« なかなか追いつきません | トップページ | Argo »

2013/03/12

SDR-HDSDR

Sdrhdsdr_4・HDSDRというソフトを入れてみました。第一印象はSDRadioのほうが音がきれいな感じがしました。Waterfallという表示は私の好みで無いので画面をすこし変えてみました。こっちはちょっとごちゃごちゃしてますが基本的には同じです。受信帯域が別枠で表示されます。スペクトラム表示画面をクリックしてのSSBの受信周波数設定ですが慣れてくると波形からも分かります。7,1MHzの拡張バンドは3KHzおき、などぴったりした周波数で出る人が多いのでメモリからも判断できます。丸いダイアルを回さないと気分が出ないのは確かですがこれも慣れればいいかなと思う。
SDRadioと大きな違いは録音機能があることです。RF、AFとか指定できるのがSDRらしいです。ノイズリダクション機能としてNR、NB、Notchが付いてますが効き具合はまだ試してません。それと処理時間の関係でしょうが受信号が遅れて聞こえることに気づきました。それとLO周波数を変えないのであればSoft66LC4 ContorolはCloseしても良いようです。

・SDRには直接関係ないんですが最近菖蒲放送所NHK第一、第二のAM放送の高調波が入って来ることがわかりちょっと困ってます。特に第一594KHzの第6高調波である3564KHzが3.5MHzのアマチュアバンド内に現れます。これがガサガサとバンドを荒らします。ノイズは近い外国からと思っていたら、もっと近くにありちょっとビックリであります。菖蒲放送所までは直線距離で10数キロメートルだと思う。まあNHKの公共放送ですから高調波は管理されて基準以内に収まっているのでしょうが、こればっかりは出す側で抑えてもらわんとどうにもなりません。アマチュア無線のスプリアス規格だけ目くじらたてづに500KWの電波は綺麗にしてもらいたいもんです。

|

« なかなか追いつきません | トップページ | Argo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかなか追いつきません | トップページ | Argo »