« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/22

高野山-金剛峯寺

Kongoimg_1400Kongoimg_1403Kongoimg_1406Kongoimg_1408Kongoimg_1420Kongoimg_1422Kongoimg_1431Kongoimg_1437_2・お寺は100以上あるようですが高野山真言宗総本山である金剛峯寺だけ参拝してきました。雨が降っている朝でしたが霧がかかって幻想的な風景でした。中も見学してきました。200畳?大広間で一人でお茶のご接待を受けました。各部屋は由緒ある襖絵があり歴史を感じさせます。秀次自刃の間なんて血なまぐさい部屋もありました。枯山水の庭が雪のように見えますが雪ではありません。
Kongoimg_1490Kongoimg_1492Kongoimg_1494

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/21

高野山奥の院

Kouyaimg_1345Kouyaimg_1349Kouyaimg_1353Kouyaimg_1374Kouyaimg_1385 ・高野山奥の院は来春暖かくなったら行こうと思っていたのですが、年内に区切りをつけたくなり年末になりましたが行くことにした。せっかくですから宿坊に泊まることにした。新幹線で東京-新大阪-なんば-難波-極楽橋-(ケーブル)高野山-バスと使い家から7時間かかり、15:00頃宿坊に到着しました、小雨の中、奥の院に行ってきました。雪でなくて良かったです。さすが高野山奥の院は荘厳な感じでした。御影が200円で四国のものより大きいものでした。明日金剛峯寺を参ってから帰るつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

自転車ナビ NV-U35

Navu35img_1114・四国へんろで出会ったチャリへんろのおじさんの影響で、パーソナルナビゲーションシステム NV-U35という自転車にも付くナビを買う。アマゾンで自転車取り付け部品も含めて\32,000でした。どんな使い勝手かな、という単純な興味もありました。普通のカーナビとしても使えるし、あるいは歩いているときでも持って使える小さなものです。買ってその日にSONYの該当WebをみるとファームウエアがバージョンUp(http://www.sony.jp/nav-u/info2/101209.html)されているので、最新のものに入れ替える。1.01ff => 2.00wjへ

Img_1100・自転車に取り付けるためのクレードルキットというのが\4,500となぜか高い。高くてもなきゃ付かないので買い、取り付けて走ってみました。



Navu35img_1143

・利根川土手にある加須未来館までナビで走ってみました。行き先は「かぞみらいかん」でセットできました。ナビ開始すると当然のごとく普通の道を示します、土手の上の自転車道はナビしません。普通の道に入ればナビするようです。自転車道を走るときはナビは切って地図がみれれば良いと割り切った利用がいいようです。真っ直ぐな道ではナビは必要ありません。
約3時間くらい走って見ましたが最後電池をみると半分くらい使った指示をしてました。広い国道や県道を走るのであれば多分問題なくナビが有効に機能すると思う。自転車用というのは自転車に取り付けられるカーナビ+αと思ったほうがよさそうです。ただGPSが基準ですから時間、速度、距離の表示は正確なようです。キャッツアイのメーターと比較して見ましたがほぼ同じ表示でした。自転車用なんて書いてあると期待しちゃいますが、基になる地図がゼンリンのものでしょうから、過剰な期待はしないほうがよさそうです。やはりタッチパネルの感度が悪い感じです。
 四国遍路をしたとき感じましたが、自転車では止まってじっと構えないと地図を見ることはできませんでした。これは電池の消耗対策さえすれば、走りながら見られます、このことはすばらしいことです。縮尺も実用上十分に変化できます。走行ログもとれるようですがメモリーステックを持ってないのでテストしてません。
へんろの趣旨に沿わないでしょうが、正しく走った八十八ヶ所のログがあれば、コレに沿ってナビして走れば間違わないなーーなんて、変なこと考えながら走ってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/11

菩提寺の納経

Img_1074 ・12月11日、だいぶ遅れましたが我が家の菩提寺である実相院(葛飾坂東1番)の納経を済ませてきました。お坊さんも私の「四国八十八ヶ所自転車へんろ」にだいぶ興味を示し、いろいろ質問され1時間ほどお話してきました。近隣の檀家の人で四国自転車へんろをした人はいないと言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »