅く刈ればよいのだが、人に頼むと贅沢は言えない。収入”0”趣味の百姓ですから、小さいのでも400万円もするコンバインは買えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/11

真空管ラジオレストア-3

6u8ng・昨日の修理後、また同じ状況が出ました。要は直っていなかったようです。今度はオシロで信号を追いかけて見ました。1st LOCAL OSC 真空管V103 6U8の劣化で発振しない時がありました。交換したら安定で綺麗な波形になりました。40年間ご苦労様でした。やはり理屈で直さないとダメですね。

6u8ng 音が出なくなるのでAF->IF->RF 各OSCの順でさかのぼりましたが、犯人は割りと速くわかりました、状況が長い時間でてましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/10

真空管ラジオレストア-2

Nrd201 ・放送バンドのTBS 954KHzが聞こえないのでいろいろ見てみました。確か最初は聞こえていたと思いました。取説を良く見てみました。ANT ATTENUATORを左に廻しきるとスイッチが入ります、そうするとLPFが効き535KHz以下だけを通過させるようになっている。長波の受信時に強力な放送波の混変調をさけるために付いているようです。従って普通はATTを左に回してスイッチの入る寸前で止めておく必要があります。このようにするとTBSも快適に受信できました。これって始めての使用者には結構間違いやすい操作です。
テスト受信しているとスピーカーから音が出なくなることがあります。筐体を叩くとまた音が出 ます。なんだろう、、バラシて回路を追ってみました。送信時のBK信号を受けるコネクター(J203)に外部スピーカーの端子が割り当てられてます。コネクターの配線を見てみました、1本外れてます、そして線が剥けて他の端子に接触してます。とりあえず使わない信号なので線を外しました。これで安定動作してます。私の機械はBKのON、OFFスイッチがありまNrd202 す。これは単に送信機からの信号を入れるか入れないか切り替えているスイッチのようです?。この部分だけ回路図に載ってませんので良くわかりません。送信時のアンテナ入力をアースするリレーは電源が全て送信機から供給されるようになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/09

夜の蝶?

Chouchou・散歩の途中で見かけた蝶々です。あまり見かけない色です、夜の蝶?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/08

KAINZ Mall

Kainzmoal_2 Kainzmall2 ・9月の連休前に各店が開店するようです。大利根のカインズモールです。4号線沿いのベーシアはどうするんかなと思ってましたが、こちら大利根のほうは小規模で食料品だけのようです。今のベーシアは家に近く便利なので、あっちに移ったら遠いな、と思っていたが両立させるようです。それにしても大型モールが多くなりました。買う者には良いですが、何時かは競争で落ちこぼれるところも出てくるのではと思います。この店全部が土屋グループなんですね。「消費者の期待に応えたところだけが生き残り」と言ってますが、まさにそのとうりでしょう。

・お客の満足
・取引先の満足
・社員の満足

なかなか難しいでしょうがこういうことが達成できる企業は理想的だと思います。利益を出さない企業は生き残れませんが、自分だけ儲かればよいという考えの企業は滅びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

真空管ラジオレストア

Nrd2k3 水洗いしてしばらく放ってあったので、点検することにしました。Nrd2k1 1969年製造ですから40年前に作られた真空管ラジオです。
RF-GAINのVR、RV-203 1KΩにかなりひどいガリが出ていたので交換しました。ボリュームの取り付けネジ径が合わないのでリーマを通して穴を少し大きくしました。
分解マニアルに書いてあるツマミを外しましたがパネルが取れません、結局ほとんどのツマミを外しました。緑に塗った4本のネジを外せと親切に書いてあるが、1本非常に外しにくいです。
Daialwindow ダイアルの窓が無いので、アクリル板を切って写真のように接着しました。形状が難しいので紙で型を取り貼り付けてニッパーでチヨコチョコと成形しました。割とうまくいきました、ピカピカの新品になりました。針も真っ赤に塗装しました。まだPTOの周波数合わせはしてません。パイロットランプも殆んど切れてましたので交換しました。終わってラジオのスイッチを入れたら14MHzでコンテストのCQが聞こえてました。SP-101を通して録音したものです。3mくらいの針金をアンテナとしてつけただけです。
「NRD-2-14MHZ-contest-_2009_09_06.mp3」をダウンロード   IF帯域は6KHz LCフィルターの音です。いやコーヒーカップが汚れていて綺麗じゃなくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/06

Nicolas de Angelis - Quelques Notes Pour Anna

・綺麗な美しい音楽は気が休まると感ずる人は多いと思うが、そうでない人もいるのだ。私のうちのおばはんは「うるさい」のだそうだ。世の中には鈍感なかわいそうな人もいるのです。「鏡の中のアンナ」という曲です。


     





-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

安全対策

Jsb550apower ・電源裏側の高圧接続部分はかなり隙間があり危険を感じたのでカバーをつけました。アルミの30mmアングルを買って来て切って取り付けました。こんどは誤って手を出しても高圧にタッチすることはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/04

Z3801A(HP58503A)

Hp58503a Hp58503a ・4年程前、USAの大放出で求めたZ3801A(たしか$250+送料)が壊れてしまったのでHP58503Aという互換品を入手しました。電源は入ってません、ハンドルもついてません。中身はZ3801Aとほぼ同じで概観がHPになってます。ただCPUインターフェースは始めからRS232C DB-25です。同じSATSTATでモニターできました。やはりでっかいダブルオーブンの発振器は安Satstat 心感があります。仕様「HP__58503A.pdf」をダウンロード に発売時正規品 $5400と書いてあります。写真下のZ3801Aパネル型にくらべコンパクトになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/03

鳩山民主党への期待

・怒涛のごとくとはこのことか、衆院選での民主党の圧勝。自民の大物が若い新人にバタバタなぎ倒された。主要新聞の社説に目を通すと、どれも自民への失望、変化を求める国民の選択と見ている。要は鳩山由紀夫-民主党が信任されたわけではない、むしろ政策における評価は低いという。
国家戦略局を置いて役人を動かすことを考えているようですが、慣れない人が急に新しいやり方をしても巨艦日本丸はそう簡単には舵をきれないと思う。えらいお方がたくさんおられる訳だからそんなことは百も承知だと思うが、組織を作って規則を決めさあ動けと言っても、官僚だって頭の良いプロがやっているわけだからそうハイハイとはいかないでしょう。まあ長い間、各省の官僚がそれぞれの分野の計画をして予算化して、はいどうぞとやっていたわけでしょうから、もう来年度概算要求は出ているでしょう。八ツ場ダムひとつをとっても、もう立ち退きしている人もいるわけで、工事業者の入札がどうのという段階まで来ちゃったのでしょう、そう簡単にはいきませんよ。今までは野党で批判、揚げ足取りで済んだでしょうが、これだけの票を集めると国民の目は厳しいとおもう、期待が大きいわけですから。期待に答えるようにやらんと反動は大きいと思う。
なんか目先のことばかり多く、なんとか手当ても良いが、要は国が繁栄して、そこで働く人の収入が増えることが根本的解決策です。手当てを出すということは税金から出すわけでしょう。借金を増やし孫子に付けを回すのは止めたほうが良いと思う。
消費が増えれば企業も繁栄する、という理論も一理ありますが、どうなんでしょうか。国がやつれた企業のような目先だけの自転車操業では困ります。よくロングレンジで10年、、、、100年後までを考えてやってください。それが国を動かすトップの仕事です。いずれにしても鳩山丸が動き出すわけです、民主の名前のように民衆が主となり、平和で末永く繁栄する国を目指してください。小泉、安部、福田、麻生首相と、言いようによっては官が主の目茶目茶な政治をやってきたのを正してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/02

今年のすすき

Susuki2009・秋です「利根のすすき」もそれなりに出てきました。子供の頃、十五夜にススキを一升瓶にさしてお月様に上げました。
十五夜は「カキどろぼう」の思い出があります。今は亡くなってしまった隣のワルガキ同級生と、ある家の大きな柿の木に上ってカキどろぼうをしてました。するとそこの親父が柿の木の下に来ました、見つかると大変ですから、息を殺して柿の木にしがみついていました。するとその親父はジヤージャーと大きな音を立てて立小便をし始めたのです、そして一発「ブー」と大きな屁をしたのです。おかしくても笑えずこらえていました、親父が行ってしまって木から下りたときの安堵感は今も忘れません。50年前の出来事です。つまらん事は忘れないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2mm2に変更

700w_2 ・シングルトーン送信時交流電流計でAC供給電流を計ると18A流れてます。ACの入力接続線を調べたら1mm2しかない。2mm2に変更しました。すると700W以上出るようになりました。装置はボトルネックがあるとそこで性能が決まってしまう。全体のバランスは重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/01

NNE-551N EXCITER-5 <+5Vリップル>

・秋風がさわやかな季節となり問題解決にチャレンジすることにしました。+5Vのリップルが出るのは何故か?ということでだいぶ遠回りをしました。追いかけ方がまづかった。反省反省。とりあえず簡単な実験をしました。

10vac2 10vac ・AC10.5VをトランスT3の11,12ピンから直結でNNE-551N EXCITERのダイオードブリッジに結びました。結果ダイオード出力がC4 10000μFの点で測定して11.67Vと電圧降下がなくなりました。ここが6.2Vしかなかったのです。
波形を見ると(1V/div)想像されるきれいな鋸波形が出10vac1 てます。
10vac4 +5Vのリップルもきれいに消えました。直結してしまえばこれで完了ですが、レストアですからどこが悪いのか追いかけて見ようと思います。まづ真ん中から切り分ければ簡単。言ったり書いたりするのは易いが実際やるのは大変であります。落ち着いて楽しみながらやろうと思います。電源も隣は怖い2200Vがありますから。


図面を追いかけて見ると長い旅路です。
T3 11,12->F3-5A(5Aヒューズ)

             ->6PCKD00166C J2 8,7 PS Control基板in

             ->15+27,16+28 PS Control基板out

ケーブル ->J114(PS)15+27,16+28 Junction Board

       ->J115(EXT)2+13,3+14  Junction Board

ケーブル ->CFJ-710A(J1)2+13,3+14 Exciter Jack

             ->J4 AB19、AB18->P4 1+2,3+4 Line Filter基板

             ->J11 1+2,2+3->ダイオードブリッジ
となってます。見てるだけで疲れてしまいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »