« へんろ3-2日目 | トップページ | へんろ3-4日目 »

2010/11/10

へんろ3-3日目

1110img_99111110img_99121110img_99151110img_9919・朝6:00に食事、7:15分くらいに出発、チャリ遍路のよしみということで出発前一緒に写真を宿前で撮る。この人は本格的でランドナーにGPSを付けている。恐れ入りました。やはり自転車は重いでした。一度ロードレーサーを乗ってしまうと戻れませんね。
 横峰寺は昨夜の話から一番簡単な、142号で京屋旅館(バス発着所)まで自転車で行きそこに預けて往復バスとした、乗ってみると正解かなと思う。実は出発前日に柿をハシゴで取っていて3mくらいの高さから落ちたのだ、胸を打って少しいたみがあるのだ。
だからあまり無理をしたくないのだ。バスの事務所に電話をすると定時は8:10分発だという。
11号から142号に入るところで7:25分である間に合うかな、まあ行ってみようとこぎだす。最初ちょっときつかったが、なれると順調に進む鳥居をくぐってT字路を右折すぐに右の上り坂を上がるとバス停がある、京屋旅館の横に自転車を置かしてもらい、バスのところへ行くと電話をしていたのですぐに切符はここで買ってと案内してくれた。出発間際にもう一人乗ってきて私と二人でマイクロバスを出してくれた。
1110img_99261110img_99331110img_99371110img_9942上りだすと急坂・狭い道・すれ違いを無線電話でコントロールしている。やはりバスでよかった。終点に着くと、寺まで10分くらい下り坂を歩く。標高800mやはり寒い、納経所で自転車で来なくてよかった、といったら先日へんろ道を女性が自転車を担いで上がってきてびっくりしたという話をしてました。金さえ出せば6kgの自転車もありますから、うその話ではないでしょう。バスが待っているのですぐに戻る。
1110img_99571110img_99611110img_99791110img_9982 京屋旅館に戻ってなんか食べたくなったので「ゆずようかん」を食べる、これが高かったがなかなか風味のある味で旨かった。時間に余裕があるのでコーヒーを飲んでしばらく休んでから下った。くだりは寒かった。
11号に戻ると石鎚神社が横に見えたので見てみることにした。山門の天狗が一刀彫の新品ですばらしかった、X千万円かな?
 近くのおばさんがいたので神社の事を聞く、石鎚山にある神社をまとめて石鎚神社と呼ぶそうだ。七五三の子供がだいぶいた。近隣では有名な神社なのだと思う。分かれるときに飴を一掴みご接待いただきました。私に向かって手を合わされたのでちとあせりました。自分の代わりに寺を廻ってくれている、というような考えもあるようだ。
1110img_00181110img_00301110img_00491110img_0052  前神寺は本堂が建て替え中であった。入り口横が墓でだいぶあったから檀家も多いと思う。昼飯は道横にあった新しいスーパーで定食です。今日の旅館の近くに別格第十二番延命寺があり、「いざり松」とか書いてあるので何かなと思い見てきました。もう枯れてなかったですが幹部が残ってました。要は地面近くに這っているように伸びた松の姿をそう呼んだようです。今日は次の寺との中間地点での宿泊です。宿の女将さんの話では差別用語で今はあまり使わないようになったとの事。

60番札所横峰寺
石鎚神社
64番札所前神寺
別格第十二番延命寺

宿:蔦廼屋旅館(つたのや) 割烹のようで、近隣の方が宴会をしているようでした。夕食時女将さんが話し相手になっていただきました、忙しい中ありがとうございました。

|

« へんろ3-2日目 | トップページ | へんろ3-4日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんろ3-3日目:

« へんろ3-2日目 | トップページ | へんろ3-4日目 »