« 出てきた遺物-さんだわらぼっち | トップページ | 長屋解体 »

2011/11/23

JRL-1000 8122X2

Jrl1000img_0006 Jrl1000img_0007 ・JRL-1000というリニアアンプがバブルの終わり頃出たんですね。¥1,300,000という値段もアマチュア機器としてはスゲーという感じです。バブルですから買った人もいたのでしょう。家壊しで出てきたJST-135というトランシーバーのカタログに載ってました。この世界から去っているときでしたので何故こんなカタログが出てきたのか解りません。このカタログ見た記憶が全くないのです。部品はプロ用を使ってあると書いてありますのでアマチュア用のようなコストにはなら無いと思う。この大きさで入力1000Wはチョットと思う。カテゴリーは似たような感じのJSB-550Aに入れときました。
Jst135img_0004

|

« 出てきた遺物-さんだわらぼっち | トップページ | 長屋解体 »

コメント

 初めまして。このアンプ、一部のマニアの間では垂涎の的ですね。8122x3のモデルも存在するそうで、一度は見てみたいです。

投稿: JI3KDH | 2011/11/23 19:43

あ、そうなんですか。
私もこれと同系列のプロ機いじり回していましたが、すこし飽きぎみです。JSS-600というのも鎮座しているのですがまだ手つかずです。

投稿: yukio | 2011/11/24 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRL-1000 8122X2:

« 出てきた遺物-さんだわらぼっち | トップページ | 長屋解体 »