« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/29

TS-510修理2

Ts510dsc08367Ts510dsc08368

・長い間使わなかった機械はなかなか安定には動いてくれません。グズを言うので、なだめることが必要です。1~2時間受信していると音が小さくなってくる。Sメーターを見ると9くらいを指してそれ以下にならない、丁度RF GAINを左にまわしたときと同じ現象です。電源を切り少し待って再度入れるとOKになりますがまた1~2時間たつと同じ状況で小さな音になってしまいます。AGCはSlowでもFastでも同じです。
UC1204J基板のV301 6BA6を差し替えてみましたが状況は変わりません。VR301という調整用ボリュームがありますこれにDeoxitをつけてグリグリまわしてみました。お、、、なおったぞ。どうもホコリでも入って接触不良をしていたようです。また真空管の独特なソフトトーンが出てきました。それにしても素子(C、R、Tr)が壊れてません、スゴイ。
と言っていると、お、、まだおかしいぞ、今度は後ろについているSメーターゼロ位置調整用ボリュームの接触不良です。コリャダメだということで全てのVRにDioxitを吹き込んで掃除しました。そんなのあたりめいだバカ、とどこからか聞こえてきました。

| | コメント (0)

2013/12/27

TS-510修理1

Ts510dsc08359Ts510dsc08362・寒いシーズンによろしい、7年間お蔵入りしていた真空管機を引っ張り出しました。ボンという独特の音を発して電源が入りました。アンテナをつなぐと7MHzで元気に音を出して受信する。SSBが一般化してトリオが作った2作目(1969年)のトランシーバーです。VFO以外は全て真空管です。やわらかい独特の受信音にしばし聞き入りました。
・以前にレストアーはしてありましたが、受信のみで送信のテストは全くしていませんでした。終段はS2001が1本で10W出力です。とりあえずこのままテストすることにしました。SDRで波形をみる、シーメンスキースイッチを下Sendにする。んーーん、キャリアとなんか変な400Hzぐらいの信号が見えます。とりあえずVFOの左側の基板にあるボリューム(トリマーではありません)をまわす。すぐ近くにあるトリマーコンデンサーをまわす。最小点でとめる、ピークに対して-40dB程度にはなりました。
そうこういじっているうちに、なんか俺コーヒーでもこぼしたかな?テッシュで机の上を拭く。またしばらくするとコーヒー色の水、、、電源をひっくり返してみると湿っている。あーそーか!高圧の500V100μFのコンデンサーをみると案の定、液漏れ。買ってあった新品(台湾製?)と交換する。爆発しなくてラッキー!!
・夜になり3.5MHzでJA7CRF局と初交信できました。ノイズだらけの信号なのですが、「聞こえるよ」とのこと。40数年前の真空管の機械がよみがえりました。

| | コメント (0)

2013/12/26

TS-820修理-5

Ts820504000sweep・TS-820の特性です。AF(マイク)入力50Hzから4000Hzまでスイープして送信信号をSDRでピークホールドしたものです。スイープ時間は120秒と長めにしました。
アッパーサイドがピョコンと出てます。低いAFのときもれてます。フィルターの裾が広がっているので高域も3KHzオーバーしてます。30年前のフィルターはこんなものなのでしょうか?
キャリアポイントを外方向に持っていけばアッパーサイドは少なくなるのでしょうが高域が広がるでしょう。
Ts820504000sweepf・いまさらと言われそうですがWaveGeneとSDRを使い送信機の特性をみることが出来ました。マイク入力から終段出力まで全ての影響を含みますので波形は簡単にフィルターの特性だけではありません。
どう使うかはこれからですが、視覚的に送信電波が見えるのは大変解りやすいです。

| | コメント (0)

2013/12/25

寒さにめげず自転車に

Miyukikodsc08353Miyukikodsc08354_2

・運動不足なので寒さにめげず自転車に乗ってます。古利根(御幸湖)のカモたちです。権現堂公園付近に人工の浮島がつくってあり、ここにもカモが群がってます。ここは利根川と違い禁猟ですので悠々と遊んでます。
・今日はクリスマス、私も生まれて67年目に突入、刻々と棺おけに近づいております。

・おーー3553にJA3FAさんが出てますね!音楽局もビックリ!!

| | コメント (0)

2013/12/21

便利な道具

Akibadsc08313_2Akibadsc08314・秋葉のラジオストアーが閉店した、というニュースが流れてた。どこがラジオストアーなのか良くわかりませんでしたが、どうも駅から向かってガード下の左側の方を言うようです。右側の店はやってましたよ。だいぶ昔のことですが真空管を売ってた入り口付近の店は無くなり自動販売機がおいてありました。
Dsc08322・時代の流れでしょうが、部品屋さんもネット販売が多くなり、商売が成り立ちにくくなっているのではないかと思う。
でも時たま見て買いたいものもある。今回修理部品を買いに行ったのだがジルコニアセラミックドライバーと言うものを求めた。いまさらなにやってるのか、と言われそうだ。あるのは知ってたが、高くて買えないと勝手に思っていた。¥810と手ごろなので求めた。古い機械のトリマーコンデンサーを回すのには大変便利だ。鉄のドライバーでまわしていたがとても調整はできなかったがこれは快適に調整できる。
HRSのMコネクターもジャンク屋にあると無性に欲しくなる。これも通販ではボロしか見つからない。

| | コメント (0)

2013/12/15

TS-820修理-4

Ts820cardsc08275Ts820cardsc08299・キャリアポイントを動かしていたらトリマーコンデンサーを壊してしまう。CARユニットを開けてみたら見たことも無い逆立ちしたトリマーコンデンサーが現れた。こんなもの無いので現行品を細工して取り付けてみた、基板の裏側に取り付けるとぴったり取り付く、調整ドラーバーを入れる側なので押し付けてまわしても壊れない大変FBである。
Ts820car_2Ts820cardsc08290・フィルターはオリジナルである。音声を入れてみてみるとUSBが出ている。帯域はシェープファクターが急峻でなくダラダラしているのでこんなもんでしょうか?
どこの音声周波数でアッパーが出るのかシングルトーンで調べてみたいです。
・CARユニットをいじり回しているとき、高圧800Vに触れてしまいました。パチンと音がして手から煙がでる。以後危険なので高圧部、終段部にファイリング用透明シートをテープで張って作業してます。
Ts820tt100wpepr_2Ts820tt50wpepr・現時点での100Wpep、50Wpepのツートーンを入れたときの出力波形です。そうそうスクリーン抵抗が150Ωに経年変化していたので100Ωの新品と交換しときました。


Ts820tt50wpeprs・50Wpepのスペクトラム表示です。

| | コメント (0)

2013/12/13

冬野菜

Simo・当地も大分寒くなりました。雪こそありませんが朝は霜柱が立っています。ダイコンも凍ってしまうといけませんので抜いて土に埋めました。ホウレンソウは3回に分けて蒔いたのですが、最後は10月に入ってからで少し遅かったかなと感じてます。かみさんの要望で小松菜をいっぱい蒔いたのですが茹でても炒めてもコワクて失敗です。チンゲンサイはわりとやわらかいです。下仁田ネギはやわらくて鍋物に最高です。

| | コメント (0)

2013/12/07

TS-820修理-3

2228awg_08700064dsc08256・TS-820ですが、調子に乗ってQSOしていると音声が途切れて送信機を取り替えることになる。全く変調がかからなくなったのでバラしてみる。IF UNITマイクアンプの初段出力が出ないのだ。めんどうくさいが回路図を広げて追いかけるとQ19、Q20のエミッターがMODEスイッチUSB、LSBのときだけGNDに落とされて動作するようになっている。ところがGNDに落ちないのだ。こうなるとテスター修理の範ちゅうである。追っかけるとIF UNIT IF5コネクターMIEピンのバネが折れている。困った、、、、
JA1PHJ中村プロに聞くとアールエスコンポ-ネンツにあると教えてもらう。なるほどありました、注文して次の日に物が到着しました。他もあやしいので調べてみるとIF UNIT 4箇所、RF UNIT 1箇所折れてました。交換はハウジングからレセプタクルを引き出してなるべく線が短くならないよう圧着されている部分を剥がして切断して新しいものを半田付けしてペンチでカシメて戻して終わりです。TS-820はコネクターの接触不良が多いと聞いていたが、こういうことなのですね。
 
コネクターがいっぱいあり大変そう!でも見る限りいい部品が付いてるなと思いました。送受信できない古い機械が2~3日で安定に動作するとは思えません。しばらく運用してみることにします。

| | コメント (0)

2013/12/03

地蔵堂(神仏)の移転新築工事中

Dsc08205・地元の神社である地蔵堂(神仏)の移転新築工事中です。大工さんもこのような建築の機会は少ないでしょう。後何百年かは残るでしょう、気合が入っています。来年三月からの葛飾坂東観音御開帳があり新築でのお披露目となります。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »