« さぎ | トップページ | 台風の動き »

2013/09/25

突風被害

Shoukouindsc07071・9月1日でしたか、越谷の竜巻発生のときです。やはり我が家の近郊の神社も突風で屋根が壊れてました。木があって今まで良く見えなかったが近くで見るとひどい。数年前に建てたばかりの新品です。
 実はアンテナR8も曲がってしまい危険なのでステーを引っ張って折って落下させました。なかなか折れなく30分ほど奮闘しました。結果から見ると、やはり3本ステーでクレモナロープは無理なようです。要は伸びてしまい強風ではステーの役目を果たしませんでした。
R8dsc06930・引っ張れば元に戻ると思われる曲がり方でしたが、中波放送局(NHK)のトップローデングアンテナの影響をもろに受けて垂直アンテナは当地には向かないことも解ったのであきらめました。
ただ実験では割と遠距離(オーバーシー)でも聞こえていれば飛ぶということが解りましたのでちょっと残念です。
さて何を上げるかですが、第一は止めるときの処分です。また性能よりメンテナンスのことを考えると、高所苦手症の私は考えてしまいます。いやですね、止める時の始末を考えてアンテナあげるのは!!、、得意の竹竿アンテナかな。

|

« さぎ | トップページ | 台風の動き »

コメント

関口さん
自分の印象が良かったのでR8をお薦めしましたが、かえって災いしてしまいました。済みません。私もクレモナロープは伸びる印象があったので今度はグラスファイバーロープで固定するつもりですが、夏の暑さで放ったままです。近々台風18号で回転したDPも直して秋のDXシーズンに備えます。

投稿: 水島 | 2013/09/25 16:19

水島さん、
そちらは台風18号もかなり風吹いたんじゃないでしょうか被害が少なくよかったですね。
私の方は大分勉強になりました。気にしないでください。最近の異常気象は想定外のことが起こりますので、アンテナを下ろすとか、バーチカルであれば給電点地上5mくらい。高く上げる場合は全長5mくらいの自立で考えたほうがいいかなと思ってます。ステーは伸縮の少ないもの出来ればいろいろ影響は出るでしょうが碍子絶縁+ステンレス線にすればいいかなと思います。家庭用TVのアンテナでもそうですから。
今度は水平系のアンテナで上げ下ろしできるものを考えようと思ってます。いいとこ後10年でしょう、考えちゃいますね!、子孫にじさまの遺物を残すのも?です。

投稿: yukio | 2013/09/25 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さぎ | トップページ | 台風の動き »