« ジャガイモを収穫 | トップページ | カラスにやられる »

2012/07/02

R8-上げる

R8dsc03338 Rdsc03349 ・天気が良いのでアンテナ立ち上げることにした。安全のためいちおうステーをつけましたが、手で持ち上げて立ててしまいました。Φ48の杭2.1m長を1.3m打ち込み1.2mの同径パイプを継いでアンテナをUボルトで締め付けました。ネジをしめるまでちょっと頑張りが必要ですがOMの支援のおかげで1人であまり苦労なく上がりました。2時間くらいでした。
ちゃんと同調してるかアナライザーをつなぐが振り切れたままである。何だこれは?Maching Networkなる黒い箱を開けてみる。よく見るとコンデンサーと抵抗が片側取れてぶらぶらしている。
R8dsc03343R8dsc03347_2  全部バラシて基板を抜き出し半田付けをする。よく見ると端子の半田も割れている、これも付け直す。信頼度もくそもあったもんじゃない。日本人から見ればひどいの一言。ラベルが逆さまに張ってあるくらいだから、怪しいと思ってたら本当だった。これでPASSなんて書いてあるんですから笑っちゃいます。

・修正してアナライザーがそれらしき値を示したので測定してみた。
組み立てたまま未調整の同調周波数です。ダブレットのように簡単にSWR=1.0とはいかないと思う、どこで妥協するかだ。測定中風がふいて揺れるとSWRがかなり変化する周りの影響をかなり受けているようだ。
それにしても1本の棒で8バンド出られるわけですから、頑張って調整してみましょう。早速7.1MHz付近で電波を出してリポートもらいました。東京郊外からですがコンデションが良いのかダブルバズカで59+40dB、R8バーチカルで59+20dBでした。

 Freq SWR  R  X
7.10 1.2 47 12
10.10 1.3 52 12
14.25 1.2 53 12
18.10 1.2 53 12
21.00 1.3 49 12
24.60 1.3 46 12
28.00 1.4 55 18
51.00 1.7 54 24

一部誤記あり修正 2012-07-07

|

« ジャガイモを収穫 | トップページ | カラスにやられる »

コメント

関口さん 無事上がりましたね。おめでとうございます。SWRは最良点のデータですか?現状でも十分性能が出ていると思います。短縮型なので7/10などローバンドは帯域が狭いと思いますがチューナを使えば十分使えると思います。13mに上げると対地容量が減って共振周波数が上がります。どのくらい上がるかは周りの条件次第ですので、こればかりはやってみるしかありません。予め少し低めに(バンド内で)セットされると良いと思います。参考になりませんが、私の7のDPの例では10mと23mで100KHzも変わりました。

投稿: JA2HVW 水島 | 2012/07/02 22:06

高さと周波数の変化に関する貴重な情報ありがとうございました。
今日は初めて18MHzで電波を出してみました。Esの出ている中でしたがJA5と59+でQSOできました。給電ケーブル(5D2V)をラジアルの上に持ち上げたら同調周波数が下がってめちゃめちゃになったので戻しました。なぜか18MHzはバンド中フラットですばらしいSWR特性です。

投稿: yukio | 2012/07/03 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/55104349

この記事へのトラックバック一覧です: R8-上げる:

« ジャガイモを収穫 | トップページ | カラスにやられる »