« 7MHzダブルバズーカの21MHz | トップページ | SDR-HDSDR »

2013/03/11

なかなか追いつきません

Soft66lc41・浦島太郎は皆さんを追いかけてますが、なかなか追いつきません。SDRと言われるソフトウエアラジオを見てみたくなり、ちっこいハードを求め動かしてみました。ハムスクエアというWebShopで売っているSoft66LC4 8,500円というものです。最初XpでやったがなんかうまくいかないのでWindows7ネットブックにいれてみました。最初はマニアル(とはいってもWeb上の)ご推奨のSDRdioを入れてみました。最初に入れるFTDIのドライバーは難しいことは考えずUSBケーブルをさした時にネットの自動検索でインストールしました。Soft66LC4のコントロールソフトは指定のZipファイルを開いてSetupしました。

Soft66lc4dsc05597・AFの出力はノートにはLine-inは無いのでステレオミニプラグでMIC端子に直接入れちゃいました。動いてしまった。R/Lのつなぎが逆なのかLSB/USBが反転してました。OptionsのSwapIQで反転させました。

最初にさすがSDRと思ったのはスペクトラム表示の画面にある水色の縦線が受信帯域を示していてマウスで簡単に変えられることです。写真は50Hz~3000Hzにしたものです。周波数の設定が少し面倒です。LO基準周波数をlc4コントローラーでセットする。SDRdioの周波数表示をクリックして同じLOをセットする。という操作をすると周波数目盛が実周波数を表示します。LOを”0”にしておけばコントローラーで指定した周波数が”0”で±の相対表示となります。スパンを選択する。スパンで示された周波数間を動けます。これでスペクトラム表示のとんがったところをクリックするとそこが受信できる。
どこがずれてるのか周波数表示が120Hzほど低い。1時間ほど動かしてたが特に周波数変動は感じられませんでした。Denoiserとかいうのがありますが良く分かりません。ノイズをカットしてくれるのでしょうか?
まだ短時間しか動かしてませんが、正直ビックリです。いろんなソフトがあるようですがSDRdioはシンプルで分かりやすいです。機能も7MHzSSBの国内ラグチューに使うには十分だと思いました。

|

« 7MHzダブルバズーカの21MHz | トップページ | SDR-HDSDR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7MHzダブルバズーカの21MHz | トップページ | SDR-HDSDR »