« 燃費最低期 | トップページ | スタジオジブリ »

2010/01/28

266文字の教え

Hannya ・266文字の教えが般若心経である。いろいろ考えることありこれ読むことにしたり、というわけです。人間は弱い、ただ本をみたり、師に教わったりする知恵をもっている。別に仏教が好きなわけでもない、ただ迷ったら昔の人の知恵を借りるのも良いことだと思う。般若心経を訳すとかそういう興味はさらさら無い。その道の専門家が誰でもわかるように書いた事を読むだけだ。難解な哲学書は読む気がしない。これは般若心経を基にして生き方を平易に述べているので解りやすい。あまり深く考えると疲れるので素直に納得するようにしている。考えようで本は安いたった¥ 1,365でいろんな知恵が得られるんですから。 いつも世俗まみれの世界で生きていると、たまにはこんな世界も見てみたくなります。[般若心経―人生を強く生きる101のヒント 公方 俊良 (著) ]

|

« 燃費最低期 | トップページ | スタジオジブリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 266文字の教え:

« 燃費最低期 | トップページ | スタジオジブリ »