« へんろ1-まとめ | トップページ | へんろ2-0日目 »

2010/10/16

へんろ2-自転車

・「へんろ2」は10/23(土)再スタートすることにしました。当初21日を予定していたのですが航空券が取れませんでした。寒くなっちゃうのでこれで今年は終わり、最後は来春3月末あたりにするつもりです。
 
 「チャリへんろ」にとって、自転車は要です。特にロードの場合変速比とクランク長さが気になります。特に坂が多いので力の衰えた「じさまチャリへんろ」にとって低速域でのこまめな変速が要求されます。こだわりが無ければ押して上った方が早いところは多いです。
 いろいろな理由で自転車も換えることにしました。新しいものは全ての点で古いのに比べ四国向きです。変速も後10段と今は当たり前なのでしょうが20年前のポンコツ(7段)に比べると格段に進歩、特にデュアルコントロールレバーによる変速は直ぐになれて使いやすいです。それとアルミフレームですからクロモリに比べたら軽くなってます。フロントフォークはカーボンです。なぜか手放し運転等の走行安定性は古い方がいいです。
 10/16日50Km程走ってみました。印象としてはかなり走る、走りやすいと感じました。以前のクロモリ+チューブラーは舗装道路の荒れたところはかなり走りにくかったですが、こんどのはかなり振動を吸収しているように感じます。(タイアの問題か)また上り坂がかなり楽になりました。走りながらSPDのロック力を自分好みに調整しました。サドルはクラシックな皮のものでしたので今度のは硬いかなと感じます。

回しやすさに関するスペック、低域が大きく延びています。

スプロケット◆ New 10S 12-25T  Old    7S 13-22T
前ギア   ◆ New   2S 50-34T  Old    2S 50-39T
クランク    ◆  New: 170.0 mm     Old: 167.5mm

Newimg_8198 ・コレで上り坂も楽に回せる気がする。それと大きな変化はタイヤが700Cになりパンク修理が可能になったことです。チューブラーに比べたら多少走りは重くなるでしょうが、遠出はこちらのほうが正解かも。なにより嬉しいのはチューブラーの予備と比べ700Cのチューブは小さく軽い。
ブリジストンの市販車(限定モデル)ですがステムは私の体に合わせて換えていただきました。
 なんの世界でもそうでしょうが、長い時間の経過の中で技術は大きく進歩して、自転車も使いやすい良いものが生み出されている事を実感しています。10年一昔と言われるので20年たてば激変も当たり前なのかも知れません。
 新車も1回輪行(運搬)すればガチャガチャになります。私のような使い方では高級車はもったいないです。もっとも無銭家には高いものは買えませんけど。購入はプロショツプ-(有)シクロタカハシからです。

|

« へんろ1-まとめ | トップページ | へんろ2-0日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんろ2-自転車:

« へんろ1-まとめ | トップページ | へんろ2-0日目 »