« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/31

Flex-1500の縦目盛り

・SDR Flex-1500の縦目盛り(レヴェル)が正しいのか気になり調べてみた。
Flex150070dm HP8656BというでかいSGから-40dBからー120dBまで信号を出して目盛りを見てみました。ピッタンコ合ってました。さすがです、本当は測定器としてSDRを使う前に確認する必要があるのでしょうが後回しになってしまいました。スペアナよりSDRのほうが自局の電波を見るのは簡単なのでこちらを見ることが多くなりました。またコンピューターに繋がっている機械は資料整理も簡単で助かります。
Sg70dbm_2・このSGはでかくて重いのですが安定に動きます。最低は-120dBmまでしか出ないです。下桁は10Hz単位です。電源が入らないということでかなり安価で求めたものです。こんなところで役立つとは、、、


Att・モニター環境を作るため、どこかで求めたジャンクを引っ張りだしてきました。受信機に入れる信号はかなりレベル減衰する必要があります。定まったら固定アッテネーターに入れ替える予定です。

| | コメント (0)

2013/07/30

浅間川締め切り跡

Tone3Tone1Tone2・暑くてなかなか外にでられません。少し運動不足ぎみです。26日にそれほど温度が上がらないとの予報を見て30Kmコースに出かけました。加須サイクリングセンターは誰もいませんでしたが、中が冷房されてました。未来館で食事をして2時間ほど休息をかねて以前から気になっていた史跡を見てきました。未来館の左下にこの史跡はあります。徳川幕府の大事業である利根川東遷事業の際に小河川がだいぶ締め切られた。これもその一つです。案内板は最近立てられています。もしかすると私が前にこの加須未来館の職員にこの締め切り跡について質問したら、解りませんと言われた。調べたら重要な碑なので説明板を立てたのでしょうか?、400年前に起こったことですので年寄りに聞いてもほとんど解りません。私が毎日眺めている利根川土手はこの家康の事業で開削された人工水路で当時赤堀川と呼ばれていたそうだ。

| | コメント (0)

2013/07/29

すいた腹を満たす

Dsc06624・勤めていたときは結構外で昼食はしたのですが、最近ほとんど外食はしません。先日、大宮に出かけたとき入った店(さくら水産)ですがセルフサービスでしたが刺身定食・650円でメシ、味噌汁お代わり自由、卵、のり付きで旨かったです。これが一番高く、他はだいたい¥500です。昼時しかやってないようですが、常連と見受ける人たちが次々と入ってました。厳しい時代ですが、それないにやってるところはあるんだなと関心して店を出ました。場所もソニックシテイ前でビジネスマン風の人も多いですが、作業員風の人たちもかなり見受けられました。だいたいこういう人たちが列を成す店は、安い・旨い・早いです。豪華な気分でゆったりとはいきませんが、昼飯にはこれで十分です。

| | コメント (0)

2013/07/28

JRL-2000F-リモコン修理

Jrl2000fdsc06687Jrl2000fdsc06689Jrl2000frcdsc06669・JRL-2000Fのリモコンは使ってないのですが、だいぶ前にBard43のパワー計の重いのをこのリモコンの上に落としてしまいました。リモコンのボタンが右列が利かなくなりました。整理してましたら出てきましたので思い切って直してみることにしました。JRCに確認したのですが在庫も無いし修理も出来ないそうです。最初の関門はケースをどのようにして開けるかです。ネジ等は全くありません。
Jrl2000fdsc06693Jrl2000fdsc06691_3私は下側のところにドライバーを入れてこじりました。思い切ってこじりました。すると裏ケースが写真のように割れました。ここを左右に開くと出っ張りの勘合用ツメが外れて分解できました。荒っぽい手段ですがこれしか考えられませんでした。開けると基板が割れてました。とりあえずアロンアルファで接着しました。見ればつなぐところは解りますので細い線で半田付けします。何回かテストで分解しました。いちおう全部ボタンが機能しました。あまり面白くない修理ですが結構大変でした。物を落として潰してしまうなんてアホーは私くらいでしょうが、この修理は技術もなにもありません、ただヤル気だけですね!!
今はTV用の学習リモコンなんてのがありますので、もしかすると代用できるかも知れません。

| | コメント (2)

2013/07/27

儲からないことに汗は流さない

Hiedsc06630_2・米作りの人にとっては雑草の「ひえ」ですが異常に繁殖しています。家でもかみさんが気にして抜いてました。親が仕事ができなくなったりすると、次の代は農業には全く興味の無い人もでてきます。あまりひどいと周辺に種が飛んでいくので困ります。今はいい除草薬もありどうってこと無いのですが。このへんの小規模の百姓はまず赤字です、若い世代は割り切ってます、儲からないことに汗は流しません。
「お金がどうのじゃ無いんです、自分の田圃の周りに草があると気分が悪いんです」と言う「おばーさん」がいたが、こういう世代の人はもうやれない年代になってしまったのです。

| | コメント (0)

2013/07/26

庭のスイカ

Dsc06643・庭のスイカが熟れすぎてしまうので採って保管することにした。大玉は中が空いてもう食べられないのもあった。経験してわかってきたのは、大玉はたたいて音が鈍ってきたらすぐ採らないと出来過ぎてしまいます。小玉もしま柄のものは塾したらすぐに採らないとダメです。黒玉は皮が硬く長持ちしますので少し多めにならして甘味を増して食べるのが良いです。天候にもよりますが今年のように暑く、夕立が多い年はとにかく成長が早いです。
写真は小玉の縞柄のものですが皮が薄く、切って冷蔵庫に入て冷やすとおいしく食べられます。肥料は化成はひかえて、油粕、米ヌカ、腐葉土などを定植前に土に入れると、甘いスイカが食べられます。スイカ作りもだいぶ経験しましたので、熟れ具合、も敲いて解るようになりました。ウラナリといわれるものがいっぱい着いてますが、つるが枯れてませんので追肥をしました。これでお盆過ぎまで食べられます。庭ですのでカラスの被害は”0”です。

| | コメント (0)

2013/07/23

ようやく稲穂が

Dsc06621・ようやく稲穂が出てきました。ほぼ平年並みの時期です。私が子供のころ23日がお祭りで神輿の孔雀に稲穂を咥えさせました。
残念ながら祭りはかろうじて残りましたが、神輿は出ません。

| | コメント (0)

2013/07/22

JRL-2000F-3 いまだに解らぬ現象

・テスト中にVDが送信時異常に電圧降下していることがありました。
無送信時:VD=80V、ID=0
送信時 :VD=62V、ID=25A
電流が80Vの時とあまり変わらず出力も1KWでている。メーター表示だけおかしいのか?
なんか狐に化かされているような感じでした。しばらく電源OFFしておいて、ONしたら正常に戻りました。

正常時はVD 80.2V(無送信時 ID=0A)~79.2V(1KW時 ID=25Aのとき)までの変動とすごい。普通の真空管アンプの高圧なんかでは考えられない、針1本くらいしか動きません。

いろいろ試行錯誤でテストしていると現象がでる条件がわかってきました。電源OFFしてから30秒以上待って再電源ONした場合この現象は出ないことがわかりました。テスト中でしたので電源OFFしてから数秒でまた電源ONをしてました。

オペレーションで逃げられますので深く追求するのは止めてます。私の機械特有の現象なのか全ての機械で起こっていることなのかは解りません。電源OFFしてから30秒後でないと再電源ONできないような回路を組めばよいのでしょうが、同様の現象が出ている方、対策している方がいましたら教えてください。

| | コメント (2)

2013/07/21

選挙で立会人

・今日は参議院議員選挙で投票所の立会人です。投票時間を2時間繰り上げ20:00から18:00となりだいぶ楽になりました。明るいうちに開票所に投票箱を運べました。投票率はかんばしくなく不在者投票も含めると50%程度ですかね。暑さもほどほどで少し楽をさせてもらいました。それにしてもほんとに近所の人しかわからず、世間知らずだなとつくずく思いました。
自民圧勝のようですが、良いような悪いような感じです。ねじれがなくなり法案がすいすい通るということは無いんでしょうが、なんとなく独裁政権のように見えてしまいます。

| | コメント (0)

2013/07/18

JRL-2000F-2 1KW調整と失敗談

・1kW改造ですが以下の3箇所だけです。

1. PA基板の改造
  CCB-367 PA CONTROLのR88をカット 抵抗の片側の半田を浮かす。
2. 電源ユニット出力電圧の変更
  VDを80Vに設定
  
背面パネルの中央付近にあるゴムキャップを外しマイナスドライバーでボリウムを回す。

3. ALCの再調整

  CDJ-1143のRV1を回して1kWの出力(ALCのかかり始めるパワーを設定)
   エキサイターとのALC調整は別です。

 改造が終わり14MHz SSBFMラジオの音声を入れて連続テストを始める。あまり気にしてなかったのだが1KWダミーロードの油タンクの上が異常に膨れて見える。タンクのキャップを緩めてみたら油が空気とともに噴出する。相当圧力が上がっているようだ。ネットでBIRDの同様のModel694というマニアルを見てみる、驚き、、使う前にクーラントタンクの上にあるshipping plugを外してvent valveに付け替えろと書いてある。要は密閉してはいかんと書いてあるのだ。良かった、もう少し知らずに使っていたら爆発して油まみれになったかも知れない。ああ恐ろしや、調べるとキャップのネジはUNC9/16(細目)である、このネジを2山くらいしか閉めないで空気が通るようにした。要は密閉しなければ良いのだ。
Jrl2000f2011
・全バンドで1KW出ることを確認する。さすが軍用ダミーロードも連続テストで少し熱くなりました。

・このダミーロードの特性を見てみました。DA-75/Uという500Wのものもあるのですがこちらのほうが特性が良好でした。
,
   [与太話ですのでそのつもりで見てください]

                                                                                                       
DA-173

周波数

SWR R X
1.9Mhz帯 1.0 51.0 0.0
3.5Mhz帯 1.0 51.0 0.0
7Mhz帯 1.0 51.0 0.0
10Mhz帯 1.0 50.0 0.0
14Mhz帯 1.0 50.0 2.0
18Mhz帯 1.0 49.0 3.0
21Mhz帯 1.0 49.0 3.0
24Mhz帯 1.0 48.0 4.0
28Mhz帯 1.1 47.0 4.0
50Mhz帯 1.1 45.0 3.0
144Mhz帯      

| | コメント (0)

2013/07/17

EPSN-TS-830組込-2

Ts830epsn・EPSNが調整完了して2ヶ月以上経過してしまった。Windows7への移行とかSDRをいじりまわしていた。私のスピードが遅く止まっているので、中村さんの工房で8.83MHzのフィルターをスルーさせるリレー基板を作ってくれた。リードリレーを使った高級なものでCWフィルターのスペースにピッタリに組み込めるものです。
Ts830filtersdsc06592_3これがあれば、、、ということで組み込み始めました。フィルターをパスさせなくても電波は出るでしょうがせっかくですので送信時PSNの特性がでるようにし、受信はオリジナルで出来るようにしてます。改造も一気にやるとうまくいかないとき解らなくなってしまいます。私のような初心者は段階的に進めるのが安全です。
せっかくですからピン使ってPSNとオリジナルの455フィルター出力を切り替えられるようにしました。瞬時には切り替わりませんがとりあえずこれで実験は十分と思います。TS-830オリジナルのスピーチプロセッサーなるものはD40をニッパーで切って殺しました。これで机上では動くわけなんですがはてどうなるか?

・リレーの取り付け位置ですが、リレー基板からの線が長くなってしまうので8.83MHzのオプションフィルターの位置に移しました。

| | コメント (0)

2013/07/13

大玉スイカ

Dsc06543・大玉スイカです、食べるのが大変そうなので、ばあさんのデイサービスで迎いに来る老人ホームに持っていってもらった。重さは8.5Kgありました。
切って冷蔵庫に入れるのは小玉スイカが向いてます。普通元なりと言われるスイカがうまいと言われているが、天候の加減か今年の元なりは皮が厚くてうまくない。地面が程よいしめりのとき付いたスイカは成長が早く皮も薄く味も良かった。今までの経験から、肥沃な畑はダメでサツマイモくらいしか採れないような瘦せた畑がうまいスイカが出来る。こういう畑はあるんですが、家から遠くカラスにつつかれるので網をはる必要があり面倒です。

| | コメント (0)

2013/07/12

JRL-2000F-1

・2年ほど前「JRL-2000FH.pdf」をオークションで手に入れる。

Jrl200fimg_3198完動品ということであったが、調子が悪くあちこち直したのでその記録の一部を忘れないように記す。ほとんど使用してなかったものということでしたが、これはそのとおりで酷使されて壊れたのでは無いです。
修理した項目は
1)PS1 12Vスイッチング電源の不良で交換
2)裏面パネルのON-Externalスイッチの交換
3)電気二重層コンデンサー(メモリーバックアップ)の交換

を行い、ほぼ完璧に機能回復しました。

1)
PS1 12Vスイッチング電源の不良で交換、ですが
電源ONで電源が入ったり入らなかったりかなり不安定でした。こんな重いでっかい物をバラスのは億劫ですが分からないので意を決して分解を始める。このPS1という12Vの電源はコントロール基板に電源を供給してます。+5Vはこの12Vから3端子レギュレーターで落として供給されます。
Jrl2000fimg_3891Jrl2000fimg_388212Vを計測しながら信号を見ていたのですが、13Vから14Vと上がってきました、これじゃ壊れてしまうので12v電源を外して分解する。コンデンサーの液漏れですね、パターンも腐食されてました。こりゃダメダと思い、
 TDKラムダ 【HWS100-12/A】スイッチング電源 12V 100W カバー付き 単価 ¥7,980 を注文しました。取り付けネジ位置が異なりそJrl2000fimg_4017
のままでは取り付きません。本体シャーシーに穴を1つ明ければいいのですが、なんとなく気が進まないので中間にアルミ板2枚を入れて、本体・電源とも元の穴位置で取り付けました。

取り替えてもまだおかしいので目視で点検していくと

Jrl2000fimg_3231Jrl2000fimg_32362)外部から電源ONをコントロールするか切り替えるスイッチがボロボロになってました。これじゃ接触不良もくそもないということで手持ちがあったので交換する。


3)
電気二重層コンデンサー(メモリーバックアップ)の交換
Jrl2000fimg_4042ですが、これも電源ONに関係していたかもしれませんが、回路図を見ていったらメモリーバックアップ電池があったのでチェックしたら、5Vで充電されているようだが電源を切るとすぐに”0V”になってしまうのだ。外して見たらやはり液漏れしていた、こちらはパターン腐食まで進行してなくてよかった。 

同等品 C6 0.22F 5.5V*ゴールドキャパシタ 5.5V(垂直実装型) / EECS0HD224V パナソニック製 価格:\136 と交換する。

これで1KWの改造を実施し検査を受けて現在時々使用しています。TS-870をエキサイターとしてFTCで快適にコントロールしてます。技量の無い浦島太郎がクソ度胸だけで治したのですが、ちょっとビビリます、でもやる気があれば何とかなるもんです。1KW改造はJRCより資料を送ってもらい、申請書にも改造箇所を書いて添付しました。(改造というほどのものではないです)

 

 

| | コメント (1)

2013/07/10

中2の体験学習

・体験学習とかで近くのスーパーに中2の孫が行くというので送っていった。店は10時開店だが9:30に来いと言われていたらしい。定刻に行ったが通用口がわからずうろうろ、結局10:00の開店近くに客入り口を開けに来た従業員に入れてもらった。孫には、自分のミスだなと言ったが、よく考えるとこれって店側の受け入れミスだと思う。いづれにしても良い経験かなと思う。店も自分で選び折衝もやっていたみたいだ。先生は補助的な支援しかしないようだ。世の中に一人で出ていろいろ体験するのが目的だろうからいいことだと思う。明日も行くという、入り口は聞いたかというと、ちゃんと聞いたと言っていた。荷物運びや掃除なんかやったようで結構楽しかったようだった。

| | コメント (0)

2013/07/03

沢山の花をつけた「のうぜんかつら」

Nouzendsc06467・夏になるとどこでも咲き出す「のうぜんかつら」です。これは挿し木して3年目です。ようやく沢山の花をつけました。こうなると伸びすぎないよう小さくするのが課題となります。
なんでも木はこじんまりさせるのは容易ではありません。要は普通にしておくと伸びすぎてボウボウになります。

| | コメント (0)

2013/07/02

古いノートPCでHDSDR

Usbaudio ・WindowsXpでSampling Rate24KHzのNote PCにHDSDRを入れたのですが、さすが表示帯域が狭く使いにくい。なんか手は無いかと探してみました。BehringerのUSB Audio UCA202というのが安く売ってました(2,280円)。これはUSBコネクターを挿すと自動認識して48KHzで動きました。1万円以上出せば96KHzのものもありました。
古いノートPC (ThinkPadT60)でも割りと簡単にSDRが動かせました。INPUTは普通のRCAケーブルでつなげます。PCも安くなったので新品を買ったほうが早いのでしょうが、考えればなんとかなるもんです。
T60windowsxp
・これも前と同じくphase and amplitude skew の調整をしないとオバケがいっぱい出ました。
やはり最低Sampling Rateは48KHz無いと使いにくいですね。

| | コメント (0)

2013/07/01

7MHzに出現するオバケUSB信号

Hdsdrlsbusb・これは7MHzの受信の問題例です。HDSDR+SOFT66LC4でイメージでしょうか画面中心より右側に主信号(LSB)と対称位置に信号が現れUSBで復調できるのです。最初なんでかなーーとキツネに化かされているようでした。状況を把握していくと信号の強い1KW局がよく出ることが判明しました。
スナップショットの画面(Channel Adjusment Panel(RX))でRawをこの位置まで移動するとこのお邪魔虫の信号が消えました。
一時こりゃ使い物にならんと思ったのですが、いじりまわして何とか解決しました。安易にダメの評価を下すのは危険ですね。
Sound_card_2・私の環境はLenovo IdeapadS10-3というネットブックですOSはWindows7でサウンドカードは図のように表示されます。ノートの中でも最もひ弱なものですのでこのような問題が出るのかもしれません。Sample Rateは48KHzです。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »