« 2014- | トップページ | TS-820修理-6 »

2014/01/04

TS-510修理3

Ts510dsc08429Ts510dsc08422・真空管のやわらかい受信音が気に入って聞いてますがやはり1時間ほどで小さな音になってしまいます。AGC回路のどこかがおかしいのは確かなので見ていきました。
RF初段6BZ6のAGC信号と第一グリッドに入っている抵抗R216ですが図面では100Ωです。ところが付いているものは実測で122.5KΩです。取り替えた形跡はありませんので製造時からだと思います。これを100Ωに取替えました。すると元気な音を出しています。これで最後にしてもらいたいです。しつこい障害はしつこくあきらめずに追いかけるしかありません。

・Sメーターのランプが切れていたのですがDIYに6.3Vのものがありました。定格は12V駆動ですので47Ωの抵抗をシリーズにいれて点灯させました。この手の機械はやはり白熱マメ球のほのかな光が似合います。

|

« 2014- | トップページ | TS-820修理-6 »

コメント

関口さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。いつも楽しみにブログを拝見しています。

私はTS511を持っているのですが、AGCの不良で苦労した経験があります。(20年ぐらい前になりますが・・。もう、何年も電源を入れていません。)プリント基板が劣化して、絶縁不良を起こして、AGCの電圧がリークしていました。埃がいっぱいあって、汚れいいたためか、製造時の薬品(化学物質)が残留していたのかもしれません。
関口さんの記事を見て、基板を洗濯してみたいと思ってます。(洗うと子持ち良さそうです)

仕方がないので、OPampを使った回路を実装して、AGCラインのインピーダンスを下げて、基板の絶縁不良?を強引にドライブして、改良しました。インピーダンスが高いので、リーク電流にはシビアな回路になっているようです。

第一グリッドの抵抗は、100Kオームが正解ではないでしょうか。100オームだと同調回路の負荷になってしまうような気がします。ちなみにTS511では100Kオームです。

このTS511も6BA6の使い方がおかしいのでは、と思ったところがあります。スクリーングリッドに抵抗が入っていないので、プレート電圧よりも高くなってしまっているところです。(他のセットでは抵抗が入っているものが多いです)
スクリーンに抵抗を入れてやると、6BA6の温度上昇も抑えることができました。スクリーンの電圧が高いとプレートよりも、スクリーンの電流が増えてしまう様に思われます。(確認はしていませんが)タマの寿命にも影響したような気がします。また、6BA6の動作点はAGCにも影響します。

随分昔のことで記憶を頼りに記載しています。OPampの回路のメモもあるので必要ならお知らせください、お送りします。オリジナルの回路を尊重するなら、適切な改造ではありませんが。


投稿: pocky/JK1LSE | 2014/01/07 00:03

しばらくです、

511の回路見てみました。このへん510と同じですね。
抵抗の件は部品表みたら100KΩになってました。トレーサーの単純なミスですね。私もちと変だなと思ったのですが、、やはり、交換してみます。ご指摘大変ありがとうございます。

511お持ちのようですがハイブリッド機ですよね、この時代のものはなかなか味がありますよ。トリオトーンを確立した時代ですよね。そうはいっても私は買って使ったことはありません。私の持っているものは全てオークションで買ったゴミのようなものです。
冬は真空管の機械もいいかなと思って引っ張り出しました。ソフトな受信音が気に入りました。

AGCで苦労したそうですがよろしかったら参考に改造図送っていただけますか?
古い機械は故障はなんでもありで次々と私を楽しませてくれます。

投稿: Yukio | 2014/01/08 17:43

こんばんは。

511は学生時代に友人の友人?から譲ってもらいました。コンテストでは大活躍して、沢山QSOできました。音はいいですよね。この時代TRIOのものは、結構気に入っています。
AGCはこの機械の共通の課題かもしれません。

関口さんの510もグリッド抵抗を100オームにすることで事象が解決することにもヒントがありそうです。同調回路の負荷としては、ちょっと重くなってしまいますが、直流的にはうまく動くのでしょう。カップリングコンデンサーのリークとか、何らかのリークがあるのでしょう。
大きなお世話ですが、コメントさせていただきました。

OPampの回路は別途メールで送っておきます。記憶では、この回路を入れてうまく動くようになったように記憶しています。

OPampのピークホールド回路を入れて、ファーストアタック・スローリリースを実現しています。
ご参考までに見てみてください。

投稿: pocky/JK1LSE | 2014/01/08 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014- | トップページ | TS-820修理-6 »