« へんろ1-0日目徳島へ | トップページ | へんろ1-2日目 »

2010/10/01

へんろ1-1日目

Henro10011Henro10012Henro10013Henro10016 ・朝5:30に起きて6:20分ころ出発しました。霊山寺には7:10分くらいに到着しました、平日のためか閑散としていました。さんや袋と納経帳、ローソク、線香、ライター、南無大師遍照金剛入りベストと必要最小を求めた。ベストはポケットがたくさんありサイクルウエアの上に着ると使いやすいですが晴れた日はちょっと暑い。最初ライターなんていらないと思ってたが3番に行くともう種火はありませんでした。寺も実社会と同じくお金持ちとそうでない寺があるような感じです。7番を終わると12:00になった、道脇をみると「御所の里」という大きなたてものがあったので入る。おじさんがいたので食事はできるのか聞くと、あるよというので入る、うどんを食べたがさすが本場うまかった。このおじさん茨城県筑波にいたらしくよく知っていた。会計は併設の温泉と同じらしく、温泉どうといわれたので、これから自転車こぐので汗だくになるからと断る。
10番札所-切幡寺は急坂でけっこう疲れた、自転車を2番目の階段まで押し上げ、ここに自転車を止めて歩いた、暑くて汗だく、納経所に行くとおばちゃん(かなり年配)がいたので「おばさん、ここに寝泊りしてるの」と聞いたら、そうだって言ってました。「高いから涼しいかい」と聞いたら、暑い暑い、、って言ってた。

帰り急坂を自転車で下りてたらバスの団体の一人が「あれさっき会ったね」なんて大きな声で言われる。
順調で予定より1時間以上早く廻っている。と安心したところで道を間違えた。吉野川の前で渡る橋をミスった、2~3回聞いてなんとか正常ルートへ戻る。今日最後の藤井寺は裏から回り込んだら、民家の庭を通って寺にでた、まいった。4時過ぎには今日の予定は打ち終わった。なんだか疲れた。

 今回は1週間くらいの予定ですので宿も全部予約しました。「へんろ」は諸先輩方が多数経験をネットで公開しています。参考にさせていただきました。「自転車へんろ」の場合、その人の運動能力により行動が決まります。20歳台の人の経験を参考にしても、私のような「じさま」にはついていけません。だいたい「歩きへんろ」の2倍の寺を廻れそうです。
 ところでどうして「へんろ
」か?ですが、きっかけは定年退社ですが積年の埃を落とし再出発、たぶんいままで犯した悪行の懺悔、、先祖代々・友人知人の供養、家族の幸せ祈願、新しい人生発見、というところです。それ+ちょっとやってみたいという冒険心です。家は真言宗ですが私は熱心な仏教徒ではありません。従い礼拝の作法にあるようなお経を「むにゃむにゃ」やる気もありません。線香・ロウソクはあげますが。
 白装束は抵抗無いのですが、なんせロードレーサーにバック1つ担いだ姿ですから、まずズボンは無理、上着は背中に南無大師遍照金剛なんて字書いても自転車に乗ってるときは見えない。はてどうするかです。明日はうわさの難所、焼山寺だ、速く寝よう。

・今日廻った寺

1番札所-霊山寺

2番札所-極楽寺
3番札所-金泉寺
4番札所-大日寺
5番札所-地蔵寺
6番札所-安楽寺
7番札所-十楽寺
8番札所-熊谷寺
9番札所-法輪寺
10番札所-切幡寺
11番札所-藤井寺

各お寺の納経所ですが、筆で書いてくれるんですね、練習するんですかって聞いてみたら毎日たくさん書いてるから練習してるようなもんですよ、と言われる。入り口が自動ドアになっているところが多くビックリ。金の入るところには金をかけるのか。

宿泊:アクセス阿波(ネット予約)

|

« へんろ1-0日目徳島へ | トップページ | へんろ1-2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんろ1-1日目:

« へんろ1-0日目徳島へ | トップページ | へんろ1-2日目 »