« 人口減少、少子化 | トップページ | 永遠の0見てきました »

2014/01/18

何か運命

Dsc08548・「子供みこし」が埃だらけなので私が掃除を引き受けた。保管場所が新築されたので汚いのを入れるのは忍びない。かなり傷んでいるので分解できるところはバラしてみる。あまり見たことも無い裏側を見ると製作年、作者等書いてあった。
明治26年は1893年で120年前だ、そして作者は私の「おばあさんの兄」である。関係者と書いてあるのは私の「おじいさん」である。いままで何か書いてあるのは解かっていたが、驚いた。作者は大工で私の親父が弟子になろうと思ったということを聞いたことがある。私が掃除を引き受けたのはこういうことがわかっていたからではない、何か運命めいたものを感じてしまう。
みこしは担ぐわけではなく保存するだけなので、自分でなおせるところをなおして提灯等装飾だけ新品にしようと思う。まずは無線機のレストアで使うアンモニア希釈液での水洗いからです。

|

« 人口減少、少子化 | トップページ | 永遠の0見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人口減少、少子化 | トップページ | 永遠の0見てきました »