« R8-タッピングビス | トップページ | 40年ぶりの144MHz »

2012/07/23

コン柱を立てる

Kondsc03554 Kondsc03566 ・今日から本当の梅雨明けのようで暑いです。
16mコン柱を立てる、機械力そのものですね。約30分で建ってしまいました。穴は3.3m掘る、水道管が出てきましたがさすがプロうまくかわしてセーフ。約2mで水が出る。
一番大変なのは長い柱の持込です。隣家の植木に引っかかりましたが前もって了解済みでなんなく持ち込めました。



Kondsc03569 Kondsc03577 ・バケットは15mまでしか上がりません。R8は一人が手で持ち上げて、もう一人が電柱の金具に締め付ける。
ラジアルも含めて全て地上で組んだ状態で手で持って上げる。風が無かったので良かったが、風があると多分できないでしょう。V/Uのアンテナ(X5000)もR8の下に取り付けてもらう。こっちは短くて軽いので簡単です。8DFB(フジクラ)というちょっと太いケーブルを取り付けました。


Kondsc03584 ・ワイヤーアンテナ用の吊り下げ滑車を2個、張り出し金具につけてもらう。これがうまく付き予想以上に快適に上げ下ろしできました。
金具もいっぱい取り付けましたのでこれだけで1時間くらいかかってました。最後は同軸ケーブル2本の電柱への保持をして完了です。私も最高に伸ばしてもらいバケットから見ましたが、とても作業をする気にはなれませんでした。14:30に仮ステーを張り工事は終了しました。
問題はR8のアンテナ特性ですが、やはり地上高2mでの状況とは大きく変わってました。まず7MHzの同調点が70KHz上がってしまいました。
それと大きな問題は地上2mですばらしい特性を示した18MHzがハチャメチャになってしまいました。なんでだろう??
Kon18mhz あんないい特性を示していたのに、ちょっとショックであります。メインマスト(トラップ2個の下)の長さを変える事によった調整できそうですがマニアルには何も書いてありません、いじるなと言うことか?
改悪になってしまいました。てっぺんは地上高22mあります、困った!!

|

« R8-タッピングビス | トップページ | 40年ぶりの144MHz »

コメント

関口さん おめでとうございます。ついに上がりましたね。7の共振点上昇はまあ想定の範囲でしょう。ところでステーはきちんと張ってありますか?仮設のままエレメントに沿って垂らしてあると影響が出ると思います。インピーダンスの関係で7よりむしろ18への影響が大きいかも知れません。正確な記録を残していませんが、ステーをつけることで少し共振点が下がるのを確認しています。

投稿: JA2HVW 水島 | 2012/07/24 15:39

水島さん

ステーの件ですが2段にとってあり下側をたらしたままです。長さが足りないので明日買ってきて引っ張ってみます。恐怖の屋根のぼりですが、、

投稿: yukio | 2012/07/24 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/55267520

この記事へのトラックバック一覧です: コン柱を立てる:

« R8-タッピングビス | トップページ | 40年ぶりの144MHz »