« パチンという音 | トップページ | AC電圧の確認用 »

2013/01/29

R8-1番のトラップコイルBT1

R82dsc05344 曲がったR8のトラップコイルBT1をアルミ筒から抜いてみました。BT1は14/18MHz用です。コレは下側ですので多分18MHz用コイルです。中のアルミパイプ(φ19)に巻き線の上側がつながって下側はアルミ外筒につながってます。中のアルミパイプはデルリン?かポリカ?でインサート成形されてます。水が入ったとき抜けるような構造になってます。アルミ外筒に締め付けるネジ穴の深さを測ったら14mmでした。あまり長いネジをつけるとショートしてしまいますので要注意です。12mmの長さのネジだったら問題ないことがわかりました。風に何回も揺られて外筒とプラスチックがすれたのでしょうかアルミ粉が出てきました。
毎日からっ風が強くてアンテナがいじれない、じっと空を見る。であります!!

|

« パチンという音 | トップページ | AC電圧の確認用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パチンという音 | トップページ | AC電圧の確認用 »