« 出てきた遺物 | トップページ | 出てきた遺物-さんだわらぼっち »

2011/11/20

出てきた遺物-2

0tarudsc006790misodarudsc00684 0okedsc00686・担ぎおけ、味噌ダル、魚桶、
以前かなり捨てたわけなのだが、結構いろんなものが出てくる。考えてみると近所に桶屋さんがありました。数年前にこれを作った人は亡くなりました。今のプラスチックの入れ物と違い、なんとなく重みがあります。捨てるのはもったいないので何か利用できないか考えてます。

0dorokabedsc00681_2取り壊す予定の土壁の長屋です。
これを壊すと当家の土壁はなくなります。夏はひんやりしてました。農作業用に1Fの天井が高いです。ここに刈り取った稲や麦を藁ごと積んだのです。それから脱穀をしたのです。今のようにコンバインの無い時代でした。ここに乾燥機を備えた時代もありました。
地震でも崩れませんでした。地震前から瓦があちこち割れて雨漏りがしてきたのです。直すとX百万かかるというので壊すことにしました。この長屋の後ろに利根川の増水時流れてきた大きな丸太が山になっているのです。昔はコレが大切な資源であったのでしょう。今となっては邪魔物でしかないです。

 

|

« 出てきた遺物 | トップページ | 出てきた遺物-さんだわらぼっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出てきた遺物-2:

« 出てきた遺物 | トップページ | 出てきた遺物-さんだわらぼっち »