« R8-CUSHCRAFT | トップページ | 筑波山の西側 »

2012/06/29

R8その2

Cdsc03277_2 ・こんな台にのせて組み立てました。ラジアルもつけてみました。結構長いです。  ネジがみなインチです、1個落として必死で探す。インチサイズのボックスと+ドライバーで仮締めしてあったものを締め付けました。何箇所か寸法調整があり計って印しをつけて締め付ける。
まず、適当な高さに立ち上げて、仕様の周波数に同調しているか調べようと思う。さてどう立てるかです。ラジアルは1mくらいの棒が7本付きます。ここから上がグラスファイバーで絶縁されてます。テストでもここが最低地上高2.5mくらいにしないと危険だと考えてます。

Cdsc03290_2 ロープをつけて引っ張って立てるしかないかなと思ってます。
全長8.7mあります、ステーを張るかどうかも悩みです。元のφ50のアルミ筒は短いが太いと感じます。
年ですかね、立ち上げるのが面倒で、今日はここまでで終わり。
畑の草がだいぶ生えたのでかき回してきます。

Cdsc03292_3

|

« R8-CUSHCRAFT | トップページ | 筑波山の西側 »

コメント

進んでますね。条件が違うので参考になるか判りませんが私のやり方をご紹介します。私は屋根馬に3m50Φのパイプを立てそこに上げています。仰る通り途中にロープをかけて引っ張り上げますが、先にパイプの最下部をマストに固定します。こうすることで重心より下にロープをかけても大丈夫になります。固定位置はマストの一番下で構いません。とにかくマストに沿わせて立ち上げます。そのまま引き上げに使ったロープで倒れないようにエレメントの上部をマストにゆるく固定します。下が固定されているのでこれで倒れる心配がなくなります。そしたらエレメント固定金具をマストに装着します。完全に固定すると動かないのでゆるゆるでOKです。
この後下から少しづつエレメントを押し上げて固定、また押し上げて固定、これを繰り返してマスト上部に持っていきます。所定の位置まできたらしっかり固定します。
言い忘れましたが、ラジアルは後付けが正解です。風などで向きが変わるのでラジアルをつけたまま引き上げると間違いなくラジアルを折ってしまいます。とにかくこれを一人でやるので机上でいろいろ検討した結果です。慣れてしまえば1回の上げ下げで30分もかかりません。
この説明で判っていただけるか不安ですが参考までに。上げる前にケイタイに連絡してもらえばもう少し細かく説明します。

投稿: JA2HVW 水島 | 2012/06/29 22:32

水島さん
アドバイスありがとうございます。動きを言葉で解釈するのは意外と大変ですね。
要は順次組み立てながら垂直に上げていくということですよね。後のメンテ等考えるといい手ですね。ただ地上高13mの電柱の上で出来るかという問題がありますが。
まず私の場合、今回仮設置です、基礎ははφ48の足場材2mを畑に打ち込みます。その上に2mの同材を継ぎます、これにアンテナをUボルトで固定する予定です。本設置はプロと相談してやりますが建柱車がきますので、組んだものを吊り下げて固定できるのではと思ってます。メンテは??です。

投稿: yukio | 2012/06/30 20:59

関口さん 上げながら組み立てるのではなく、屋上で横倒しのままラジアルを除き全部組んでしまいます。それをロープでマストに平行になるまで引き起こします。マストに緩く縛った状態で少しづつ持ち上げていきます。風の合間をぬえば簡単に持ち上げられます。これを繰り返して頂部まで持っていきます。片手でエレメントを保持しながらもう一方の手でボルト締めをするのが少し厄介ですが。位置が決まってから最後にラジアルを付けています。こんな具合です。

投稿: JA2HVW 水島 | 2012/06/30 21:34

なんか誤解していたようですが、今度は日本語理解できました。

最後の締め付けのところがちょっと大変そうですが。おろすのはこの逆で、調整もできそうですね。今日は百姓、ジャガイモ堀です。

投稿: yukio | 2012/07/01 07:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/55080125

この記事へのトラックバック一覧です: R8その2:

« R8-CUSHCRAFT | トップページ | 筑波山の西側 »