« コン柱に上るコツ | トップページ | 八戸市の2人が金メダリスト »

2012/08/08

Cushucraft R8の改修工事

Kondsc03761 Kondsc03769 ・Cushucraft R8の改修工事を行う。事情を説明して無料で上ってもらう。マスト締め付けUボルトがねじ切れてしまいました。ステンのインチサイズですので手に入りません、ユニクロメッキの8x110(¥84)を修正して使いました。改修工事は片側のUボルトを緩めて外す。ラミネート管のUボルトの丸くあたる部分の被覆を削り取って再締め付け。これを2回繰り返す。それと安全をみてこの鋼管をΦ5.5mmの銅線でアースしました。アース棒はΦ25mmの足場パイプを1.5m地中に打ち込んでこれにネジ止めする。これでだいぶ安定しました。
Kondsc03771Kondsc03773 ・それにしてもプロのコン柱上りの早業にはビックリです。1分もかからないでてっぺんまで上ってしまい、やおらベルトをかけて作業開始です。私がUボルトを買ってくる時間が最も長かったです。やはりこれでメシを食っているプロはいい度胸してます。
Dsc03560 ・このパイプはダメですね、やはり送信用アンテナはごまかしはききません。厚い被覆で破れなければ問題は出なかったかもしれません。最初の打ち合わせではステンレスパイプということでしたが何故かこのパイプになってました。

20120808ok R8r3361rs ・工事後のreturn lossはこんな感じでした。R3361Aでも見てみました。ちょっと揺られて落ち着くと思ってます。高周波は難しい、くっ付いてりゃいいではダメなこともあるんですね。
アメリカ方面に首を傾けなく、ほぼ垂直の状態です。
V/UのGPは特に問題ないので、重いものではないので、軽く締め付けてあるのだと思う。

|

« コン柱に上るコツ | トップページ | 八戸市の2人が金メダリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145464/55378499

この記事へのトラックバック一覧です: Cushucraft R8の改修工事:

« コン柱に上るコツ | トップページ | 八戸市の2人が金メダリスト »