« R8-2番仮設置-ロープの結び方 | トップページ | パチンという音 »

2013/01/27

R8-2番仮設置-VNWA

R82_2 ・ 人間だんだん横着になっていくものです。いっぺんに全バンドのSWRを数値で見たいと思うようになる。私はマニアル見て理解するのが得意でないので適当に試行錯誤してみました。まずS11 VSWRを選びOptions-Operation modeでVNWAを選択しスイープします。SWRの表示単位を0.1にします。
1、画面が出たらSettings-Diagrams-Disply-Traces2を選ぶ。

2、グラフ画面上で右クリックでCursor-Trace2とするとグラフの上部にCursor Trace2: xxxMHz 1.x(SWR)と表示される。

3、画面は最大にする。

4、Cursor Trace2: xxxMHz 1.xの表示位置が気に食わない場合はこれをクリックしてドラッグすれば適当な位置に移動できる。

5、+カーソルがでるので自分で見たい周波数のSWR最低の位置に+をもっていく。カーソル位置の情報がCursor Trace2: xxxMHz 1.xに表示される。あまり正確な情報は読み取れないが、そこそこ使える。なんだかだんだんSWRが上がっていくようで困った。限りなく1.0にならないと気がすまない人は、このアンテナR8は使えない。

・スペアナのようにマーカーのnextで次々にminimum点を表示できないのかな?
・縦軸の目盛値が入らないのか?
私が知らないだけで、できるのかも、

|

« R8-2番仮設置-ロープの結び方 | トップページ | パチンという音 »

コメント

関口さん 先日はお邪魔しました。R8のステーで思い出しました。私も台風で過去3回パイプを折りましたが、決まって下から2番目。その都度ステーの位置を変えましたが、クレモナロープは強風の際伸びるらしく、肝心の時にステーが効かず挫屈したようです。過去の経験から容量環から上は丈夫で一度も折れたことがないので、今考えているのは下から2番目をとにかく揺らせないようにするためこのパイプの上部と下部から2段ステーを考えています。またステーの材質はデベロープ(グラスファイバー)に変更します。すでに一番細い4mmを入手しました。これは全く伸びず丈夫です。とは言うものの寒いので作業は春までお預けです。

投稿: 水島 | 2013/01/27 22:15

水島さん

「あんこ」の和菓子、あまさが丁度良く家で評判がよかったです。ありがとうございました。
ステーの位置は悩む問題です、今回は2012/10/01の薄暗い台風の夜撮った曲がったR8の写真と今回の雪での折損から推察してます。デベロープは雪が滑っておちそうですね。
今回の雪での経験からですが、強度だけを考えるとステーは水平に近いほうが効きそうですが、雪の付着は最大です。今回ステーの位置もアンテナの近くに持ってきて急角度にして雪の付着を防ぐつもりです。なかなか全てを予測して対応するのは大変ですね。

投稿: yukio | 2013/01/28 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R8-2番仮設置-ロープの結び方 | トップページ | パチンという音 »