« 遍路2013-10-04-おまけ | トップページ | 四国みやげ »

2013/10/05

遍路2013-10-05-高知より帰る

Kaeridsc07603Kaerudsc07609Kaerudsc07614・今日は朝から雨です。ラッキーとしか言いようがありません。自転車で走る間は良い天気でした。お大師様ありがとうであります。
高知龍馬空港の遍路コーナーも大分縮小されてコンパクトになってました。ANA就航のためでしょうか?。四国のローカルニュースではLLC格安便の松山、高松就航のニュースを流してました。チケットをコンビニで販売と言ってました、安いのは良いことですが安全は確保されるんでしょうね。心配になります。

・今回の旅は実質4日くらいでしたのであっという間に終わりました。
最初に日和佐から室戸に向かって走り始めたが遍路に合わなくてどうしたんかと思ってました。そのうちドンドン見かけるようになりました。室戸までの道で10数人の歩き遍路を追い越しました。まだまだ遍路は健在のようです。オランダからという若い女性遍路もいました。キャーキャー甲高い声でしゃべってましたので遊びかなと思ったら、宿のおかみさんがあの人は母親が去年亡くなって慰霊で回っていると言ってました。
 いろんな方がいますが室戸荘でちょっとしか話す時間がありませんでしたが72歳のママチャリ遍路に合いました。この方は焼山寺のあの激坂を「突き上げた?」といってました。関東では自転車は「押し上げる」と言いますのでたぶん地元四国の方だと思います。この方なんかと比べると私なんかまだヒヨッコだと思いました。岩本寺までの道でも休憩所で3~4人の歩き遍路さんとお会いしましたが全て定年を機会に遍路に来た方でした。それぞれ目的は違うが四国遍路は益々盛んになるのかなと思いました。
 それから室戸荘のかみさんは俳人だということを「シレストむろと」で温泉に入っていた地元の方に聞きました。帰って宿の入り口を見ると俳句ポストがありました。話すと第71番弥谷寺の俳句茶屋も知ってました。よくみるとあちこち俳句が壁にかかっていました。それと室戸の地形は船のへさきのようになっているので波は左右に分かれて行ってしまう。風だけはよけようが無く強いといってました。なるほど頷けます。
 

|

« 遍路2013-10-04-おまけ | トップページ | 四国みやげ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遍路2013-10-04-おまけ | トップページ | 四国みやげ »