« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/31

SSBだけで申請すれば楽勝かも

・今日ハイパワーの申請書を関東総合通信局に提出した。総ページ数がA4で20ページとなりちと多い。申請過程は諸先輩の方々がネットで公開していただいてますので、大いに参考にさせていただきました。一番わからなかったのは電波防護指針blog.pdf」 に基づく基準値に適合していることの証明という項目です。周り中が農地ですがどうするのか関東総合通信局の担当者に電話で聞いてみました。とにかく自分の敷地の端での電界強度が基準値以下になるようにしてくださいとのことでした。「農地でも人が来るでしょう」、、、そう言われればそうですね。でも(人が通常、集合し、通行し、そのた出入りする場所のこと)という定義とはちと違うと思うが?
まあ、いづれにしても宅地の境界での電界強度を求めてみることにした。「局免印刷」というソフトがこの試行錯誤をやってくれる。作者に感謝して使わしていただきました。3.5MHzのダブレットアンテナが境界ぎりぎりに張らなければならず心配した。高さを10mにすると基準値以下になることがわかった。実際は人の身長2mがあるので8mで計算される。幸い3.5MHzの基準値は230.5V/mと高いので助かった。1.8MHzはあまり使わないと思うのであっさり諦めた。とはいっても3.5MHzのダブレットの先に付けるローデングコイル(トラップ)は作ったが、あまりの重さに付けるのを諦めたのだ。いずれにしても良く調べたり作ったりとにかく頭を使うのでボケ防止によろしい。
それと28MHzが基準電界強度が低い(27.7V/m)ので厳しくなる。これは地上高13m(給電点)とあげてあるのと平面位置が境界より8m離れているのでなんとかクリアーした。それと八木アンテナ等と比べて利得が3dBiと低いので助かった。給電線の損失はオーバーしたら入れようと思っていたがその必要はなかった。電波形式はCWとSSBだけにしたので平均電力率の多いCW 0.5を使った。SSBだけで申請すれば平均電力率0.16で1KWで160Wの出力となり大幅に電界強度が下がるので、こんな手もあるかと思った。逆にAMなどは平均電力率1.0となり平均電力が1KWとなるので厳しくなる。関東総合通信局に聞いたのは、この件とリニアアンプの改造の件だ。改造はどこをどう改造したか、ブロックダイアグラムも付けてくださいと言われる。それとエキサイターの技適というのもなくなると言われたので、ブロックダイアグラムを付けた。自分で申請書を書いてみてハイパワーの方が高いタワーを建てている理由がわかりました。
何時変更申請を出そうかと思っていたが、急に10月末までにやろうと決めて約2日で一気に書類を書き上げた。やはり周辺図、アンテナ配置図、断面図の作成が最も時間を費やした。QSO中にハイパワー局と解ると時々聞いてはいたが、やってみると解らんことは誰でも解んないなと思った。誰でも不思議に思うのは電波防護指針てのは自分は防護しないということだ。
申請過程はブログで公開しようとも考えたが、私のような初心者が今更と思いやめることにしました。気が向いたら経過報告は書こうと思ってます。
私の場合、DXをやってパイルに勝ちたいとかいう願望は全く無いので、いたって気楽である。ところで先日なんとかコンテストで28MHzを聞いてみたが、なんだか全世界の局が聞こえてきて、ちとビックリでありました。特にヨーロッパの知らない国が出てました。それとアフガニスタンの局がパイルになってました。28MHzなんて何も聞こえないのかと思っていたがすごいこともあるんですね。DXをやる人の気持ちが少しわかったような気がしました。

| | コメント (0)

2012/10/28

里芋が食べごろ

Imodsc04623 ・里芋が食べごろなので掘ってきました。これ掘るのは結構な力が要ります。そしてとってきてから洗って、剥いてと食べるのは大変です。この姿からは想像できませんがなめらかでうまいのであります。ケンチン汁が一番合います。私の町の名産のようなもので道の駅「ごか」に沢山出てます。

| | コメント (2)

2012/10/26

生きてくためには何でも食う

Ssdsc04622 ・10日ほど前にホウレンソーを播いたが良く生えないので昨日播きなおした。また播く時期を変えて順次収穫できるようにしたつもりでいた。
朝起きてみると、覆った土が散らかっている掘って見てもほうれん草の種は無い。どうもスズメが食べてしまったようです。良く知ってるんですね、ちょっとスズメの知恵にびっくりであります。直ぐに寒冷紗 を掛けました。こんなことするからカラスとスズメは嫌われるのです。生きてくためには何でも食う、、種だろうが実だろうがかまっちゃいない?、、おいおいもう遅いタネ播きなんだから食わないでくれ!

| | コメント (0)

2012/10/24

コスモスの咲く季節

Cosdsc04587 ・コスモスの咲く季節になり、朝晩寒くなってきました。このコスモスは田圃道に自生しているもので毎年清楚で綺麗な花を見せてくれます。

| | コメント (0)

2012/10/20

88-お祝い

88dsc04562 ・今日は、ばあさんの88のお祝いです。余興は子供(孫)が大活躍です。最近の子供は恥ずかしいなんてどこ吹く風です。大人顔負けでマイクをにぎってます。小さい子の歌もカラオケがあるんですね、初めて知りました。出席者の最高齢は95歳です。二人酒をデュエットしましたが、つんぼばあさんの勝手な歌に合わせるのはほねおれますね。大汗です。
間を持たせるのに太平洋戦争時の兵隊送りの家族集合写真とばあさんの娘の頃の写真を回したら、大好評で焼き増しすることになりました。こんなの関係者は誰でももっているだろうと思っていたが、意外でした。特に実家が火災にあってますのでだいぶ焼失してしまったようです。まあ身内だけの少人数のお祝いでしたが、みんな肩がこらずにリラックスして楽しんでいたようで、ほっとしました。

| | コメント (0)

2012/10/16

TS-830 VFOの周波数変動

Vfodsc04481 ・TS-830 VFOの周波数変動が多く困っていた。10時間電源入れっぱなしで約+500~600Hz変動する。たまたまヤフオクにVFOが出ていたので購入してみた。アタリでした。変動が+200~300Hzになりました。普通の短時間QSOでは変化するとは言われない範囲におさまっています。たぶん変動原因は発振回路のコンデンサーの温度特性による容量変化だと思う。
VFOの下に付いているTRIO TS-830Vのロゴですが、変動の多い方は金色で変動の少ないほうはシルバーです。たまたまこうなったのか解りません。自分として許せる範囲になったので良しとしました。これ以上の精度が必要ならDDS等にすればよいわけだが、この程度の変動であればオリジナルを使いたいと思う。ただ100Hz単位の表示なのでCQを出すとき100Hz程度ずれる可能性がある。これが嫌なら良い受信機との鳴き合わせ、10Hzまで読めるカウンターの取り付け等考えられる。こんな機械も1台あっていいかなということで現状維持とすることにした。だんだん元の性能を取り戻してきました。完璧になると神棚にでものせることになるので不完全な部分があってよいのかなとも思っております。

| | コメント (2)

2012/10/15

キャリアポイントの調整

Lsbdsc04473 ・TS-830もだいぶ完成に近づいてきました。キャリアポイントの調整を行いました。
 この調整方法は3.5MHzで有名なKusano Repair schoolよりご教授いただきました。調整に必要な測定器はカウンター、AF発振器、パワーメーターです。
私の使ったAF発振器はPanasonic VP-7201Aという骨董品です。大きなダイアル板にメンデングテープを貼って1KHz、350Hz、2.7KHzをカウンターで計測してその位置に鉛筆で線を引いてそこに合わせると当該周波数が出るようにして調整しました。 

①IF基板の奥にある8375KHzの水晶発振器の周波数をTC2で合わせる。

②AF入力1KHzで60W出力に調整する。要はフィルターのセンター付近の出力

③AF入力350Hzで15WになるようPLL基板のLSB側TC2を調整する。

④AF入力2.7KHzで15WになるようPLL基板のLSB側TC2を調整する。

コレで455KHz(CFJ455K5)セラミックフィルターと8830KHz(YK-88S1 2.7KHz)クリスタルフィルターに主要音声周波数を入れる事ができます。
LSBの設計周波数は8.8285MHzですが調整後の周波数は8.82841MHzとなりました。これでそこそこの音になるはずである。あとは好みで若干の周波数をずらせば良いと思う。

| | コメント (0)

2012/10/07

6146カソード抵抗の不思議

Rdsc04415 ・TS-830の出力が100W出ていたものが60Wと少なくなった。最初は真空管がへたったかなと思っていた。NOSの6146Wと差し換えても変化なし、12BY7を差し換えてもダメ???
よく見てみるとALCが振れないのにプレート電流が300mAも流れてしまう。考えてしまう、、、ファイナル関係の電圧を測定したが特におかしいところは見つからない。ファイナル基板部を外して見ました。R2~R5のカソード抵抗4本20Ωを外して測ってみました、なんと20Ωの抵抗が25Ω~33Ωに増えていました。ソリッド抵抗の抵抗値が経年変化で大きくなることは知られている。こんなに変化するものか?驚いてしまう。20Ωの抵抗の手持ちが無い、10Ωの抵抗があったので2個並列接続して合成抵抗値5Ωとした。
Rdsc04422 結果はピタっと安定にIP≒240~250mAで全バンド100W出ました。SSBアイドル電流60mAが安定しなかったのですがコレも一度調整すると変化しなくなりました。
半月ぐらい悩みましたが解決しました。この機械は私が10WのTS-830Vを改造して100W化したものでこのような状態が顕著に現れたのか?。改造後しばらく100W出てましたが、ある日突然おかしくなりました。コネクターの抜けや接触不良等なかなか楽しませてくれる機械です。寿命の尽きた機械ですので決してKenwoodを批難するものではありません。当時としては最高の性能でアナログ真空管最後の名機だと思ってます。途中無線の世界をスキップしてましたので、あのアーサー・コリンズ氏をうならせた機械にふれられて幸せに思います。
「6146カソード抵抗1.pdf」をダウンロード

| | コメント (2)

2012/10/03

竹のアンテナ支柱

Takedsc04366 ・台風前に7Mhzのダブルバズーカを滑車で下ろしました。大きな力が加わったわけではないのに竹が折れてしまいました。おかしいなと思い折れたところを見たら虫が食ってボロボロでした。やはり春夏切りの竹はダメですね半年で寿命とは。前の竹山で細めの竹を切ってきました。長さは9mありました。古い竹(今年のものはダメ)要は色の黒目のもの探して取って来ました。

| | コメント (0)

2012/10/01

風に耐えるCushucraftR8

Tdsc04354Tdsc04361_2 ・夜11:00ころの写真で不鮮明ですが台風17号の風に耐えるCushucraftR8です。最も強い風のときなのかは分かりませんが、かなり曲げられてました。風速20~30m/秒でしょうか、柳に風状態ですが見てると怖いです。

朝見るとこんな感じで曲がってました。ステーはゆるゆるにして有りましたので殆んど機能しなかったと思います。飛んだときに遠方に行かないようにした止め綱でした。最下段のパイプ接続部が少し曲がったように見えます。
Tdsc04365_3
・ステーを引っ張ると元に戻りました。
このアンテナは棒1本ですが、こんな高いところに上げる代物では無いですね。ステーもピンと張った方が良いのか、わかりません。ただ今回の台風では恐ろしいほど曲がってましたがほぼフリーで折れなかったです。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »