« 鳥島沖のレアアース | トップページ | 7MHzダブルバズーカの21MHz »

2013/03/03

R8海を越える

・3月2日(土)10:00頃たまたま14MHzを聞いてみるとなにやら騒々しい、調べてみるとARRLのコンテストのようです。これはアンテナテストにいいぞと言うことで、強い局を拾って呼んでみました。
California、Arizona、Oregon、Texas、Washington、New Mexicoの各州の局と出来ました。地図で見ると西の方ですね。他は私には聞こえませんでした。59 QSLですから私にも出来ます。なんか59の後に出力を言うらしいのでまねをした。呼んだ局は全部出来ましたのでんこんなものかと思いました。州名をフルで言う人と略称で言う人がいてハチオンが最初解らなかった。59++で大変強力な局が多い。耳を澄ましてなんて趣味が無いのですが楽に出来ました。10局くらいやりましたがDS0なんて局も呼んでしまいました。後で調べたら韓国でしたHLばかりじゃないんですね。初めてコンテストて呼んでみました。なんかUSA以外の局を呼んでUSA以外はやらないなんて言われてる局がありました。良くわからんが点数でも違うのか、呼んではいけないのか解りませんでした。
Cushucraft R8というバーチカルアンテナですが、高いタワーに乗せた八木アンテナでなくてもはるか彼方に飛んでいく、電波は不思議です。でも近くは殆んど飛びません。

|

« 鳥島沖のレアアース | トップページ | 7MHzダブルバズーカの21MHz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥島沖のレアアース | トップページ | 7MHzダブルバズーカの21MHz »