« 給電点を12mHに | トップページ | 遅咲き石楠花 »

2012/06/04

昨日に続きアンテナ調整

・昨日に続きアンテナ調整、調整1回目 両端共6cm切る,  を実施したが何故かSWRが1.1以下に下がらない。
第2回目の調整、両端少し下げる、逆V角度変化 させた。第一回目同調点でR=56Ωだったのが53Ωと下がりました。測定はMFJ-259Bで給電ケーブル5D2Vの送信機接続端で行う。
3支持点に滑車をつけましたので調整は約10分で終りました。 

   F  SWR    R    X
7.05  1.4 56.0 17.0
7.10 1.2 54.0 9.0
7.13 1.0 53.0 3.0
7.15 1.0 53.0 0.0
7.18 1.0 53.0 0.0
7.20 1.1 54.0 5.0

私の出たい拡張バンドにほぼ合ったのでOKとしました。いや結構微妙ですね、高さ、逆V角度にかなり敏感なことがわかりました。コレは私の固有な条件の下での値ですが7.13~7.19までSWR=1.0になりました。12mHにして屋根から4~5m離れました。7MHzでは最低このくらいの高さが必要なようです。最初6mHの傾斜でSWR=1.7からのスタートでしたのでまあまあかなと思います。
早速電波を出してみようとしたが、ノイズだけで何も聞こえない!!CQ出しても応答無しAM10:00頃かな。コンデションが悪いのか?ガッカリ。

夕方風がでてきました。アナライザーをつないで見てますと数値がコロコロ変わっているのが解りました。無風のときはいいですが、そよ風でもSWRが変わるやはりまだインチキアンテナの域をでていません。もっと細いケーブルにしてピンと張れば改善されると思う。

|

« 給電点を12mHに | トップページ | 遅咲き石楠花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/54873636

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日に続きアンテナ調整:

« 給電点を12mHに | トップページ | 遅咲き石楠花 »