« SoftRock-21 PSDR | トップページ | ゴミ拾い »

2014/05/20

SoftRock-22 PSDR

・7MHzでテストをしてましてOMにレポートをいただきました。音声のしゃべりだしのとき1秒くらい遅れてエコーが入る。ということです。今まで自分の波形を目でよく眺めていたのですが音声はヘッドフォーンで聞いてました。交信時このヘッドフォーンを外して横に置いてあったのです。この音がマイクに入ったためにエコーが出ていたようです。
モニターはFlex-1500ですから当然録音機能がありますので録音して確認しました。確かに入ってました。OMの耳は確かでした。エコーの場合スピーカーやマイクを通して起こっている場合は割りとわかりやすいですが、ソフトや設定の問題の場合なかなか面倒です。
あまり関心がなかったので録音ファイルのありかもわからなかったのですが私の場合は"C:\Documents and Settings\t60\Application Data\FlexRadio Systems\PowerSDR v2.5.3"の中にファイルされることもわかりました。これが結構サイズが大きくブログにアップロードはできませんでした。{1MBを超える容量のファイルをアップロードすることはできません。}と言うことらしいです。
自分の送信音をMediaPlayerで聞いてみましたが、明瞭度の良くないひどい音にがっかりしました。SDRは普通モニターで音声遅れが出て聞きにくいのですが録音再生であれば良く聞こえます。しかたない、今後この方法で聞きたくない自分の声を聞きましょう。
SDRの調整テストはもう一つSDRがないとダメです。他人にどんな音ですか!なんて聞いている浦島太郎にはこんな機械をさわる資格は無いですね。

・あまり関係無いですが昨日、19日私の隠れ屋の下のツバメ4羽が巣立っていきました。

|

« SoftRock-21 PSDR | トップページ | ゴミ拾い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SoftRock-21 PSDR | トップページ | ゴミ拾い »