« アンテナがダミーロードでないことがわかる | トップページ | 初めてQSLカードを送る »

2013/02/20

当時と今で何が違うか

Cqdsc05515 ・CQ誌の2月号は800号記念とある。3月号は「CQ誌とわたし」というのがのっている。あまり気にしてなかったのですが、良く見ると創刊号は1946年で私と同い年である。私の開局は1963年(昭和38年)です。この年の誌の表紙を見るとこんなものあったなと思い出す。
は1963-12月号に載ってたんですね。当時と今で何が違うかですが、クラブ記事の写真の人が今のようなジサマはいない、とにかく若い人ばっかりだったことだ。それと宣伝のページがだんだんと増えていった、今は逆に減少している。
なにも解らないで見てたからかも知らんが内容が今より濃かったと思う。送信機、受信機なるものは売られていたが、貧乏人には買えなかった。CQ誌をみて自作するしかなかった。今は作るより買ったほうが安いだろう。技術の進歩で素人には手が出ない領域も出てきている。したがってCQ誌も変らないと売れない。ネットと携帯電話の進化で衰退するのか、今やっているジサマの趣味で終ってしまうのだろうか?、311の震災以来開局申請は増加傾向にあるというが若い人の声は聞こえてこない。

|

« アンテナがダミーロードでないことがわかる | トップページ | 初めてQSLカードを送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンテナがダミーロードでないことがわかる | トップページ | 初めてQSLカードを送る »