« へんろ3-7日目ようやく88番 | トップページ | へんろ3-徳島より帰り »

2010/11/15

へんろ3-8日目もどり1番

1115img_08381115img_0840_21115img_08441115img_0857・昨日へんろ用「南無大使遍照金剛」入りのベストを洗濯しているとき88番大窪寺の印をもらっておこうと思いつき、朝7:00に一番でもらいに行きました。
 7:30分に宿を出発、1番霊山寺に向かう。宿からは全て下りです。一部平らな所もありました。山の中は1本道で良いのですが10番寺の近くに出てから12号線に乗るのにもたもたしました。宿から40Km約2時間30分で(10:001115img_0864 1115img_0867 1115img_0869 に)霊山寺に到着しました。納経帳にはちゃんと戻り1番の記入ページがありました。ようやく終わりました。あとは高野山です。
昼には早いので時間をつぶそうと近くを見ていると「道の駅第九の里」に隣接してドイツ館と坂東俘虜収容所跡地があることがわかり、見学しました。ドイツ館で資料をよく見てみる1115img_0875_2 1115img_0883 1115img_0885 1115img_0886 とかなり多くの人が収容されていたようで規模も大きなことがわかりました。今は一部が痕跡があるが綺麗に整備された公園になっていました。第九の演奏が始まるからどうですかと案内の女性に言われ聞いてきました。日本で最初に第九が演奏された地だそうです。ドイツ人俘虜が作った机や椅子の実物が展示されてましたが、緻密ですばらしい木工技術でさすがドイツと感じました。
 ちょっと前にトレーシーという本を読みました、これは日本人捕虜からの情報収集のためにアメリカが作った、サンフランシスコ郊外の山中にあった秘密施設である。日本軍は捕虜になることを禁じた。だから捕虜になったときの対応は全く規則がなかったのである。アメリカ軍は日本人捕虜を厚遇して日本の軍事機密情報を入手していた。無線用暗号から皇居の内部図、B29の爆撃目標地点の詳細、ありとあらゆる情報を入手していたのだ。戦争だからなんでもあり、なんだろうが同盟を結んだドイツとはどんな関係にあったのだろうか?
 12:00を廻ったので、うどんでも食べようかと案内係りの女性に聞くと、丁寧におしえて1115img_0892 1115img_0893 1115img_0897 1115img_0901いただきました、「てんや」と言うところがうどんと天ぷらがうまいと聞き行ってみました。やはり、うまい安いでした。地元の方が多数入ってました。ホテルに向かうが13:30頃着いてしまう。15:00チェックインなのでバックを預かってもらい、鳴門大橋でも見てくるかと出かけたが、なんか工事中で橋が渡れそうも無いので、戻って小高い山にあるお城に上ることにした。長い階段をのぼるとお城に着いたが、誰もいない。この博物館は22年3月に廃止されましたと門に小さく書いて1115img_0904 1115img_0911 1115img_0914 1115img_0917ある。下の登り口には書いてなかったぞー。階段を降りて帰る途中地元の人に合いました。橋が渡れなかったと話すと、近くに渡し舟が無料で出ていたのにと言われる、残念。この人の話から海沿えのサイクリングロードを走って帰ることにした。有名なさつまいも「なると金時」の栽培地である里浦という所らしい、今は収穫が終わりダイコンが栽培されていた。驚いたのは土でなく砂の畑だったことである。ホテルに帰ったのは16:00だった。
1115img_09201115img_09341115img_09401115img_0942  夜かみさんから電話、カードを落としただろうと言う。見るとナイ、、地元の銀行で預かっているという。確かに今日、銀行のATMでおろした。どうもATMの前で落としてしまったようだ。またしても最後に気が緩んでしまった。ホテルの近くなので明日取りにいくことにする。

今日行ったお寺

1番札所霊山寺

宿:HOTEL SOLAE 

空港と宅急便センター、1番霊山寺の位置関係でこの宿をまた利用しました。2食付き+ネットOKで 5,500円でした。

|

« へんろ3-7日目ようやく88番 | トップページ | へんろ3-徳島より帰り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へんろ3-8日目もどり1番:

« へんろ3-7日目ようやく88番 | トップページ | へんろ3-徳島より帰り »