« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/31

VFOの電源

・DDS-VFOの電源をTS-520の裏面EXT-VFOの9ピン(9V)から取りました。純正の外付けVFOと同じ構成とする。FIX CH AVR UNITのQ4 2SA606が少し熱くなりますが動作は問題ないようです。EXT-VFOのVFOの切り替えSWはDDS-VFOだけとするので6-8ピンをショートして代用。使ってみるとさすがLC発振のVFOと比べ変動はなくなり快適です。
他にSメータの振れが渋いので適当に甘くした(この辺はいい加減、強そうな電波が+30程度にする)。あとスピーチプロセッサーを使うと確かに平均電力は上がるが、ALCがあまり振れないようにマイクゲインを調整しても音質は下がるようだ。SSBではこの辺が一番難しいところだと思う。音質優先にすると弱い電波になってしまう。最新の機械は40年前のものとは格段に進化していると思うが、どうなのだろうか。
恥ずかしながら、皆さんが歩んだ道を後追いしているのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/30

壊れていたのは

・TS-520のALCが振れなかったが、DDSの出力レベル不足でパワーが出てなかったのだ。要はALCが振るまで押せなかったのである。前に作った広帯域アンプを入れてOKとなりました。出力1.0VP-Pくらいになりました。これで正常にパワーも出てALCもかかりました。オリジナルのVFOに切り換えるとOKなのでわかりました。
裏パネルのEXT VFOの9PIN(MT管コネクター)6-8をショート、1PINがVFO信号、2PINがアースでここは1.5D2Vで接続しました。9PINに9Vが出てますのでここから電源も取れそうです。中はいじらなくてもこの外部VFO端子で何とかなりそうです。
Ts520vtt Ts520vcw100w ・Two Toneを入れたときの出力波形を見ておきました。Bird43で40Wを指してました。結構熱い空気がファンから出ますので、終段は高負荷状態のようです。この時のALCの指示は1/3くらいでした。IP=130mAです。いろいろ調整してもTwo Toneでは50W止まりです。ALCで抑えられるようです。波形もそんなにかわりません。CWでは軽く100W出ます。
・それからMC-50を使っていますねと指摘される。こののマイクのスタンバイスイッチがばたついていて独特の音が相手局に聞こえるらしい。なんでか、、調べてみました。裏ブタのネジ6本を外して見てみました。これはひどいチャッタリングです。スイッチONから接点がすべり、ロックすると今度は大きく戻るのです。この構造では直すことは出来ません。結論としては別のスイッチを使うしかありません。ハム機器のメーカーが何で??と思ってしまう構造です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/29

田起こし

Taokosi2012dsc01907 Taokosidsc01883 ・静かな日なので田起こし、これで3回目かな、鳥は土の中から虫やカエルが出てくるのを食べに来る。今日はカラスもきた。代掻き前にもう1回やる予定。帰って納屋の窓にツバメの出入り用の枠を入れる。もう直ぐ4月です。今年もツバメがくるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/28

看板をかけているところ

0ccdsc01890 0ccdsc01893 0ccdsc01902





今日は静かなので自転車乗り、加須未来館まで行く。0ccdsc01900 未来館でミニ天丼セットを食べて加須サイクリングセンターに行く、看板をかけているところでした。春休みで子供が自転車を借りて遊んでました。
彼岸を過ぎて一気に春めいてきました。土手の菜の花も綺麗になりました。あ、それから五霞の新幹線の鉄橋のところから舗装が完成してました。私のために作ってもらったようで嬉しいです。よくみると写真に東北新幹線の車両が写ってます。
家に潜ってハンダの煙を吸ってばかりじゃ健康によくありません、良い天気の日は運動!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/27

どっか壊れた

Ts520s33950 ・どうなってるのか3.395MHzのフィルターの特性を測定してみました。上のギザギザは測定器とフィルターのインピーダンスのミスマッチかな。ピークから約15dB下がったところにキャリアポイントを設定した。
前の設定よりLSBで114Hz下がった3393.409KHz、(USB 3396.564KHz)にセットした。メーカーの指定初期値はLSB 3393.5KHz、USB 3396.5KHzです。とりあえずだいぶバラシタので送受信テストする、SSB送信でALCが(CWも)大声出しても振れません、、、あじゃーどっか壊れたようです。まあいろいろ楽しませてくれる機械です。キャリアサプレッションを見ないとと思ってたのに、、、

Ts520sfildsc01878 ・これ今月号のCQ誌にのってましたね、VNWAでみているところです。先のプロットデータはR3361Aで見たものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/26

デジタル化

Ddsdsc01873 ・TS-520のVFOをDDSにしてみました。ただ基準発振器は水晶ですので今の温度変化で50Hz程度は動きます。でも40年前のVFOに比べたら格段に安定してるでしょう。パルス発生器をつけてみましたが、普通の7.15MHz付近のSSBによるラグチューが目的であれば、使い勝手はよくありませんでした。1KHzの桁をボタンでアップダウンするほうが便利です。必要であれば100Hz、10Hzの桁を変える。ということにしてます。オリジナルのVFOでもそんなにQRHは感じないとのレポートでしたが、やはり皆さん殆んどが安定度の高い機械を使ってますので失礼無きようデジタル化しました。
私の力量ではTS-520あたりをいじるのが精一杯です。40年の空白期間をうめるのには最適の機械です。TS-830のほうが性能がいいようですが、回路図をながめるとちょっと引けてしまいます。いじりまわすのが趣味の私にとっては良いリグとは性能が良いものでは無く、中身がなんとか解るリグなのであります。それとマニアル等資料、保守部品が手に入るものです。TS-520はだいぶ売れたようで中古市場では格安で部品も取り外し品が容易に手に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/25

電車が一番

Kawajidsc01846  Kawajidsc01862_2 ・川治温泉に行って来ました。帰りの電車に乗るとき雪が舞ってました。彼岸を過ぎましたが、まだまだ寒いです。何故か一度電車で行ったら、電車が良くなっちゃいました。乗り換えなしで約2時間少々ですから、温泉に浸かるのが目的ならこれが一番です。ただ車両の切り離しを途中でやりますので乗る位置によっては多少面倒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/20

水路の底土が流されて

Sokodsc01749 Sokodsc01750 ・コレは農業用排水路なのですが、水路の底土が流されて肩の部分の土が落下していくら埋めてもまたへこんでしまう。コレを防止するために水路の底にコンクリートを打って底土がながされないようにするのだ。私も最初はなんでへこんでくるのか解らなかった。これは土地改良事務所というところが担当で予算を獲得して工事をおこなう。つまらないことなのですが、自然の力はいろいろなところに影響しているのだ。こういう工事は田植え前までに行はれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/19

注意書き

Ts520s_img ・TS-520についていた注意書きです。
ファイナルをダメにする人が多かったのでこんなものを入れたのでしょうか?
なんとなく時代を感じさせるチラシです。10秒以内で調整ですか、半導体ファイナルになってバリコンを回す機械は消えうせたようですが、なつかしいです。私も何十年も触っていなくて、どっちでデップだっけ、と忘れてしまいましたがいじると直ぐに思い出しました。SSBはまだ少数の時代でしたのでご臨終前に一度SSB送信機なるものを作ってみたいな、と思っております。なんせ807のA3の送信機しか作ってませんので。アマチュア無線もデジタルやネットとの融合で遊びの巾が格段に広くなっていることを感じます。特にinternetの進化やその活用によるリモート運用などは距離の感覚を無くしてしまいます。私もよくわかりませんが、アメリカの砂漠に張った大アンテナとシャックを日本の自宅でリモコンなんて、夢ではないでしょう。まあメンテナンス等あるので実際は簡単ではないでしょうが。internetに接続すると、隣のうちも、地球の裏側も同じで距離感をなくし確実にコミュニュケーションできるのはすばらしい事です。ただ確実にというのが、無線をやる人には面白くないのだ。それと誰でもできるのも興味をなくす。やはり自分の家の庭のアンテナから出る電波がはるか彼方に到達して、また相手の微弱な信号を耳を澄まして受けて、、これが良いんでしょうね。ただしゃべるという目的を達成するためだったら大金をかける必要は全く無いのだ。それこそ”ただ”の携帯電話で殆んど世界中と話せるでしょう。やはり自分で作った機械でとなると楽しみは倍増、ワクワクとなるでしょう。
話は飛びますが、リモコンですがUSAの空軍のパイロットがヤル気をなくしていると言う話をTVでやってました。どうも戦闘機が無人のリモコン機になりつつあるようです。だからパイロットはアメリカ本土にいてコンソール画面を眺めながら操縦をしてアフガニスタンの山岳地帯の敵を攻撃するらしい。もし撃墜されてもパイロットは死なない、リモコン機も安い、と言うことらしいです。軍事機密なので詳しいことは解りませんが、すごい世の中になっているようです。ゼロ戦乗りの酒井三郎さん、夢にも思わなかったことだと思う。なんでTS-520と関係あんの??、知らん、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/17

TS-520S調整テスト-2

Two Toneによる出力波形を見てみた。ダミーに行く同軸に針金を巻いてピックアップした信号です。TS-520Vの100W改S2001Ax2)です。
Ts5201_2・真空管ファイナルなので広い範囲でごちゃごちゃ出ないのですが、なんかすっきりしません。





Ts5202_3 ・AFボリューム”0”でなぜか信号が出ています。






Ts5203_2 ・キャリアポイント、BMのキャリアバランス TC1、VR2を調整して消えました。






Ts5204_2  ・これでTwo Toneをいれるとそこそこ綺麗になりました。





Ts5205_2 ・ゲインを上げてALCが振れだすとヒゲがニョキニョキ出てきます、マイクゲインを上げて大きな声を出すと良くないことがわかります。やはりALCはピクピク振れる程度が良いようです。


中間過程はよく解りませんが、結果として送信出力が綺麗になればいいのかなと勝手に考えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/16

TS-520S調整テスト-1

Ts520dsc01746 ・TS-870がオペミスで出力が少ないなんてヘマやってました。アンテナは問題ないか調整してあったTS-520S(100W)をテストしてみて気が付きました。出力信号は確認してあったのですが電波を出して実際の確認はしてません。3局ほどQSOしていただきましたが、強度・了解度とも問題ない、きれいですよとのレポートをいただく。昔人はやはりTUNE・LOADを回してデップ点を見つけると安心できます。それにしてもQRHを言われない、なんでかな?
一般に10Wの機械の方が安い、酷使されてないのが多い。コレを100Wに改造したほうが調子が良いことが多い。改造は皆さんやって公表されてますが、私はスクリーン電圧で引っかかり最初規定の出力が出なかったです。難しいことは止めてHV-UNITのR'7 12KΩをショートすればスクリーン電圧は215Vになり軽く100Wでます。これをやらんとスクリーン電圧が175Vで60Wぐらいしか出ません。この時代の機械は28MHzでパワーを下げることをしていたようです。それにしても真空管S2001よくボケなかったです。
だいぶ前にやったのですが、キャリアポイントとキャリアバランスをtwo-toneをいれて調整した状況を次に載せます。正しいかどうかは解りません、なんせ与太話ですから、、とにかくアマチュアですから他人に迷惑な波を出さなければ良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/15

40年ぶりのQSO

Ham0315dsc01733 Ham0315dsc01744 ・インチキアンテナが上がったので、QSOを試みました。6局程、呼んだ局と全てとコンタクトできました、レポートも59で普通にQSOできました。40年ぶりでしたが、みなさん浦島太郎と快くQSOしていただきました。7MHzは1日中国内近距離は開けているようです。びっしりOMが聞こえています、
風が出てきたので、インチキアンテナは大丈夫か見てみましたが、意外とワイアーアンテナは風の影響は少ないようで一安心です。地上6mしかありません、SWRも1.7でさがりません。前の竹山で12mの竹竿を取ってきましたので、これにくっつけようと考えてます。国内のしゃべくりはこの程度でもできることがわかりました。でもカッコ悪いことこの上なしです。タダの竹ざおじゃStepIRにはほど遠いです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/03/13

遅い春

Harudsc01707 Harudsc01709 ・花がようやく咲きました、




Harudsc01726 Harudsc01728 ・まだ寒さは戻ってきます、でも冬を越したチューリップの芽が出てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/11

朝先輩の机を拭いて、お茶を入れる

Omiya2dsc01695Omiya1dsc01691_2

・今日は37年ぶりの最初勤めた会社の仲間と再会です。皆さんリタイアして時間もできたようで昔話に花が咲きました。他で会っても解らないくらい変った人、殆んど変ってない人色々ですが顔は相応の年齢を表しています。61歳から最長69歳まででした。性格・雰囲気は変らないですね、やはり多感の20代を一緒に過ごした仲間は特別です。私を含め数人は勤め先を変えてますが、最後まで同じ会社に勤めた人が多いので、みんな真面目な人だったのかな、と思います。
新人が朝先輩の机を拭いて、お茶を入れるという、今では考えられない世代でした。事務所で徹夜マージャンをよくやったのも懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/09

それにしても高かーい

Ebayjjrl200fh ・eBayを眺めてたらJRCのリニアアンプが出てました。
Starting bid: US $3,900.00
Buy it Now:US $4,500.00には驚きました。マニアルや元箱付きのようです。まあオークションは元売価より高いものはいっぱいありますので珍しいことでは無いのでしょうが、それにしても高かーい!!一般にUSでは中古品の流通は盛んで、いい値段で何でも取引されているようです。
もっとも日本でもJRL-3000Fは元値近くで取引されているようですから、こればかりは需要と供給の関係ですから何とも言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/07

自然のスーパー堤防

Bandodsc01620 ・今日は利根川を下ってみました、土手の舗装が遅れていたので、どんなものか見たかった。実は舗装化されてなかったので行ったことが無いのだ。境から下ると坂東市に入ったあたりから土手の高さと地盤が同じになってくる。要は自然のスーパー堤防のような感じです。小山という地区らしい。

Bandodsc01633 ・河川敷に下りて見たら近所のおばさんがいたので、聞いてみた。堤防はこの辺は無いのですか?-無い。そこの高いのは堤防じゃないの?-それは崖だという。土地が堤防の高さまであり、そこに家があるのだ。河が増水すると家の前まで水が来るらしい。おばさんそこでレタス採ってたけど今年は高くて景気が良いのではというと、いや百姓やる人がいなくなっちゃったと言ってた。

Bandodsc01642 ・んー、、小山遊園地、、この滑り台の先が川なのです。




Bandodsc01649 ・少し走ると普通の土手が現れます。芽吹橋が見えてきました。
ここを渡って野田市に入り千葉県側から自然のスーパー堤防を眺めてみル事にした。


Bandodsc01665 ・千葉側から見る。やはり土手の高さに家が建ってますね。地元の人にとっては何てこと無いんでしょうが、初めて見る人にとっては”ふしぎ”に感じます。コレじゃ”ぐると茨城サイクルロード”は難しいかな。


Bandodsc01668 Bandodsc01674 ・今年は寒かったのですか、梅もまだつぼみ、桜は何時咲くのやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/06

New加須サイクリングセンターOPEN

Kazoccdsc01611 Kazoccdsc01607Kazoccdsc01602 New加須サイクリングセンターがOpenしたようです。張り紙や案内はまだ何もありません。中に人が居るようなので声をかけたら「どうぞ」といわれたので入って見てきました。サイクリストはだれも居なかったので30分ほど話を聞いてきました。貸自転車は40台ほど新品ピカピカが並んでました。日本一のサイクリング道という案内図が貼ってありました、これないですか、と言うと県に請求すればくれると言ってました。
あまりにも綺麗なので思わず靴を脱いで入ろうとしたら、そのままどうぞって言われる。1億円のシャワールームとトイレを覗いてきました。シャワーはまだ誰も利用してませんどうぞといわれたが、今日はさみー、、、夏に汗かいたら使わせていただきますと辞退する。えらく広かった子供2~3人と一緒に十分入れます、ただタオルを持参しないとダメ。外にも男女別トイレがあります、こちらは24Hオープンのようです。中はお役所のやってる時間だけオープンのようです。自転車を乗っていかなくても入れるようです。
Kazoccdsc01617 ・反射サイクルリフレクターというのをいただいてきました。まだ少しおいてありました。
あ、それからロードレーサーが置けるようなバーが入り口横に設置されてます、さすがースゴイ。飲料の自販機は置く場所はありましたがまだ設置されてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »