« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/29

天気予報ピッタシ

Yukidsc01552 ・天気予報ピッタシ当たりです。3時過ぎまで降ってました。でも温度が高いのかベタ雪です。通行量の多い道路は濡れている程度だ。明朝の凍結が怖い、いつもスリップであちこちがメチャメチャになるのだ。
4時頃役所から電話、今日大字事務所で会合があることになっていたが、悪天候で中止とのこと。書類を届けにきているらしいから、なんか変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/24

お空の遊び準備中-HF

Ts870sdsc01514_2 ・HFの機械TS-870を引っ張り出し動かしてみました。いろんな機械があるんですがとりあえず無難なハム専用機械で申請しました。まだ日本では包括免許ではありませんので。しゃべるよりいじるのが好きな人には不便・面倒です。あれSメーターが振れない、なんだろうかあちこちツマミをいじりまわす。解りました、AGCのツマミが左いっぱい、つまりAGC-OFFになっていました。AIPランプも付きっぱなしですAIPボタンをカチャガチャ何回も押したらなおりました。接触不良だったようです。ダミーを繋いで送信してみました。CWモードで出力を調べる、なぜか7MHzの出力だけ70Wと少ない。SSBに切り替えてマイクを繋ぎ送信にして口笛を吹くと100W振ります。なんでだろう、、他は1.8~29MHzまで100Wでてます。それにしてもメーター指示の出力表示がかなり正確です。BIRDと比べてほぼ合ってました。TS-870の取扱説明書をどこかにしまい無くしてちょっと困ってます。とりあえずCWはやりませんので出力が少ないのはいいか。まだ正規のアンテナが無いので電波はでません。とりあえず針金引っ張って同調させてみようかと思ってます。1/2波長ダイポールですね。
そうそう機械を乗せる机も無い、はてどうするか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/02/23

お空の遊び準備中

1200mhzdsc01400 1200mhzdsc01403 ・お空の遊び準備中です。1200MHzですが、さっぱり解らんのでBIRD43の400-1000MHzというエレメントを入手ダミーロードで送信する。ちゃんと10Wを表示してます。eBayで$40で求めたのですが、調整済みの再生エレメントみたいです。1200MHzのレンジが無かったのですが、何とか目安としては使えるようです。この辺になるとNコネクターになるんでしょうがとりあえずテスト。
BIRD43の仕様を見ると周波数は2MHz~1000MHzまで6つのエレメントで分割測定する、とあり1200MHzはスペック外です。電力は5Wから5KWです。
430MHzは25Wを表示しますのでだいたいあっている(TS-790Dの仕様をみると)と思う。針金つないでも何も聞こえません?430MHzはコールサインを言わないトラックらしき会話だけしか聞こえません。こんなもんなんでしょうか?。浦島太郎にはなにがなんだかわかりません。いちおう無線機は正常に動きそうです。HFはアンテナが大変なのではてどうするか?80mバンドの1/2波長ダブレットも張れますが、、、それと昔と違いバンド巾が広くなってますので、、どうスッかです。StepIRなんて昔は考えられない夢のようなアンテナもあるようだし。まあ、いろいろ考えてるのが楽しいです、考えるのはただですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

国の事業が一斉に

Hasidsc01416 Hasidsc01422 Hasidsc01436・圏央道の橋脚工事状況です、五霞町側と境町側です。栗橋の4号国道の旧橋の撤去工事。


Hasidsc01433_2 ・新4号線の4車線化と、滞っていた国の事業が一斉に始まってます。
4車線化なんて橋脚があるので簡単だろうと思っていたが、予算がつかないのか意外とスローペースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/21

世界22か国で大ヒット

Yukisaoridsc01461 ・去年からの話題ですが由紀さおりさんがアメリカの人気ジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」と組んだアルバムが世界22か国で大ヒットしていると言う。すごいのは日本の歌謡曲を日本語で歌っている点です。NHKの「クロースアップ現代」で取り上げられました。
いろいろ音声分析等されてましたが、日本語と独特の声が歌のもつ情景を思い浮かべさせるということらしい。言葉が解らなくても感情は伝わるんですね。
考えてみると「サイモンとガーファンクル」の「ボクサー」という歌が私好みでよく聞いていたが確かに言葉の意味がどうのと考えたことは無い。その歌い手がかもし出す雰囲気とリズムが聞き手を気分良くさせてくれるかどうかだけだ。
「夜明けのスキャット」なんて典型的な由紀さんがかもし出す雰囲気と声に心地よさを感じる歌だと思う。これは日本人でもそうでしょう。すごいですね良い音楽に国境は無いということなのでしょうか?
貿易収支まで赤字、まったく元気を無くした日本、日本人に勇気を与えてくれる事件じゃないかと思う。長い歴史を持つ日本はいいところがいっぱいあるんです。タダ気ずかないだけなんです。まさに「ガンバロウ日本」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/20

ぐるっと埼玉サイクルネットワーク

220dsc01404 220dsc01406 220dsc01409_2 ぐるっと埼玉サイクルネットワークと連携か?



・利根川のサイクリング道ですが、五霞町の東北新幹線鉄橋下から栗橋への区間が未舗装ですが舗装工事が始まりました。いつも土手を押し上げているので、嬉しいです。4号線鉄橋のところがネックで栗橋町の中を通ら無ければなりませんが橋の下でも通れるようにしていただくと完璧になるんですが無理かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/02/19

季節外れの

Kinrin2012 ・季節外れの新年会です。近隣の中学同窓生が集まってかれこれ数十年やってます。皆さん殆んどリタイアしたためか、出席者も28名と近年一番でした。出席者はだいたい固定してますが、10人近くは入れ替わることもあります。団塊世代なので6クラスありましたので、交代で幹事をやっているのも長続きしている理由のようです。私も最近は良く出席します、用事ができたり、気分が乗らないときはでません。出席して不機嫌な顔してたら、楽しもうとして来る人に失礼だと思っているからです。でもこういう所に出れるのは幸せなのかな?と感じてます。私のクラス仲間がいつも出席者数がトップです、どうしてなのかわかりません、昔に戻って楽しい時間を過ごせました。去年温泉旅行をしたら好評で今年も行くことになったようです。
去年あたりから昔の仲間の集まりが多くなりました。また3月に最初に勤めた会社の仲間の数十年ぶりの集まりがあります。何十年も会社人間で他のつき合いがまったく出来ませんでした。努めてこのような場所に出ようと心がけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/18

伝統技能ことはじめ

Benchaerdsc01377_3 ・よくよく考えてみたら、私は恥ずかしながら電信のキーなるものをさわった事が無いのである。キーが見たく(ここがミソ)なった。日本製を調べると高いのでUSAから買うことにする。別に安けりゃどこからでもいいのだが。やはりいまどきさわるのでパドルとよばれるものにした。日本ではBencher JA-2 ¥22,800 とある。USでは型は異なるが円高メリットで半値なのでこれにした。Bencher BY-2 Iambic Paddleというものだ。いろいろ調べるとキーヤーなる物がないとダメらしい。マルツパーツ館のOIKey-F88というPICキーヤー¥2500を買い、組み立てて繋いでみた。プラスチックのレバーをさわってもウンともスンとも言わない、というかレバーが動かない。良く見ると斜めになっている金接点の隙間が無いのだ。3/32”六角レンチで斜めのネジを回して少し隙間をあける。今度はピーピー音がする。短点、長点を連続して出せるようだ、なんだか難しそうだがボケ防止にいじってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/17

New加須サイクリングセンター

Kscdsc01369 Kscdsc01356・元の加須サイクリングセンターは19日(日)に
終了するようです。新しい建屋はほぼ完成してました。係りの女性に聞きましたらはっきりしたオープン日はわからないようでした。

Kscdsc01359・中を覗いてみましたら、最終仕上げ段階のようでした。普通の家のような感じで板張りの床でした。前のイメージとは全く異なります。埼玉のサイクリング道を結ぶ計画とも重なりすばらしい施設になるようです。


Kscdsc01343 ・コレは栗橋の4号線の橋のそばで唯一残っている蔵造りです。強化堤防工事のため、もうすぐ取り壊されてしまうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/05

楽しい演奏



・ロックのリズムとアドリブ、うまい、、、、岩手県で活躍してるバンド。





・「くちぱく」っぽいが、Paco De Luciaの渋い顔より楽しそうだからまあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »