« へんろ1-1日目 | トップページ | へんろ1-3日目 »

2010/10/02

へんろ1-2日目

Henro10021Henro10022Henro10023Henro10024 ・今日は難所焼山寺からです。ホテルが反対方向だったので5Km位距離が伸びました。気合を入れてPowerBarを舐めて192号を走り20号に入る、すぐに坂、そしてトンネル、最初の一撃をもらったような感じでした。しかしすぐに下り安心しました。川沿いを走るので、じさまでも快適に走れました。鍋岩のバス停に着いたらおじさんが、この先100mいったらもう上れないよ自転車は置いてけと言う。忠告に素直に従い、公衆トイレ前の店に自転車とザックを置かしてもらいへんろ道をショートカット徒歩登山しました。うっそうとした杉林の中を歩きますが誰とも遭遇しませんでした。道が整備されていること、天気がよかったことと、人の通った気配はわかりますのであまり不安は感じませんでした。寺は私好みで質素で緻密なつくりに見入りました。太師堂Henro10025 Henro10026 Henro10027 は新しかったです。どこも同じですが自動車道が整備されて圧倒的に自動車へんろが多いです。苦労しないで短時間で行けますから。こういう人に限って一生懸命お経をやっていると感じました。私は「へんろは道中にあり」派ですから一通りローソク+線香、賽銭、納め札と一番簡単で覚えやすい南無大師遍照金剛だけでした。あと願い事です。でも20分ぐらいはかかります。また同じ道を下山して戻りました。店のおばちゃんに昼飯やってるところ無いと聞いたら何が食べたいカレーならあるよと言う。うんじゃそれと言ったら、ここで食べてとテーブル位置を指定される。食べだしたら、そこの家のお父さん、お兄さんが隣に座りカレーを食べだす。なんてことはない家の食事のおすそわけである。もちろんお店ですからお金は払いました。食べ終わると土産はどうという、スダチ⇒家の垣根に売るほどなっている。サツマイモ⇒1箱、これじゃ食べきれない。申し訳ないけどおばさん家百姓なのと言って退散した。下りは快適走行で予定通り井戸寺まで廻りました。途中あまりやる気が無い、これじゃ世界遺産は無理かなと思うようなお寺もありました。これだけ数があるわけだから全て良しとは行かないでしょう。
 井戸寺の門前にある民宿松本屋に泊まる。手を出すと寺の垣根に手が届く距離でした。Henro10028_2 古い家だがトイレと風呂は改装されきれいでした。それと野の花が花瓶にちょこっとささっていて私の好みでした。女将の手作り料理はうまかったです。来てからビジネスホテルでコンビニ弁当だったからよけいです(失礼)。私と2人同宿(もう一人も定年後のへんろ中)で食後、宿の家族と約2時間近くいろんな話題で話をしました。団欒は民宿だからできる事と思いました。衣類の洗濯も接待いただきありがとうございました。

12番札所焼山寺
13番札所大日寺
14番札所常楽寺
15番札所国分寺
16番札所観音寺
17番札所井戸寺

宿泊:松本屋(電話予約 088-642-3772)

|

« へんろ1-1日目 | トップページ | へんろ1-3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんろ1-2日目:

« へんろ1-1日目 | トップページ | へんろ1-3日目 »