« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/24

長屋解体

0naya1dsc00709 0naya2dsc00731 ・長屋解体工事スタート、重機がきてトタンの下屋をあっという間に壊しました。



0naya3dsc00734 0naya4dsc00748 ・最初に瓦を全部剥がします。車に投げ入れます。




0naya5dsc00749 0naya6dsc00752 ・取り壊しながら廃材を積んで行きます。1日で取り壊しは終わりです。




0naya7dsc00756 ・2日目には畑になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/23

JRL-1000 8122X2

Jrl1000img_0006 Jrl1000img_0007 ・JRL-1000というリニアアンプがバブルの終わり頃出たんですね。¥1,300,000という値段もアマチュア機器としてはスゲーという感じです。バブルですから買った人もいたのでしょう。家壊しで出てきたJST-135というトランシーバーのカタログに載ってました。この世界から去っているときでしたので何故こんなカタログが出てきたのか解りません。このカタログ見た記憶が全くないのです。部品はプロ用を使ってあると書いてありますのでアマチュア用のようなコストにはなら無いと思う。この大きさで入力1000Wはチョットと思う。カテゴリーは似たような感じのJSB-550Aに入れときました。
Jst135img_0004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/11/22

出てきた遺物-さんだわらぼっち

0sanntawaradsc00701・「さんだわらぼっち 」と呼んでいたと思う、正式名称は解らない。米俵の両側のフタの部分である。藁で編んだ米俵はとにかくかっこよかった、積み上げるとすがすがしい、そして作業している大人たちが嬉しそうだった記憶がある。60kgの重さなのでとにかく重かったのだが、これを担ぎ上げたのだから当時の人はすごかった。
もう2度と見ることはないだろうと写真に収めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

出てきた遺物-2

0tarudsc006790misodarudsc00684 0okedsc00686・担ぎおけ、味噌ダル、魚桶、
以前かなり捨てたわけなのだが、結構いろんなものが出てくる。考えてみると近所に桶屋さんがありました。数年前にこれを作った人は亡くなりました。今のプラスチックの入れ物と違い、なんとなく重みがあります。捨てるのはもったいないので何か利用できないか考えてます。

0dorokabedsc00681_2取り壊す予定の土壁の長屋です。
これを壊すと当家の土壁はなくなります。夏はひんやりしてました。農作業用に1Fの天井が高いです。ここに刈り取った稲や麦を藁ごと積んだのです。それから脱穀をしたのです。今のようにコンバインの無い時代でした。ここに乾燥機を備えた時代もありました。
地震でも崩れませんでした。地震前から瓦があちこち割れて雨漏りがしてきたのです。直すとX百万かかるというので壊すことにしました。この長屋の後ろに利根川の増水時流れてきた大きな丸太が山になっているのです。昔はコレが大切な資源であったのでしょう。今となっては邪魔物でしかないです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/18

出てきた遺物

0hariitadsc00670_2
張り板と言われるもので、「もったいない」を思い出すものです。昔は着物を着ていたのですが、たとえば子供が大きくなると、着ていた着物をほぐして布の状態にして水につけ「のり」を付けてこの板に貼るのです。乾かすとパリパリの新品のような布地になるのです。それを剥がしてまた着物を縫うのです。いい時代でした。

0mushiroamidsc00678 ・コレ解る人は少ないと思います。「むしろ」を織る道具です。私も使っているのを見た記憶がありません。
百姓にとって稲藁は大切なものでした。俵、むしろ、縄などを冬になると作っていたのです。このようなものを簡単な機械で作ったのです。今考えるとバカバカしい話ですが、皆汗水流してクソ真面目にやっていたのです。

0yaneyadsc00676 ・コレは藁葺き(萱ぶき)屋根を作るときに使う道具です。萱を竹に縛り付けてコレを当てて表面から突付いて屋根の勾配にそろえるのです。家の爺さんが冬になると出稼ぎに行ってました。約50年前の事です。
当時は萱葺き屋根が百姓では結構多く見かけられました。私の家もそうでしたが夏は涼しかったような記憶があります。

192termdsc00656 ・コレはターミナルのコントロールボードです。CP/M時代のものです。懐かしいものが出てきました、キーボードとCRT Displyもありました。自分の机にコンピューターがあるなんて夢の時代でしたので夢中になった思い出があります。キーボードからコマンドを叩くと応答が画面に出る、なんてすばらしいという時代でした。今から27年前のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

庭の木

Dsc00637 ・玄関横に大きめの「くろがねもち」がありますが、殆んど赤い実が付きません。チョットさびしいので庭の空き地に実のなる「くろがねもち」を植えました。
要は実のなる木を接いだものです。
3年目くらいだと思いますが、実がつきました。まだ真っ赤ではありませんがだいぶ赤くなりました。あまり美味い実ではないらしく小鳥はまだ来ません。真冬になって食べ物が無くなるとたぶん現れると思う。成長中なのであまり枝を切り込んでません。日当たりの良い場所ですのでどんどん伸びてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »