« アースとアンテナ引き込み関係 | トップページ | 出力調整 »

2012/11/11

USとJAの差

・朝7:00頃ラジオのSWを入れると、コンテストらしき呼び出しが聞こえている。14、18、21MHzと回していくと59++のWの局が飛び込んできた。N5CRという局だ。やけに強いのでQRZ.COMで調べてみた。
2011年にリタイアしてテキサスからワシントン州の海岸高台に移住してハムをやっているConradさんという人だ。地上高22メーターのタワーにSteppIR DB36+Elecraft K3という設備だ。ここまではいいが海辺の標高154mにはまいった。JAへは何も邪魔するものが無く飛んでくるのでしょう。強いわけだ。カナダとの国境付近でビクトリアという有名な観光地も近くにある。
リタイアしてハムをやっているのは私と同じだが、やってることのスケールの大きさに驚く。私の竹竿アンテナ+田圃の水の反射と「太平洋+お山154m+22mタワー+StepIR」では勝負になりません。「土着農耕民族」と「移動狩猟民族」の差を強く感じた日曜日の朝でありました。
さて今日はアンテナの竹竿が古くなったので、前の竹山で12mの孟宗竹切ってくっか!!

|

« アースとアンテナ引き込み関係 | トップページ | 出力調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アースとアンテナ引き込み関係 | トップページ | 出力調整 »