« PSNのSSB発生器 | トップページ | カボチャの種 »

2013/04/19

Flex-1500-送信

Flex1500imd1Flex1500imd2・「おもちゃ」をいじり始めましたが、設定の項目がテンコ盛り、操作はマウスときて、爺さんにはかったるいです。デフォルトで通信はできますが、マイクゲインもちょっといじるとハチャメチャな音になったり、ちっこいネットブックの画面ではつかれますね。でもさすがSDRです、Two-Toneテストがメニューでできるようになってます。AFの設定周波数により波形が極端に変化します。仕様書にはIMD3-32dB below PEPと書いてありますのでこんなものなのでしょう。送信のモニターも画面に出ます。
送信始めに不快な音を発します、MOXでもハンドマイクのPTTでも出ます。考えられる設定をいじっているのですが直りません。狩猟民族はこんなこと気にしないのでしょうか!
Equalizerも10bandもついていますが、勉強不足で使い切れません。Nose Gateなんかもありますね。
説明の絵を見るのと日本語は得意なのですが、横文字だけでよくわかりません。真空管のラジオいじって喜んでた「じいさん」が急にSDRにジャンプしたわけですから犬星です。ただ重量0.9Kgは腰を痛める心配がいりません。

|

« PSNのSSB発生器 | トップページ | カボチャの種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PSNのSSB発生器 | トップページ | カボチャの種 »