« 枝下ろし | トップページ | ザリガニ VS 犬 »

2009/09/20

NRD-2K 72H連続テスト

Nrd2t72 ・安定度をみるためNRD-2の72H連続テストを実施した。いくらかダイアル表示がズレた感じですが、順調でした。ただ0,1バンドしかやってません。あと各バンドの水晶発振器の周波数あわせをやる予定です。バンド切り替えした時できれば”0”SETを動かしたくありません。455KHzのIFとバンドパスフィルターの調整は楽しみに取っておきます。やはり通信型受信機でSメーターが無いのはなんか不便です。それとIFフィルターが1KHz(メカフィル)と6KHz(LCフィルター)だけしかありません。ハムバンドのSSB受信には2.7~3KHzく_nrd2_2 らいのメカフィルが欲しいです。SSBを1KHzで聞いて見ましたが高音がカットされますが何とか了解できます、騒々しい時はこのほうが良さそうです。AM放送は6KHzで大変綺麗に受信できます。VFO、BFOの発振周波数安定度は計測してませんがSSBの受信で実用上まったく問題ありません。八重洲のFRDX-400やTRIO(Kenwood)TS-510トランシーバーと同時代のプロ機ですがやはり周波数安定度は真空管なのに素晴らしいです。VR-150MTなんて定電圧放電管がついていてなんとも懐かしい機械です。北海道のとある漁業無線基地局で使われていた機械で、わりと綺麗なラジオです。
追記:PTOの1MHz幅の調整、左回し->増加、右回し->減少

|

« 枝下ろし | トップページ | ザリガニ VS 犬 »

コメント

私も2~3年前にNRD-2を入手しました。大変興味深く拝見致しました。 私の機会はケースに汚れとさびが有りましたので、塗装を破がしてスプレーで再塗装しました。ヒンジも錆でダメイジを受けてますので、交換。
シャーシの1部にもさびが有ります。(出力トランスの 
ケースとその近くのシャーシ部位に)アンテナを接続して やおら 受信。各バンドの低い方が受信出来ません。 カムにもうっすらと錆が有りまして 移動して
ません。CRCで取り敢えず 動く様にしまして解決。
八重洲のFRDx-400と聞き比べをしましたが、NRD-2
の方が良く聞こえる様な感じを受けました。
やっと手にした受信機への(ひいき目)でしょうか。
Sメーターが欲しく成りました。IF出力から信号を取って、本体の加工はしたくないので外付けに、と考えて居ます。 取り扱い説明書にしたがって、BFOの調整 TPOの調整 恐る恐る終了。
周波数は驚くほど安定しているので、さすがプロ機?
出力トランスのタップを8Ωの端子に移動。
CWはVY FB ですが、SSB受信はチョット不便。
6Kcでは広すぎ、1Kcでは狭すぎ、考え中です。
今後各部位の電圧チェックなど、その他、しばらく
楽しめそうです。 感度調整の方法に迷って居ます。
取り留めも無い書き込みで恐縮です。
錆落としにも困って居ます。何か良い方法がないものかと、悩んで居ます。 いろいろ 悪戯の結果を、、、

投稿: hamstation | 2010/07/01 15:18

横レスすみません
錆落としですが、バイクのタンク内の錆落とし材ってのが市販でありますよ、これ使うと錆錆タンクもきれいになります

投稿: sj30sin | 2010/10/09 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NRD-2K 72H連続テスト:

« 枝下ろし | トップページ | ザリガニ VS 犬 »